友人との「おしゃべりタイム」と「リュック」が出産祝いでした


私は36歳の三人の子持ちのママです。今回は、私が第一子出産のときに友人からもらって嬉しかった出産祝いについて書こうと思います。

当時は、出産後の里帰り中。一人目の出産後ということもあり育児はなにもかも初めてで、何をするにも大騒ぎ。実家の母が家事はほとんどやってくれていたので私は赤ちゃんの育児に専念することが出来ましたが、半面ずっと赤ちゃんと一緒にいて家にこもっていたためちょっと疲れてもいました。

そんな時に私の高校時代の友人が数名で出産祝いにやってきてくれました。実家の母とも面識のあるメンバーで、久々の友人とのおしゃべりにとても楽しい時間となりました。

慣れない育児に疲れていた私は楽しいおしゃべりに元気をもらい、みんなで来てくれたということだけでも十分にお祝いでした。そのときのメンバーの一人はすでに二人の子持ちのママだったのですが、そんな彼女が出産祝いにと贈ってくれたのが【子ども用のリュックサック】でした。

子どもリュックって・・・実は超便利アイテムだった!

一か月にもならない赤子にリュックサック??と思ったのですが、

「まだ絶対持ってないと思って使いやすくて可愛いの選んできたんだよね。しばらくしたら大活躍するって保証するからもらっといて!」と熱く語ってくれたので、「わかった大事にしとく。ありがとう」と受け取りました。

その言葉を実感したのは、赤ちゃんとお出かけすることが多くなってくる8か月頃でした。赤ちゃんとお出かけするということは大荷物を抱えて移動する、ということでマザーズバックはいつもパンパンになります。

特にいくつ必要かわからないオムツは多めに持っていかないと心配です。おかげで荷物がかさばってしまうのですが、そのオムツをリュックサックにつめて赤ちゃんに背負わせるだけで相当自分の荷物が減ることに。

他にもその時々で中身は変えましたが、着替えや飲み物、ウェットティッシュやビニール袋と外出に必要な荷物は自分で背負わせるようにしました。

先輩ママの目に狂い無し!出産祝いに大感謝

これがもう相当楽。特に、外出時は自分で持たせていたら「あ!忘れた!!」ということがなくて助かりました。友人兼先輩ママの大活躍するからという言葉はまったくもってその通り。

こんな素敵なプレゼントをくれるなんて、と時間差で感激したものです。

その後、6歳を過ぎても保育園の遠足にも使えるくらいで友人のリュックサックの選び方は素晴らしいの一言です。この出産祝いは本当に嬉しく役に立つものだったので、私もその後、出産祝いを選ぶときは候補の一つにリュックサックを入れています。特に第一子のお子さんへの出産祝いにするととても喜ばれています。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪