出産後必要なもの・役に立ったもの・もらって嬉しかったもの、教えて!

友達や同僚、兄弟や親戚に子供が生まれると考えなくてはいけないのが「出産祝い」です。どうせあげるなら、必要なもをを贈ってあげたいですよね。

・出産後に必要なものが分からず、何を出産祝いとするればいいのか分からない。

・現金を包むのもいいけど、役に立つものをプレゼントしてあげたい。

出産後にはいったい何が必要で、どんなものが喜ばれるのでしょうか。100人以上のママの声を聞いてきて実際に「もらって嬉しかった」という声が多いアイテムをピックアップしてみました。

もくじ


1.出産祝いでもらって嬉しい!出産後絶対必要なもの
2.あってよかった!出産祝いでもらうと意外と便利なもの
3.必要なもの?定番だけど正直微妙な出産祝い
4.一番がんばったママへのご褒美!出産祝いで喜ばれるもの
5.まとめ

出産祝いでもらって嬉しい!出産後絶対必要なもの

出産後に絶対的に必要となるものは、やはり出産祝いとしても定番となっています。中でも消耗品は関係性やシチュエーション問わず喜ばれているようです。

まず「オムツ」は出産祝いの大定番。おむつケーキが登場してからはさらに出産祝いとして喜ばれるアイテムになったように感じます。ですが、ただオムツをあげればよいというものでもありません。

中でも喜ばれるポイントは、おむつケーキの「サイズ感」「かわいらしさ」ですね。赤ちゃんの大きさはまったくバラバラ。ですから新生児用のおむつケーキを買ってしまうと、大きめの赤ちゃんには使えないということがあるので要注意。念のため少々大きめのサイズのおむつを用意しましょう。

それから、ママに喜ばれているおむつケーキは何か「プラスα」がついていることが多いです。例えば「ちょっとしたオモチャもおむつケーキと一緒に入っている」「好きなキャラクターで作られたおむつケーキである」などなど。ただオムツがたくさん詰まっているというよりは、福袋のような楽しさがあったり、かわいらしさがあることがポイントなのでしょう。

続いて、出産後に必ずといっていいほど必要になってくるのが「タオル」です。消耗品といっていいほど、タオルはかなり使用頻度が高いので出産祝いとしても喜ばれています。

特に「手触り重視」のママが多く、自分ではちょっと買いにくい高品質なタオルを選ぶことがポイント。ガーゼも同様に、赤ちゃんの肌に優しい柔らかい素材が喜ばれているようです。

それから「大きめのサイズ感」ということもポイントで、使いにくい中途半端なサイズよりもバスタオル以上のサイズである方良いでしょう。おくるみとしても使えたり、おむつを替える時に下に敷いたりと、様々な場面で活用できるサイズのものの方がママには好評です。

そして、やっぱり出産祝いといえば「おもちゃ」ですよね。今では知育系玩具もたくさんありますが、昔からママに喜ばれているのは「音の出るおもちゃ」「積み木」です。

ふると音が出るようなおもちゃは、産後すぐに遊びやすく意外と長く遊ぶことができます。最近では「音の出るおもちゃ」も人気ですね。さらに積み木に名入れをするというようなサービスもあります。

【ここがポイント!】「おむつ」「タオル」「おもちゃ」は産後必ず必要なもので、出産祝いの超定番。ただし手触りやサイズ感には注意。

あってよかった!出産祝いでもらうと意外と便利なもの

さて、産後すぐに必要ではなくても「出産祝いでもらっておいてよかったなぁ」と喜ばれるものもあります。赤ちゃんの成長は早く、ママはなかなか買い物にも行けませんから「先々に使えるもの」というのはグッドチョイスですよね。

まず、必ず必要になってくるのが「離乳食セット」です。離乳食用の器や、お茶やジュースを入れるカップ、赤ちゃんでも食べやすいスプーンなどなど。出産祝いでもらっておくと重宝されるようですよ。

二人目の出産という場合でも、食器は買い換えるというママが多いです。ですから、二人目・三人目の出産祝いとしても「離乳食セット」「食器」は喜ばれるでしょう。

最近ではスリーパーも出産祝いとしてメジャーになってきました。あまり聞かないアイテムかもしれませんが、意外と使えるとママに好評なのです。スリーパーとは「おくるみ」のように使うアイテムのことで、ワンピースのような、長い丈のベストのようなベビー用品のこと。

おくるみは新生児の時にしか使えませんが、スリーパーは元々大きめのつくりなのでサイズアウトしにくいのです。しかも、夏は肌着代わりとして着せられ、冬は洋服の上から着せれば防寒具にもなります。男女問わず着せてあげられるのも喜ばれるポイントですね。

意外と喜ばれるものとして「名前スタンプ」も人気。保育園・幼稚園に行くようになれば持ち物全てに名前を書かなくてはいけなくなります。そんなときに「名前スタンプ」があれば便利ですよね。

けっこうリーズナブルなのに様々な種類のスタンプが入っているセットもあり、ネットで簡単に購入することもできます。布製品にも押せたり、小さな文房具にも押せるような万能な名前スタンプを選んであげると喜ばれるでしょう。

【ここがポイント!】「離乳食セット」「スリーパー」「名前スタンプ」は後々使えて便利。二人目、三人目への出産祝いとしても喜ばれる。

必要なもの・・・?定番だけど正直微妙な出産祝い

最後にちょっと残念だったなという出産祝いもチェックしておきましょう。赤ちゃんにとっては必要なものでも、ポイントがずれていたり他の人とかぶってしまうとママが困ってしまうということにもなります。

まずは「おくるみ」「バスポンチョ」はちょっと注意。確かにおくるみは産後の必要なのですが、ママがすでに用意している場合が多く、使用期間も短いため出産祝いでもらいすぎて困ったという声も多いのです。

それからポンチョ型になっている「バスポンチョ」も最近人気のようですが、大量にもらうと他に使い道がないので困ってしまうようです。それなら、手触りの良い大きめのタオルの方が喜ばれそうですね。

そしてダントツに多いのが「小さめのベビー服をもらって困った」「趣味じゃないベビー服をもらって困った」というエピソード。特に子育て経験の無い方からいただくベビー服はサイズ感などが小さすぎることも多く困らせてしまうことが多いようです。

ですが「かわいいベビー服をいただいてよかった」という声もあります。ベビー服をあげるなら「ちょっと大きめ」「シンプルなデザイン」ということをポイントに選ぶと良いでしょう。

一番がんばったママへのご褒美!出産祝いで喜ばれるもの

「産後必要なもの」「絶対使うもの」ということも大切ですが、出産で一番がんばったママへ「ご褒美」として出産祝いを贈るのも素敵ですよね。「赤ちゃんのものばかりもらう中で、私へのプレゼントをもらえてうれしかった」というママの声も多いのです。

例えば、癒し系のアイテムとしてバスグッズ・保湿クリーム・アロマグッズ・マッサージアイテムなどを出産祝いとしてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。ちょっとした時間に使えて、身も心も癒されたというエピソードもよく聞きます。

食の好みがわかっているなら、食べ物も喜ばれます。ただし、産後の体調によってはお医者さんから禁止されている食べ物もあるので要注意。「今食べられないものや、食べちゃいけないものってある?」と確認しておいた上でプレゼントを選びましょう。

【ここがポイント!】ママへのご褒美としての出産祝いも要チェック。一番がんばったママへ癒しグッズを贈ってみよう。

まとめ

いかがでしょう。

①「おむつ」「タオル」「おもちゃ」は産後必ず必要なもので、出産祝いの超定番。ただし手触りやサイズ感には注意。

②「離乳食セット」「スリーパー」「名前スタンプ」は後々使えて便利。二人目、三人目への出産祝いとしても喜ばれる。

③ママへのご褒美としての出産祝いも要チェック。一番がんばったママへ癒しグッズを贈ってみよう。

せっかくプレゼントするなら「すごく役に立った」と言ってもらえるようなアイテムを贈りたいものです。赤ちゃんに必要なもの、ママに喜んでもらえるものを上手に選びましょう。ちょっとしたポイントを知っていれば、出産祝い選びもぐっと楽になりますよね。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪