名前入りは食べづらいー。だけど、幸せな気持ちになります!

私が26歳の時に友人が女の子を出産しました。相手が落ち着いたタイミングを見計らい出産祝いを郵送で送りました。友人は以前勤めていた職場の同僚で、知り合って4年ほどになりますが遠方に住んでいたため1年に1~2回ほどしか会えないような間柄でした。

出産祝いを贈って1か月ほどたったころ、内祝いが宅急便で家に届きました。開けてみると2つ箱が入っていました。

両方ともお菓子でしたが、どちらも友人の人柄を表わすようなかわいらしいピンクの箱でした。2種類のお菓子は和と洋でしたが包装のテイストが一緒だったので同じお店で注文したのだろうと思います。

1つ目はえびせんべいでした。数種類・数枚ずつ入っている中の1枚に、生まれた赤ちゃんの名前と誕生日、体重が印刷されていました。賞味期限も2カ月ほどあり、個包装だったので一人暮らしでも数日に分けていただくことができました。

赤ちゃんの名前が入ったおせんべいはもったいなくてなかなか食べることができず、賞味期限ぎりぎりまでとっておきました。見るたびに友人と生まれてきた赤ちゃんのことを思い出し、幸せを分けてもらった気分になりました。

もうひとつはドーナツ型の焼き菓子でした。くまとうさぎの顔がかざられており、まるで赤ちゃん用のおもちゃのような見た目で非常にかわいかったです。

こちらの賞味期限は2週間ほどでしたが、食べきりサイズのものが全部で4個だったので、賞味期限内に頂くことができました。

個包装はGOOD!相手のことを考えて贈るのがいいですね。

友人は無類の動物好きで、自宅で飼っているウサギをとてもかわいがっていました。私はそのことを知っていたため、ウサギの焼き菓子を見た瞬間、彼女らしいものを選んだなあ、と思わず笑ってしまいました。私の年齢だと、家庭を持っている人と未婚の人と両方がいると思うので食べ物、特にお菓子は無難だと思いました。

個人的には個包装であることは助かりました。以前大きなバームクーヘンを内祝いでもらったことがあり、有名のブランドのバームクーヘンでとても嬉しかった覚えがあります。

しかし、開封後速やかに食べきらないと傷む上、賞味期限が10日程しかありませんでした。焼き菓子の賞味期限は意外と短いことが多いです。その時はしかたなく会社に持っていき、職場の同僚と切り分けておいしく頂きました。

その他にも定番かとは思いますが、お菓子と一緒に赤ちゃんの写真と名前が入ったポストカードサイズのカードも入っていました。カードはしばらく飾った後、友人の住所録などを入れたファイルに保管しています。

定番な内祝いかもしれませんが選び方によって、結婚式と同様に夫婦の人となりが伺えるものだな、と思いました。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪