めんどくさいと思っていた作業をちゃんと見ていてくれました。

私は57歳です。今年の春、息子夫婦にかわいい女の子の初孫が産まれました。お祝いとして30万円渡し、お返しなどは気を使わないようにと言いましたが、数日後内祝いを贈ってくれました。

私は普段汁物の料理でだしをとる時には、昆布やかつお、煮干、しいたけを使います。昆布を30分位水に入れておいて、火にかけ、沸騰する前に取り出し、鰹節を入れて少し煮て、それをざるでこします。煮干は頭と内臓を取り除き、水から沸騰させます。しいたけは水に何時間か漬けて置いて、軟らかくなってから使います。

今までだしを取るのは慣れていても手間でした。それを息子は分かっていたのか、内祝いに久原本家の茅乃舎だしを贈ってくれました。ノーマルなだしのパックが30袋入りが1袋と、極みだしと言う名の原料にこだわっただしパック5袋入りX2袋が入ったセットでした。

一緒に料理のレシピ本が2冊同封されていて、だしパックを利用しての料理が40種類ほど載っています。自己流の料理で毎日の献立に迷う主婦としては大変ありがたいものでした。

久原本家の茅乃舎だしはとっても安心。心遣いも嬉しかったです。

だしと言っても毎日使用し、口に入れるものですから、私は材料にも少しこだわりがありましたが、この久原本家の茅乃舎だしは材料を全部国内産のものを使用している為、安心して使用できました。

このだしパックの使い方は、水から入れ沸騰後、1~2分煮出して取り出すだけなのでとて簡単です。実際このだしパックを使用して、お吸い物を作るとつゆに深い味があり、初めて口にした主人が「いつもの味と違い美味しい」と言ってくれました。私が作った料理をあまり褒めてくれることが少ない主人なのでとてもうれしかったです。

煮物も特別な味をつけることが不要なため、簡単に美味しい大根の煮物ができました。チャーハンにはパックの袋を破り、ふりかけて混ぜ合わせ、塩コショウ、醤油少々で和風チャーハンが出来上がりました。

野菜炒めにも同じように使用し、和風野菜炒めが出来ます。炊き込みご飯にも入れて作りましたが、これは普段どおりの出来でした。だしには保存料などが入っていない為、開封した袋は冷蔵庫で保管しています。手軽に美味しいだしが取れるので大変重宝しています。残りが少なくなったらネットで注文したいです。

単にお祝いに対してのお返しですが、贈られて来た物で相手が自分のことをどう観ているか、どう思っているかが分かります。息子からの内祝いを通して、自分が今後何か贈ることができた場合、相手のことを考えて贈るようにしたいと思いました。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪