お祝いはありがたいけど・・・ベビー服はもういりません!

出産祝いでもらって困ったものは新生児用の洋服です。当時私は35歳で、第二子を出産した時にもらいました。

二人目を出産した時は里帰りをせずに、自分の住んでいる地域に実家の母が来てくれ、産後のお世話をしてくれました。一人目は幼稚園に通っており、まだまだ手のかかる年だったので母が来てくれて本当に助かりました。

そんなバタバタしていた頃、ちょっと微妙な感じのベビー服を出産祝いとしていただいたのです。この洋服は親戚からの贈り物だったのですが、その親戚とは直接会う機会がなく、義理の両親を経由して手渡しで頂きました。

出産祝いをもらったタイミングは二人目の子供が生後1ヶ月ほどの時です。その頃に義両親が赤ちゃんを見に遠方から足を運んでくれて「これは親戚からのお祝い」と持ってきてくれたのがそのベビー服でした。

もちろん、お祝いをいただいて嬉しかったのですが、すでに二人目の出産ということで、洋服はかなり大量に上の子のおさがりがありました。なので、正直なところそこまで喜べいなぁという第一印象でした。上の子も下の子も同性だと、かなり着回しができるので洋服は有り余ってるくらいだったのです。もしこれが異性の兄弟であればまだうれしかったかもしれませんね。

また、それが新生児用だったということもあまりうれしくなかったという理由の一つでもあります。新生児というのはすぐに大きくなって、せっかく買った洋服がサイズアウトしてしまうというのは大いにありうることです。

ブランドに興味なし!ぶっちゃけ他の物が欲しかったなぁ><

なので新生児用の洋服を頂いても、すぐに使えなくなることは明白でした。また、頂いた新生児用の洋服はどこかのブランドだったようですが、私が無知なのかそのブランドを知りませんでした。もしそれだけ高いものであれば「それを新生児用の洋服にかけるのではなく、その他のものにかけて頂けると嬉しかったな」という気持ちになりました。

結局その頂いた新生児用の洋服は一度だけ着せてみたものの、その後は一度も袖を通していません。とても高価なものなんでしょうが、あまりデザインが好みのものでなかったというのも理由の一つです。

着なくなった最大の理由は赤ちゃんが大きくなって、サイズが合わなくなってしまったということだったんですけどね。とにかく、新生児用の洋服はすでに用意している家庭が多いので、新たに出産祝いとしてプレゼントしなくても良いのではないかと思いました。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪