親友が初めての出産!そして私の初めての出産祝い!

親友の出産、本当に感慨深いものがあります。そして自分も出産祝いを贈るのが初めてである場合、もうわからないことだらけですよね。

・親友だからきちんとマナーのある出産祝いを贈りたい。

・心のこもった出産祝いにしたいけど、いくらを予算とする?

・親友に本当に喜んでもらう出産祝いにするにはどうしたらいいの?

親友へ精一杯の出産祝いを用意するならマナーや相場・平均金額を知っておくことも大切。そして、贈り方にもちょっとした工夫をしてみましょう。初めて出産祝いを贈る場合でも「これさえ知っておけばOK」という情報をまとめてみました。

もくじ


1.親友への出産祝いの相場・平均はいくら?
2.出産祝いの贈り方、定番はこの3つ
3.出産祝いを持参するときの注意
4.まとめ

大親友だから思いっきりお祝いしたい!出産祝いの相場はいくら?

私の周りの話や、ネットで調べた限りでは「親友への出産祝いの相場」は、ずばり五千円以上、一万円未満でした。「親友なのにそれだけ?」と感じる方もいるかもしれませんね。ですが、一般的には普通の出産祝いの平均金額は「五千円程度」親兄弟間で「一万円程度」となっているのです。

そもそも出産祝いというものは「おめでとうの気持ちを伝えること」が一番大切とされており、ご祝儀や香典のような決まりきった金額というものがありません。さらに、出産祝いにはお返しとして「内祝い」がつきもの。出産祝いをもらったママは、いただいた出産祝いの半額程度を予算として「内祝い」を用意しなくてはいけないのです。

つまり、一万円以上の高額な出産祝いでは内祝いを用意するママも用意するのが大変になりますよね。「こんなにもらって申し訳ない」と恐縮してしまうでしょうし、それなりの金額の商品を考えるのも大変です。

ですから「しっかりとおめでとうの気持ちを伝える」「内祝いを用意する際の負担にならない」という二つのポイントを考えて出産祝いを贈らなくてはいけません。大親友の初めての出産だからと気合が入ってしまう気持ちもよくわかります。ですが、あまり張り切りすぎずに「五千円程度」を予算としてどんなに高額でも一万円を超えることのないよう気を付けましょう。

【ここがポイント!】「親友への出産祝いの相場」は五千円以上、一万円未満。高すぎる出産祝いは親友の負担となる可能性もあるので注意。

一万円程度の出産祝いを用意するなら、夫婦連名で贈ると自然かもしれませんね。お互いの旦那さん・奥さんをよく知っているなら夫婦連名で贈り、相場よりも少々高めの出産祝いを用意するのも喜ばれると思います。

親友だからこそ特別感を!出産祝いの贈り方三選

さて、親友への出産祝いの予算が決まったら次は「出産祝いとして贈るアイテム」と「出産祝いを贈るタイミング」を考えていきましょう。「出産祝いを贈るタイミング」はママが退院する頃がベストで、だいたい産後一週間から十日程度経った頃です。あくまでママの負担にならないタイミングが重要ですね。

そして一番悩む出産祝いのアイテムですが、定番の出産祝いの贈り方をいくつかピックアップしてみました。まず一つ目が「現金を包む」です。

「現金だけなんてそっけない。味気ない。」と感じられるかもしれませんね。ですが意外と「出産祝いは現金派」という方も多いのです。やはり親友が一番必要と感じているものを贈りたいですし、自分が出産経験の無い場合はプレゼントのチョイスにも自信がないですからね。

現金を包むという場合でもやっぱり五千円以上一万円未満が相場と考えておいてよいですね。個人的には、一万円包むのならばやはり「夫婦連名」もしくは「ほかの友達と連名」とする方が自然かなと思います。

200~300円程度の「御祝」「御出産御祝」とかかれたご祝儀袋を用意し、ピン札をいれて出産祝いの準備は完了です。ご祝儀袋の中に入っている封筒の「中袋」には表に金額、裏面に名前と住所を書くのもマナー。ご祝儀袋の表にも自分の名前をしっかり書いておきましょう。

次は「現金&プレゼントを用意する」という出産祝いの贈り方です。「一番の親友の出産だからとにかく精一杯お祝いしたい」ということなら、現金とプレゼント両方用意してしまいましょう。

とはいっても、予算が倍になるわけではありません。例えば、現金は五千円包んで更に五千円未満のプレゼントを用意するという方法です。これなら自分のしっかり伝わる気がしますし、現金は親友の好きに使ってもらえますよね。最悪、プレゼントをあまり気に入ってもらえなくても現金を包んでおけば好きなものを買ってもらえます(笑)

もちろん現金はご祝儀袋に包み、プレゼントものし付きでラッピングしてもらうといいですね。もし「現金は味気なくて嫌だ」ということなら商品券やギフト券でも喜ばれると思いますよ。

最後は「プレゼントだけを贈る」というタイプですね。女性同士だとこれが一番多いでしょうか。親友ならではの特別感を出したいなら「ママへのお疲れ様プチギフト」を添えることをおすすめします。

例えば、赤ちゃんへは定番のおむつケーキを用意して、ママへは大好きな食べ物や癒しグッズを贈るというような感じです。当サイトで調査してみても「ママへのギフトって意外と少ないから、出産祝いとしてもらうとすごく嬉しい」という声が多数ありました。

中でもママ向けのギフトはバスグッズ・保湿系のクリーム・マッサージグッズ・ノンカフェイン系のドリンクといったものが喜ばれています。やはり出産で一番頑張ったのはママですから、ママへのご褒美を出産祝いに盛り込むのはとっても素敵なことですよね。

【ここがポイント!】出産祝いを贈るなら「現金を包む」「現金のプレゼントを両方贈る」「プレゼントのみ贈る」という三つが定番。

ちなみに、個人的には「率直にリクエストを聞く」というのもアリだと思っています。「こういうのをもらうならリクエスト聞いてほしかったな」「これ親に買ってもらっちゃったよ」という残念なケースも多いからです。

「落ち着いた時でいいからリクエスト聞かせて。必要なものを贈りたいから」と聞いておけば、多少出産祝いを贈るのが遅くなっても良いと思いますし、素直なリクエストが言えるのは親友だからこそ。出産の報告をもらったタイミングで、思い切ってリクエストを聞いておくことは失敗しない出産祝いの贈り方だと思います。

親友への出産祝いはやっぱり手渡し?ママの体調を第一に

親友だからこそ、やっぱり出産祝いは手渡しで「おめでとう」を直接伝えたいですよね。ですが、ママの体調や事情を無視してしまっては本末転倒。出産祝いを渡すうえでの注意事項もチェックしておきましょう。

まず「病院へのお見舞いは極力避ける」ということ。病室に友達や家族が引っ切り無しにお見舞いにくることはママの体力的な負担になる場合があります。大部屋に入院しているのなら、同室のママたちへ迷惑となることもありますよね。

実は、最近は病院が「親族以外のお見舞いは禁止」としていることも珍しくありません。防犯上の観点や、ママや赤ちゃんの体調への考慮、同室のママ達へも考慮して病院へのお見舞いは控えた方が良いでしょう。

もちろん、親友が「ぜひ病院へお見舞いに来て」と言ってくれている場合は別。ですが、最近は「出産祝いは退院後に持参する」がマナーになってきていますね。

それから「あくまでスケジュールはママに合わせること」「自分の体調が悪いときは絶対に遊びに行かない」ということも重要です。けっこう当たり前なことのように感じますが「何人も友達がやってきて体力的にも辛かった」「友達に風邪をうつされて大変な思いをした」という話はよく聞きます。

ですから、親友が退院した話を聞いたら「落ち着いたらぜひ出産祝いを持っていきたいから、いつがいいか教えてね」と伝えておきましょう。早く渡したいという気持ちもありますが、出産祝いはママと赤ちゃんのことを第一に考えましょう。

そして、自分の体調が優れない時には会いに行かないこと。どうしてもタイミングが合わない場合には出産祝いを郵送しても問題ありません。メッセージカードをつけておいたり、郵送前に連絡をいれておけば気持ちも伝わりますよね。

【ここがポイント!】出産祝いを持参するときには「病院へのお見舞いは極力避ける」「あくまでスケジュールはママに合わせること」「自分の体調が悪いときは絶対に遊びに行かない」ということに気を付けよう。

ちなみに「大安」「仏滅」といった六曜も出産祝いを贈る上で関係していましたが、今では六曜を気にする人も少なくなりました。本来はできるだけ大安の日を選び午前中に贈り物をするのがマナー。ですがライフスタイルも多様化している今、六曜を気にしすぎていてはスケジュールを合わせるのも大変です。仏滅や赤口とぶつかってしまうことがどうしても気になる場合には「この日しかなかったからごめんね」と一言伝えるだけでも良いかと思います。

まとめ

いかがでしょう。

①「親友への出産祝いの相場」は五千円以上、一万円未満。高すぎる出産祝いは親友の負担となる可能性もあるので注意。

②出産祝いを贈るなら「現金を包む」「現金のプレゼントを両方贈る」「プレゼントのみ贈る」という三つが定番。

③出産祝いを持参するときには「病院へのお見舞いは極力避ける」「あくまでスケジュールはママに合わせること」「自分の体調が悪いときは絶対に遊びに行かない」ということに気を付けよう。

親友の初めての出産、自分にとっても初めての出産祝いというのは本当に特別なこと。だからこそ、大切にしたいし失敗もしたくないですよね。ですが、何よりも大切なのは贈る側の気持ちです。相手のことを考えた気遣いを忘れず、精一杯の「おめでとう」を親友に伝えましょう。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪