親友の出産!エルゴを持ってお祝いに

36歳の専業主婦です。今までで一番嬉しかった内祝いは親友からのチョコレートでした。彼女は大学を卒業して一番最初に働いた会社の同期で、22歳から3年間同じ職場で過ごした一番の親友です。

その後お互い転職しましたが会社を辞めたあとも頻繁に連絡は取り合い、仕事のことや恋愛のことなど相談する仲でした。そんな親友である彼女が結婚したのは33歳のときで、翌年赤ちゃんが産まれました。親友の出産は私にとっても嬉しいイベントで、彼女への出産祝いは絶対に失敗したくなかったので希望を聞いてエルゴにしました。

すぐさま出産祝いを持参して会いに行ったところ、かなり喜んでくれました。新生児用のインサートも入れたのですぐに使えると大喜び。喜んでもらえて、私もほっとしました。

そして出産祝いを贈ってから3週間後に彼女から内祝いが届きました。包みを開けると高級感のある化粧箱におしゃれなチョコレートが入っていてビックリ。横浜チョコレートのバニラビーンズというお店の製品でショーコラとパリトロというお菓子が詰め合わせになっていました。

ショーコラは通販サイトで何回か紹介されているのを見たことがあり、ずっと食べてみたいと思っていたのですが高いので手が出せずにいたお菓子でした。彼女は私がチョコレートに目がないことを知っていて私が好みそうなものを選んでくれたそうです。

憧れのチョコレートが内祝い♪夫より一足お先にパクり

憧れのお菓子が突然届き、驚きと喜びにまかせてすぐに彼女に電話してしまいました。大喜びしていることを知って彼女も嬉しそうでした。夫が帰ってくるのが待ちきれず、子供の昼寝中にフライングで一つ食べました。

濃厚なチョコレートの味にふんわりとした洋酒の風味も感じられ、育児の疲れが吹き飛ぶようでした。夫が帰ってきてからまた夕食後に一つずつ食べました。しっかり甘くてもくどくない大人の味のチョコレートに夫も満足していました。

食感も今まで食べていたチョコレートとは違い、本格的なチョコレートケーキを食べているようなリッチな気分になりました。結局毎日夫と一つずつ食べ、1週間もかからずに食べ終えてしまいました。毎日家事や育児に追われ慌しく過ごしていますが、つかの間の癒しの時間をもらったような気がしました。

それからは私も贈り物として「横浜チョコレート」を何回か利用しています。シックな箱にはのしをつけることも可能で、年齢や性別に関係なく喜んでもらえます。贈るよりもできればもらいたいのが本心ですが、気になっていた食べ物を実際に食べることができてよかったと思っています。今まで友達からの内祝いでは変な食器をもらったり、子供の名前入りの時計をもらったりしていたのですが、誰からも喜ばれる食べ物が一番だと感じました。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪