友達が二人目出産!出産祝い、どうすればいい?

最近、同級生・友達から「二人目が生まれた」と報告されることが増えてきました。この前一人目が生まれたばかりと思っていたのに、もう二児のママになったのかと感慨深くなる今日この頃。そこで考えてしまうのがこんなこと。

悩む夫婦

・二人目も、一人目の時と同様に出産祝いを贈るべき?

・二人目の出産祝いって贈らないって人もいるけど、ぶっちゃけどうなの?

・二人目の出産祝いって何が喜ばれるんだろう。

そんな「二人目」ならではの出産祝いの疑問にこたえます。一人目の出産祝いとはちょっと違ったポイントがあります。

スポンサーリンク

もくじ


1.二人目の出産祝い、マナー&相場とは
2.二人目はあげない!?少額にするべき?
3.二人目の出産祝いの選び方とは
4.ママへのご褒美系出産祝いも要チェック
5.まとめ

二人目の出産祝いも一人目と同じマナー&相場?




一人目が生まれた時でも、二人目が生まれた時でも、出産祝いのマナーはまったく同じです。産後一か月以内にはお祝いを贈るのがマナーですし、相場も友達同士なら五千円から一万円程度が一般的。

のしやご祝儀袋も、一人目の時と同様の考え方で用意します。「二人目だからここが違う」という点はあまりないのです。

中には「一人目のときはしっかりお祝いできなかったから」という理由で、一般的な出産祝いの相場よりも高めの予算でプレゼントを選ぶという場合もあるようです。確かに、友達が一人目を出産したときはまだ学生で、出産祝いをあげる余裕がなかったということはよくありますよね。

そんなときには商品券・現金とプレゼントをあわせてあげるということも珍しくありません。出産した側と出産祝いを贈る側、お互い成人していて、社会に出ているのであれば二人目も一人目と同様にきちんとお祝いしてあげたいですよね。

【ここがポイント!】二人目の出産祝いも、一人目と同様のタイミングで贈り、予算・包む金額も差をつける必要はない。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

二人目は出産祝いをあげない・少な目のお祝いが常識?

ただし中には「二人目って出産祝いをあげないのが普通でしょ」「一人目よりも二人目の出産祝いの金額は少な目に設定するのが常識」と考える人もいます。実際、一人目と二人目の出産祝いの予算に差をつけるという人は増えているのです。

具体的には、一人目に五千円程度の出産祝いを贈ったのなら二人目は三千円~四千円程度というように差をつける人は多いとのこと。どうして二人目の出産祝いは少々割安になる傾向になってきたのでしょう。

それはおそらく「お互い様」「うちばかりいただいて申し訳ない」という考えが広がってきたからだと思います。だから、二人目はもうあげないという独自ルールを友達同士で決めていることもありますし、二人目はプチギフトだけで済ませるというケースも増えてきたのでしょう。

【ここがポイント!】二人目の出産祝いはなしでもOKというケース→お互いに同年代で二人目・三人目と出産が続くようば場合/出産祝いを贈る側が未婚であり、贈るばかりになるようなケース。

そもそも出産祝いというものは「出産おめでとう」という気持ちが大切といわれており、明確なマナーやルールはないものです。ですから、友達が同年代でお互い出産が続くようであれば「お互い様」ということで「二人目の出産祝いはなし」ということも特別失礼なことにはなりません。

ただ、職場関係の方・仕事上やりとりが多い上司・同僚・部下に二人目が生まれたといった場合にはやはり「なし」というわけにもいかないでしょう。一人目が生まれた時にもきちんと出産祝いを贈っているのであれば、同党の金額でなくても「気持ち程度」のお祝いは贈った方が良いかと思います。つまり「お互いの年齢・家庭状況」「年齢」「関係性」を考えたうえで二人目の出産祝いを考えればよいということですね。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

二人目の出産祝い、喜ばれるプレゼント選びのポイント

さて、いざ二人目の出産祝いを贈ろうとしたときに「二人目って何が喜ばれるんだろう」と悩んでしまいますよね。考えるべきポイントは次の3つ。

・ママの意向を第一に考える
(お祝いは一人目だけでよいと考えているのか、二人目は顔を見に来てくれるだけでよいと考えているのかなど)

・一人目へのプチギフトも用意しておく

・一人目でしっかり用意しているアイテムは選ばない

いかがでしょう。どうしてもプレゼント選びに集中してしまいがちですが、意外と「ママと一人目の子供への気遣い」が大切なんですね。

まず、ママの意向は第一優先。出産祝いを贈る前に「一人目のときにいただいたから出産祝いはいらないよ」「二人目のお祝いは辞退しているからお気遣いなく」と言われたのであれば、その通りにするべきでしょう。

もし遊びに行くような機会があるのであれば、おいしいお菓子を持っていく程度で十分だと思います。無理矢理出産祝いを贈って、ママに気を遣わせるようなことは避けたいですね。

続いて「一人目へのプチギフトも用意しておく」というポイントですが、これがかなり喜ばれるんです。ほんのちょこっとのお菓子でもいいですし、小さなお人形やおもちゃでも良いと思いますが、これを用意しておくだけでも印象が違います。

二人目が生まれて、二人目が使うアイテムばかりいただくという話はよく聞きます。もちろん、二人目が生まれたことへのお祝いですからそれでも良いのでしょう。ですが「お兄ちゃんになったね」「お姉ちゃんになったね」と一言添えてプチギフトをあげるというのもとっても素敵ですよね。ママにもお子さんにも喜ばれるポイントです。

最後に「一人目でしっかり用意しているアイテムは選ばない」という点ですが、これは二人目の出産祝いならではのポイントですね。

例えば、抱っこ紐・スリング・バウンザー・マザーズバッグというようなアイテムって一人目が生まれた時にしっかり用意していることが多いですよね。最近の抱っこ紐なんかはかなり丈夫なのでおさがりでも十分に使えるでしょう。

ですから二人目の出産祝いは必然的に「ベビー服」や「消耗品」が選ばれるわけです。個人的には、二人目から買い換えるような「食器」「離乳食セット」は二人目の出産祝いにぴったりだと思います。

ちなみに、二人目の出産祝いとしてもらってけっこう困るのが「タオル」のようです。一人目が生まれた際に大量のタオルを用意していた、または一人目の出産祝いでタオルをたくさんもらったという話はよくあります。

しかもタオルはかさばって収納にも困ってしまいます。子供だからタオルは必要だろう、タオルは何枚あっても困らないだろうという考えは要注意ですね。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

一番頑張ったママへ!二人目の出産祝いはママへのご褒美を

そして、ママへのご褒美系出産祝いも喜ばれているので要チェック。出産で一番がんばったのはママですよね。なのに一人、二人と子供を産むと子供のものばかりが増えてしまいがち。

ですからママを癒せるようなアイテムを出産祝いとして贈るととっても喜ばれることが多いです。例えば小さなマッサージグッズやバスグッズ、アロマディフューザーや保湿クリームといったアイテムなんていかがでしょう。

他にもノンカフェイン系のコーヒーも出産祝いとしては定番のアイテムですよね。授乳中もカフェインの過剰な摂取は禁物。でもコーヒー党のママにとっては辛いものです。そんなママへのプレゼントもチェックしてみるといいでしょう。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

まとめ

いかがでしょう。

①二人目の出産祝いも、一人目と同様のタイミングで贈り、予算・包む金額も差をつける必要はない。

②「お互いに同年代で二人目・三人目と出産が続くようば場合」「出産祝いを贈る側が未婚であり、贈るばかりになるようなケース」なら二人目の出産祝いは無しでもOKなことが多い。

③二人目の出産祝いはママ・一人目の子供への気遣いを忘れずに。ベビー服・消耗品・二人目のための離乳食セット・ママへのご褒美アイテムが人気。

二番目に生まれたからといっても、ママの子供への愛情は変わりありません。ですから個人的には、あまり出産祝いに明確な差をつけてしまうのもどうかなって思います。ただし、あげてばかりでは気を遣わせてしまうのでお手頃なアイテムを適切なタイミングで贈りたいですね。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪