タオルだけらの我が家!有り余るほどのタオルの活用方法に悩む日々

私は30歳の主婦です。現在、2か月の男の子(第1子)を育児中。そんな私が困ってしまった出産祝いは「タオル・ガーゼ」でした。

私は出産にあたっては実家に里帰りをしていて、病院や自宅へお見舞い・お祝いに来てくれた友人・親戚に大量のタオルやガーゼをいただきました。タオルって「いくらあっても困らないもの」という認識が皆さん強いのだと思います。

私や実家の母も「タオルはたくさん用意しておいた方がいいよね」と考えでいたので出産前にかなりの量を準備していました。なので準備していたタオル、出産祝いでいただいたタオルを合わせるととんでもない量に。なので、正直出産祝いでタオルをいただくと「またか」と感じて残念な気持ちになってしまっていたのです。

とにかくたくさんタオルがあるので、できるだけ活用しようとバスタオルは布団にしいたり、おくるみにしたりと工夫して使うようにしていました。また、小さいハンドタオルの類も、持ち運びに便利なので今でもおでかけの時によく使っています。

ですが、一番困ってしまうのが、ボディタオルサイズのタオル。ボディタオルは持ち運ぶにしてはちょっと大きすぎるし、、寝ている息子にかけてあげたり、敷物にするには小さすぎます。そのため、ボディタオルは使う場面がなかなか訪れず、部屋の隅にまとめて置いてあるような状態になってしまっていました。

里帰りから帰るときに大量のおタオルを持って帰るか実家に置いてくるか迷ったのですが、せっかく親戚・友人からいただいたものなので自宅に持ち帰ることにしました。今では私と主人がお風呂で使ったり、洗面台やキッチンの手拭きにしたりしてなんとかタオルを活用しています。

タオルやガラガラ=あっても困らない!?リクエストを聞いてくれるのが一番

実は他にも有り余るほどもらってしまって困っているものがあります。それは「ガラガラ」です。おもちゃのガラガラもおさがりでいただいたり、私が手作りしたものも含めると5本くらい集まってしまいました。

結局私が気に入ったものや息子が気に入ったものしか使っていないので、実際役に立っているガラガラは二本くらいですね。タオルやガラガラのように、「定番品」「いくらあっても困らない」と思われるものは意外と集まり過ぎてしまうんだなぁと実感しました。

結局、私が一番ありがたかったのは、出産祝いのリクエストを聞いてくれたことです。出産経験者の人にこのようにしてくれる人が多かったので、みんな多かれ少なかれ同じような経験をしているのかもしれませんね。私も次に自分が贈る立場になった時は、相手に何が欲しいかをリクエストしてもらおうと思っています。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪