初めての出産。産後も分からないことだらけの新米ママパパです。

最初の子供の出産の時、里帰り出産はしなかったので大抵の事は自分一人で赤ちゃんの世話をしていました。初めての子なので少しでも泣くと、気になって気になって。泣かすまいとすぐ抱っこ。そのせいもあり、お昼寝の時も寝る時も抱っこから置くと泣いてしまいました。

赤ちゃんは泣くのも仕事。泣いて腹筋を鍛えアピールし身体を動かして運動してるんですね。それなのに、すぐ抱っこして泣き止ましてしまうから運動不足の我が子。それを解消するかのように寝入る前は一時間近く大泣き。私もお父さんも新米で、おっぱい?おむつ?熱があるのかしら?どこか痛いのかしら?二人してオロオロオロオロ…

当時は泣いて運動してるなんて全く思わず、原因がわからず困ってました。毎日ですよ。毎日寝入る前は一時間近く大泣きするんです。ほんとに疲れましたよ。

泣き止まれてくれる救世主は「おやすみホームシアター」!

そんな我が子でも部屋を真っ暗にして、おやすみホームシアターをかければ天井を見つめて音楽を聞くようになりました。

このおやすみホームシアターは当時の同僚に、お祝いで頂いたものです。部屋を真っ暗にしてディスクをセットしたホームシアターをかけるとディスクの絵が天井に映し出され、ゆっくり回って音楽を奏でます。

「んく、んく、」と言いながら天井をキョロキョロ見つめておとなしくなりました。

思い出すのは出産直後のエピソード・・・

実は出産して最初の頃は、とにかく泣かないで寝てる子でした。2000gしかないので、体力もないのか3時間毎には授乳しなくてはいけないのに全く起きないので夜中に看護師さんが部屋に来て「おっぱい飲んだ?」と。

飲むどころか私も揃ってグーグー寝ていました。(汗)それで看護師さんが赤ちゃんの身体を揺すったり足の裏をさすったりして無理矢理起こし、無理矢理泣かせます。

そしておっぱいを含ませてほっぺをツンツン。「この子まだ口も小さくて乳首を頬張るのもやっとだね」と看護婦さん。

疲れたのか寝てしまいます。

「起きてー起きてー」またほっぺをツンツン。ちゅっちゅっをちゅっちゅっ…

クー

「ほら起きて起きて」

迷惑そうに起きて少し飲んではすぐ寝るを繰り返すので、ほとんど夜中じゅう、この繰り返し。ようやく明け方私も眠りに入ると同室のママが「ご飯来たよー早く食べよー」とカーテンを開けて起こしてきます。

「おっぱい上げなきゃいけないから食べなきゃ、ほら起きて」と、彼女は親切で言ってくれてるらしいのですが…

私は出産前から絞れば出るし、出産の時も問題なくしっかり母乳が出て赤ちゃんが生まれてからはタオルを充てなければ漏れるほど。なのに当の本人は小さいので量は飲まないし溢れるほど出るので授乳の後は絞って捨てないと張ってきて痛い。夜中に格闘した後絞ってもいたので超寝不足だったのです。

看護師さんにも、あまり食べたり飲んだりするとダイレクトに母乳が作られるから摂らないようにと言われていたので食事も要らなかったんですけどね…

退院の予定日は2000g切っていたので、退院が伸びたほどです。そこまで飲まなかった子が大泣きするまでに元気に成長したんです。ただ泣いたら泣いたで、親はあたふた困って。全く勝手なものですね。

今の時代らしいお別れの仕方ですよね。

このホームシアター、使わなくなって何年かした頃、「SNSで使ってる方が居ましたらメリットデメリットを教えてください。」というスレッドが立ってるのを見付けたので色々やり取りして、購入しようか迷ってらしたので「良ければお譲りしましょうか?」と住所を聞いて送りました。

送り先のお子さんも喜んでくれたようで良かったです。ただ、旦那には「見ず知らずの人に住所を教えるなんて」と起こられましたけど・・・。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪