出産祝いにカタログギフト、これって非常識?

友達や親戚の出産、大変おめでたいことではあるのですが「出産祝い」は悩みの種ですよね。そんな贈り物に悩んだ時に便利なのが、カタログギフトです。

・何が喜ばれるかよくわからないから、出産祝いはカタログギフトでいいかな。

・カタログギフトを出産祝いに贈りたいけど、これって非常識?

こんな悩みをよく聞きます。実際のところ、出産祝いにカタログギフトってどう思われるのでしょう。メリット&デメリットをまとめてみました。

もくじ


1.カタログギフトは出産祝いではなく内祝い!
2.カタログギフトのデメリットとは
3.出産祝い向けのカタログギフトがある!?
4.まとめ

カタログギフトは内祝いの定番!出産祝いには不向きかも

カタログが自宅に届き、カタログの中から好きな商品・アイテムを注文することができるカタログギフト。確かに「何が喜ばれるかよくわからない」という場合には便利な贈り物です。

ですが正直なところ、出産祝いにカタログギフトをチョイスする人は少ないのが現状。カタログギフトは出産祝いではなく「内祝い」の定番アイテムとなっているのです。

ちなみ本来の「内祝い」は身内でのお祝い事を周囲の方へお知らせすると同時にご挨拶をするための贈り物。出産祝いでの「内祝い」は「お返し」という意味が強くなっています。

内祝いでは職場の方や親戚、友達へ贈るものであり幅広い年代の方へ贈るものでもあります。趣味趣向がバラバラな方々へそれぞれ内祝いを用意するのはとても大変ですよね。ですから、内祝いではカタログギフトが重宝されるのです。

やはりカタログギフトの最大のメリットは「幅広いジャンルから好きなアイテムを選ぶことができる」ということ。カタログギフトはまさしく、出産祝いのお返し「内祝い」にはもってこいということですね。

それから「出産祝いにカタログギフトをもらうと、内祝いでカタログギフトを贈りにくくなる」というママの意見もありました。確かに、内祝いの定番であるカタログギフトが贈りにくくなるってけっこう困ってしまいますよね。

【ここがポイント!】カタログギフトは内祝いの定番。出産祝いとしてカタログギフトを贈ることは少ない。

出産祝いにカタログギフトを贈るデメリットとは

非常識とまではいかないでしょうが、出産祝いとしてカタログギフトを贈ることはあまり喜ばれないでしょう。確かに好きな商品を注文できるのは魅力なのですが、それ以上にデメリットも多いからです。出産祝いでカタログギフトを贈るデメリットとはいったい何なのでしょうか。

ずばり、カタログギフトを贈るデメリットはこれです。

・商品を選んでハガキやネットで注文しなくてはならない

・カタログに期限がある

・システム料がかかってしまうため、予算よりも安いプレゼント内容になってしまうから

いかがでしょう。「品物を選ぶ」「注文をする」という何気ないことでも、出産直後のママにとっては負担になってしまうのです。

ではデメリットを一個ずつチェックしてみましょう。まずは「商品を選んでハガキやネットで注文しなくてはならない」ということ。

出産祝いって、一般的には出産から約一か月後に贈るものですよね。その時期ってママの体力はまだ完全に回復していませんし、数時間おきに授乳をしたりと大変。心身ともに疲弊しているときにカタログギフトが届いても、ゆっくりと商品を選ぶこともできないでしょう。

結婚式の引き出物や内祝いでカタログギフトをもらうのは嬉しいものですが、出産祝いでは「出産直後のママ」への贈り物だということをお忘れなく。ママの負担にならない贈り物を考えるということが最重要事項となります。

ですから、出産祝いでのカタログギフトってあまり一般的になっていないのだと思います。「選べる」と「選ばなければならない」ってメリットでもありデメリットでもありますよね。

次に「カタログに期限がある」というデメリットについて考えてみます。カタログギフトは、法律で期限を設けることが義務付けられています。経験がある方も多いかもしれませんが、カタログギフトには半年程度の発注期限が設けられていることが多いですよね。

つまり、カタログギフトが届いたら半年以内に商品を選んで注文しなくてはならないということ。普段の生活なら、期限内に商品を注文することは簡単でしょう。

ですが、産後半年は毎日がドタバタ。先ほども書きましたが、産後のママさんにはカタログギフトをじっくり読んで注文する時間をとることも大変なのです。ですからカタログギフトの期限は出産祝いとして贈るには大きなデメリットとなります。

最後に「システム料」に関することですね。ちょっとしたところではあるのですが、個人的には大切なことだと思っています。

そもそもカタログギフトにはシステム料というものがついてまわります。カタログギフトでのシステム料は、送料などにあてられるのです。例えば、一人当たり五千円のカタログギフトを買った場合には約五百円程度のシステム料がかかってしまうことが多くなっています。

※システム料はカタログギフトの料金やラインナップによって変わります。

つまり、五千円分の出産祝いをあげたかったのに五百円はカタログギフトのシステム料になってしまうのです。それなら、五千円分のクオカードや商品券をあげた方がいいと思いませんか?

あくまでも個人的な意見ですが「何を贈ればいいかわからないからカタログギフトにしよう」と考えているなら、商品券・現金を包んだ方が喜ばれると思います。やはり「注文する手間」「期限」はママにとっての負担になります。出産祝いを選びきれないのであれば好きな時に使える商品券・現金の方が嬉しいというのが女子の率直な意見です。

【ここがポイント!】「選ぶ手間・期限があること・システム料」といったデメリットから、カタログギフトはあまり出産祝い向けのギフトではないといえる。

こんなカタログギフトなら出産祝いにもらっても嬉しい♪

ここまで出産祝いでカタログギフトを贈るデメリットを見てきましたが、最近では「出産祝い専用のカタログギフト」が登場してきています。従来のカタログギフトのデメリットを軽減できるような工夫がこらされているのです。

一般的なカタログギフトだとファッションアイテムや台所用品、食品やお酒といった商品が目立ちますよね。ですが、出産祝い専用のカタログギフトは赤ちゃんのためのアイテムに絞られているのです。

つまり「出産祝い専用カタログギフト」とは、予算に応じたおもちゃやベビー用品などをまとめたカタログを贈ることができ、産後のママでも選びやすいのが特徴となっています。確かに、ベビー用品だけが掲載されているって、普通のカタログギフトよりは断然選びやすいかも。

それから、カタログ自体がアルバムとして活用できるような「出産祝い専用カタログギフト」も人気。カタログギフトって注文したら捨てるだけですが、出産祝い専用カタログギフトはページにポケットがついていて写真が入れられるようになっているのです。

赤ちゃんが生まれれば毎日たくさんの写真を撮りますよね。やっぱりアルバムは必須アイテム。カタログまで活用できちゃうなんて驚きの工夫です。

中には「体験を贈る」という出産祝い専用カタログギフトもあります。例えば、親子でヨガ教室に行ってみたり、スタジオでの記念写真ができたりといった「体験」を贈れるというカタログギフトです。

確かに、自分でお金を出してスタジオで記念撮影・家族写真の撮影をするのはちょっと気が引けます。そんな「思い出作り」をプレゼントできるなんて素敵なカタログギフトですね。

出産祝いに特化したカタログギフトであれば、もらったママも嬉しいでしょう。それに「おめでとう」の気持ちも伝わりやすくなります。出産祝い専用カタログギフトは要チェックですね。

【ここがポイント!】最近では「出産祝い専用カタログギフト」が人気。「出産祝い専用カタログギフト」はママが選びやすい工夫や、注文後も楽しめる工夫がなされている。

まとめ

いかがでしょう。

・カタログギフトは内祝いの定番。出産祝いとしてカタログギフトを贈ることは少ない。

・「選ぶ手間・期限があること・システム料」といったデメリットから、カタログギフトはあまり出産祝い向けのギフトではないといえる。

・最近では「出産祝い専用カタログギフト」が人気。「出産祝い専用カタログギフト」はママが選びやすい工夫や、注文後も楽しめる工夫がなされている。

カタログギフトってかなり便利な贈り物だと思います。ですが、そもそも贈りものは「相手のことを考えてプレゼントする」のが鉄則。同じカタログギフトでも、ママが喜ぶ工夫がされていれば素敵な出産祝いとなるでしょう。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪