意外と知らない常識!ママ友への出産祝い、相場って?

子供が生まれてるとご近所付き合いも多くなりますよね。保育園・幼稚園・小学校と進学すればママ友も増えてきます。二人目が生まれる家庭も多いでしょう。

そうするとこんな疑問が・・・

・ママ友に二人目のお祝いを贈った方がいいのかな?何を贈ったら喜ばれる?

・ママ友への出産祝いって、相場はいくら?

確かに、ママ友への出産祝いって意外と難しいかも。ママ友と良いお付き合いを続けていくためにも、ちょうどいいお祝いをしてあげたいですよね。

もくじ


1.ママ友への出産祝い、相場はいくら?
2.ママ友に喜ばれる出産祝いとは
3.要注意!ママに不評な出産祝いはコレ
4.まとめ

ママ友への出産祝いは千円でも十分!高額なお祝いはNG

ずばり、ママ友同士の出産祝いのやり取りは「高すぎない」がキーワード。普通の友達・親友へ贈るのと同じ感覚で出産祝いを贈ると、かえってお返しなどで困らせてしまうからです。

ママ友へ出産祝いを贈りたいのなら、相場は五百円~千円程度と考えておけば良いでしょう。「お返しどうしよう」「こんなにいただいてしまっていいのかしら」と気を遣わせないことが大きなポイントです。それから「お返しは気にしないで。本当に気持ちだから」と一言添えて出産祝いを贈るのがスマートですね。

そもそも、出産祝いは「おめでとう」の気持ちを伝えるためのもの。ですから、本来は明確な相場・ルールは厳しく決められていません。そんな中でも特に繋がりの深い親族・職場の方・親友へは五千円~数万円程度の出産祝いを贈るのがいつの間にか一般化してきました。

だからこそ、相場やマナーにとらわれることなく「気持ち」を伝えることが出産祝いを贈るうえで一番大切なこと。ママ友は子育てをする上での「仲間」ですから、あまり気取らずに、気を遣わせることなくお祝いの気持ちを伝えたいものです。

【ここがポイント!】ママ友へ出産祝いを贈りたいのなら、相場は五百円~千円程度。「お返しどうしよう」「こんなにいただいてしまっていいのかしら」と気を遣わせないことが大きなポイント。

中には「あんなに立派な出産祝いを贈ったのに、うちが二人目を産んだ時はたったこれだけ?」「出産祝いをあげたのにお返しがない」と愚痴るママもいます。ですが、元々ママ友への出産祝いに数千円、数万円のプレゼントをする方が少数派なのです。あくまで「気持ち」程度のプチギフトに抑えておいた方がお互いのためですね。

また、ママ友同士のお付き合いってグループになっていることも多いですよね。そんなときは連名で出産祝いを贈るというケースもかなり増えてきました。人数が増えれば一人の負担も少なくなるので良い方法でしょう。

とはいえ、最近では「お互い様だから出産祝いはお互いあげない」とルールを決めているママ友も多いんだとか。確かに、一人っ子の家庭も多いですし、二人目・三人目と産むママ友へ出産祝いを贈ってばかりということにもなり不平等感が出てしまいますからね。

「ママ友」はお互いの子供の面倒をみたり、困ったときは助け合う存在。だからこそ「お互い様」と考えるママも増えているのでしょう。特に二人目は、一人目のおさがりもあるため、あえて出産祝いを辞退するママもいます。「二人目だからお祝いは気にしないで」とママ友に言われたときは、素直に「おめでとう」の言葉だけでいいのかもしれませんね。

どんな出産祝いが喜ばれる?ママ友が喜ぶアイテムはコレ♪

さて、いざママ友へ出産祝いを贈ることになった場合、一体どんな出産祝いが喜ばれるのでしょうか。同じママといえども、好みは人それぞれ。プレゼント選びは難しいですよね。

二人目ともなると、やはり消耗品が喜ばれるようです。ですからママ友同士の出産祝いは定番の「おむつ」が人気。

更には、調理が簡単なちょっとしたベビーフードもママ友には好評のようです。確かに、一人目の子育てもしながらだと二人目の離乳食の用意ってなかなか大変ですからね。

あとは、二人目だからこそ買い換える「離乳食用の食器」も喜ばれるでしょう。一人目で使っていた食器ももうボロボロ、なんてことはよくありますよね。二人目ならではの出産祝いといえるでしょう。

もし、ちょっと奮発して出産祝いを贈ってあげるなら兄弟・姉妹でお揃いのアイテムを選ぶとかなり喜ばれますよ。やはり、兄弟や姉妹ができるとお揃いの洋服や小物を身に着けておでかけさせたくなるものです。今すぐ着られない、身に着けられないようなものでもOK。ベビー用品はちょっと大きめな方が喜ばれます。

ちなみに「おもちゃ」も出産祝いとしては定番ですよね。もしおもちゃをママ友への出産祝いとするなら、お兄ちゃん・お姉ちゃんへのプチギフトもあった方がいいかも。

どうしても二人目の出産祝いは赤ちゃんへのプレゼントばかり。ですが一人目が少々すねてしまう場合もあるようなのです。ですから一人目へは「お兄ちゃん・お姉ちゃんになったね、おめでとう」とプチギフトをあげるととっても喜ばれますよ。

【ここがポイント!】ママ友への出産祝いの定番は消耗品・離乳食用食器・おもちゃ。

正直いらない・・・ママ友に評判の悪い出産祝いとは

ぶっちゃけ「これはいらない」と困ってしまう出産祝いも多いものです。ママ友に「残念」と思われてしまうのはどんな出産祝いだと思いますか?

まず、新生児用のアイテムはあまり評判がよくありません。出産祝いで一番よく聞くのが「サイズアウトしてしまって結局使えなかった」というエピソード。ベビー服やおむつをママ友に贈るときには、ちょっと大きめのサイズを買いましょう。

そして、一番よく聞くのが「タオル」に関する悲しい声。「出産祝いでタオルをもらいすぎて困った」「ちょっと小さいタオルは赤ちゃんに使いにくくて困る」などなど。

確かに、タオルも子育てをする上では消耗品。ですが、ママ友にも出産祝いにタオルを贈るのはちょっとやめた方がいいかもしれませんね。

そして、意外と困るという声も多いのが「お菓子」です。出産祝いの内祝いにはお菓子が定番ですが、産後間もないママにはお菓子はやめておいた方がいいかも。

というのも、産後にバターやチョコレートを制限されているママも多いのです。ですから、せっかく「ママへのご褒美」としておいしいお菓子を買っていっても「食べられない」ということもあります。

そんな時にはノンカフェイン系の飲み物を贈ってあげてはいかがでしょうか。ママへのご褒美としての出産祝いでは定番ですよね。

【ここがポイント!】ママ友に不評なのは新生児用ベビー服・タオル・お菓子。

まとめ

いかがでしょう。

①ママ友へ出産祝いを贈りたいのなら、相場は五百円~千円程度。「お返しどうしよう」「こんなにいただいてしまっていいのかしら」と気を遣わせないことが大きなポイント。

②ママ友への出産祝いの定番は消耗品・離乳食用食器・おもちゃ。

③ママ友に不評なのは新生児用ベビー服・タオル・お菓子。

同級生や同僚ともちょっと違う、ママ友とのお付き合いってちょっと難しいところもありますよね。お互いに同じ年代の子供を持ったことも何かの縁、だからこそママ友は大切にしたいなと思います。出産祝いには「おめでとう」の気持ちを贈りましょう。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪