仲の良い妹から出産祝いのプレゼントが届きました。

36歳の専業主婦です。3歳になったばかりの男児と10ヶ月の女児がいます。息子が産まれたときに妹からコーヒーマシンをもらいました。

妹は私の4歳年下で、年が離れていることもあり小さなころから一度もケンカをしたことがありませんでした。10代になっても仲がよく週末はいつも一緒に出かけるような姉妹でした。20歳になり就職して家を出てからも連休には必ず会ってショッピングをしたり悩みの相談などもしていました。

息子が産まれたとき私は神奈川県にある実家の近くに住んでいて、妹は旦那さんの仕事の都合で沖縄にいました。退院して初めての育児に四苦八苦していると突然宅急便が届きました。宛名シールを見ると妹からで間違いなく私宛てだったのですぐに開けてみました。中には真っ赤なコーヒーマシンが入っていてビックリ、すぐに妹に電話しました。

妹は留守電でしたがその夜電話があり、「あっ届いたー?出産祝い!贈ってみたの!!おめでとー!」といつもの能天気な声でお祝いしてくれました。送る前に連絡のひとつもよこさないのが妹らしいと苦笑しながらお礼を言って電話を切りました。

妹よ。私はいい。他の人にはこれをあげちゃだめよ。

妹が選んでくれたのはデロンギのコーヒーメーカーで、10年以上前に二人で喫茶店に行ったとき欲しいと話していたことを思い出しました。当時は私は一人暮らしを始めたばかりでお金がなく、結局買わずにいたものでした。欲しかった色もしっかり覚えていてくれたことに少し感動しました。

しかし、出産祝いにコーヒーマシンとは斬新です。母乳で育てているお母さんならコーヒーは控えるのが普通だと思います。常識がないというか、状況を深く考えていないというか、妹の若さだなと思って受け止めました。私も母乳育児だったのでそれから1年以上コーヒーメーカーを使うことはありませんでした。

息子はおっぱいが大好きだったので授乳は2歳過ぎまで続けました。さすがに1歳半を過ぎると授乳時間の間隔が空いてきたので1日に1杯だけコーヒーを飲みましたが、夫もコーヒーを飲まない人なのでコーヒーメーカーは基本的にキッチンのおしゃれなインテリアになっていました。

さらに息子が2歳半になる前に二人目を妊娠し、またしてもコーヒーが飲めなくなりました。現在も授乳をしているので我慢しています。もらってからすでに3年経過していますが使ったのはほんの2ヶ月でかなり残念です。

見るとコーヒーが飲みたくなってしまうので片付けたい気持ちもありますが、妹の好意だと思うと片付けることができません。早く娘が卒乳しておいしいコーヒーを飲みたいと思う毎日です。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪