二人目出産!出産祝いは消耗品がよかったのに・・・

私は33歳の専業主婦で、5歳と2歳の息子がいます。次男を出産したときにいただいた出産祝いでちょっと困ってしまったものがありました。二人目の出産祝いのチョイスって本当に難しいですよね。なので、友達や親戚から出産祝いは何がいいかと尋ねられた時にはミルクやおむつなどの消耗品をリクエストしていました。

そんな中、次男が生後3か月の時に主人の同僚から自宅に出産祝いが贈られてきました。箱を開けてみると、中身はバスタオル。様々な可愛い動物がプリントしてある素敵なバスタオルでした。

バスタオルはすでにたくさん持っていましたが、いくらあっても使うものだからと主人と共に喜びました。しかし、いざ使ってみるととても使いにくいバスタオルだったのです。妙に細長い形状だったので、息子を包もうとすると足が出てしまい、さらに何重にも巻きつけないと余ってしまいます。

細長すぎてベビー布団のシーツ代わりにもタオルケット代わりにもなりませんでした。デザインは本当にかわいいのに、あれこれ試してもこの細長いバスタオルを有効に使うことができませんでした。あれは結局何サイズで、どうやって使うのが正解だったのでしょう。

またタオル!?ぶっちゃけ、真四角のバスタオルは使い勝手悪い><

更にその1か月後に、主人の専門学校時代の友人から出産祝いが送られてきました。箱がとても軽かったのでまさかと思ったら、そのまさか。そう、バスタオルだったのです。

しかも形状は真四角。真四角のバスタオルはすでに2枚持っており、ちょっと前までおくるみとして使用していましたが既におくるみは卒業していました。もともと持っていた真四角のバスタオルも使いにくくなって押入れに仕舞い込んでいたのに、また新しい真四角のバスタオルが飛び込んできたのです。

体を拭くのも、ベビー布団のシーツ代わりにするのも、タオルケットがわりにるのも、やはり従来のバスタオルのサイズの方が使い勝手がいいです。何度か使ってみましたが、やはり使いづらくてそのうち押入れにしまいました。1年半ほどタンスの肥やしになっていたのですが、引っ越しをすることになったので、思い切って処分をしました。

1度も使っていなければリサイクルショップに持っていくこともできましたが、何回か使っていたので仕方なく家庭ごみとして処分するしかなかったのです。今思うと、あの妙に細長いバスタオルはどんな用途のために作られたのだろうと不思議に思います。また、友達に出産祝いを贈る際は、バスタオルはなるべく避けようと思います。

せめて第一子のときであればバスタオルはいくらあっても困らないかもしれませんが、第二子であればバスタオルはおろかベビー用品は一揃いしているので、第二子の出産祝いを贈る際はしっかり考えて選ぶようにしようと思います。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪