主人の友人が出産祝いを持ってきた・・・のが最悪な時間の始まりだった

現在私は28歳、一児の母です。長男が生まれたときの出産祝いが本当にありえないものでした。それは長男生後二か月経ったころのこと。

いつも主人は仕事の都合で帰りが遅く、私がほぼ一人で2ヶ月の息子の面倒を見ていました。そこへ、主人の友人から電話があったのです。「今から行っていいか」という内容だったので、最初は主人がいなかったので断ろうとしました。しかし私に出産祝いを渡したいとのことで、結局私の自宅まで来ることになりました。

主人の友人が来たとき、そこには主人の友人だけでなく、見知らぬスーツ姿の女性が立っていました。とりあえずふたりともリビングに通し、主人の友人から出産祝いの封筒を受け取りました。

そして息子の紹介も終わったとき、スーツの女性が名刺を渡してきたのです。急に名刺を渡された私はきょとん顔。名刺をみると、聞いたことのない会社名が書かれていました。どうやら健康食品の営業さんとのこと。

それから主人の友人が、「出産祝いで健康食品を紹介してあげる」と言い出しました。もうそこからは営業さんの独壇場。自社の健康食品のアピールポイントをひたすら喋ってきたのです。

三時間のセールストーク&まずいサンプル品!イライラMAX!!

「おいしいんだよ!」とか「子供が生まれたのだからもっと健康に気をつけないと」とか「これ食べて肌艶が良くなったんだ」とか「すっごく良いから買いなよ」と延々とふたりから言われました。しかも、よくよく聞いてみると、友人を誘うと、安くなるというのです。完全にマルチ商法の健康食品でした。

主人がおらず、家に私一人のときを狙ったのはこれが理由だったのです。私が主人よりも大分年下なので、おそらく「世間知らずな母親だ」と甘く見られたのでしょう。

結局、三時間ほど居座られ、あとに残ったのは大量のサンプル品。「お金はいらないからぜひ食べてみて下さい。食べればわかりますから」と半ば強引にサンプル品とパンフレットを置いて行ったのです。

ですが、食べてみると全然美味しくないんです。美味しくないし、色もなんだか黒に近い緑色で気持ちわるい。量も大量だったから場所を取って邪魔だったし、何より貴重な時間を潰されたことのせいで家事が中断したし、子供は泣き出すし、もう最悪。何より、私のことを甘く見られたと思うととってもイライラしてきました。

極めつけは、主人の友人からの出産祝いの封筒の中身が、千円札が一枚。本当に、バカにされたようで、腹が立ちます。結局、大量のサンプル品は、だれも引き取りてもなかったので、主人のその友人に、「こんなにあっても消費しきれない」という旨を伝えると、主人のその友人は「いいの!?うれしい」と、全て持っていきました。現在その主人の友人とは縁を切っています。本当に最悪な出産祝いでした。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪