美容師ママが職場復帰&お客様から出産祝い☆

私は今現在35歳で、男児1人を子育てしながら、美容師をしています。これは、32歳の時に初めて出産した時の事です。

当時の職場が美容師という仕事柄、産休・育休という制度がしっかりと確立されていなかったので、生後半年で保育園を見つけ、職場復帰をしていました。復帰後は、ご指名のお客様方が『おかえりなさい、待ってたよ』と、笑顔で続々とご来店くださいました。

職場復帰してひと月ほど経った頃に、ご指名のお客様の一人が、お店の出入り口でお見送りをした時のことです。『これ、良かったら出産祝いです良かったら使ってください。』と、手作りのラッピングの袋をくださいました。

突然のことだったので、嬉しい気持ちでいっぱいになり、お互いに照れながらも笑顔で受け取り、気持ちよくお見送りをさせていただきました。その日の帰宅後に家に帰ってから、いただいたプレゼントを開けてみると、ソフトガーゼ素材の手作りっぽい少しクタッとした柔らかい縫いぐるみと、手紙が入っていました。手紙には、『気持ちばかりですが、使ってもらえると嬉しいです』と書かれていました。

その方の趣味が裁縫で、色々な小物類を作っていらっしゃることは、これまでのやり取りの会話で知っていたのですが、まさかの手作りの縫いぐるみのプレゼントには驚きました。しかしながら、プレゼントをもらっておいて、こういうのも失礼なのかも知れないですが、正直な感想は、「コレ、どうしたらいいんだろう?」という感じで困惑してしまったのです。

息子にピンクのぬいぐるみ・・・悩んだ末にクローゼットの肥やしに

というのも、うちは息子なのです。が、いただいた縫いぐるみはピンクでファンシーな感じの、明らかに女の子仕様な縫いぐるみ。しかも、目や鼻の部分はなんだか繊細なビーズを糸で縫いつけられていて、まだまだ赤ちゃんの息子に渡すと誤って飲み込んでしまいそうな造りでした。

かといって、安全な年齢の頃には、息子自体がその女子っぽい縫いぐるみを気に入らないかも知れない。自分の肉親や親戚なら正直に要らないと言えるんですが、相手はお客様なので、失礼があってはいけない。かといって、これどうしたらいいんだろう?本気で悩みました。悩んだ末に、実は今も手元に置いたままです。

やっぱりお客様からのいただき物なので、気持ち的に破棄するわけにもいかず、今もクローゼットの中の、息子の新生児用品と一緒にしまったままです。いつか2人目に女の子を授かった時に、使う場面が出てくるかも知れないと思うのですが、それまではそのままそっとしておこうかと思います。プレゼントって難しいですね。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪