卒業生からの出産祝い!中身はデジタルフォトフレーム

私は現在40歳、専門学校の教員をしています。今までのなかで一番、うれしかった出産祝いは、自分の勤務する専門学校の卒業生3名からいただいた出産祝いでした。

いただいたものは、Sonyのデジタルフォトフレーム。実は以前から、デジタルフォトフレームをほしいと思っていました。子供も生まれてたくさん写真を撮りたいと思っていたので買おうかかなり迷っていた私。しかし、安いものではないために、「自分でわざわざお金を出して買うものなのかな?」と感じていたのです。

そんなときに、突然、卒業生の仲良し3人組の女の子から電話が来ました。「これから、先生のお家におじゃましてもいいですか?先生への出産のお祝いです!すぐに帰りますから」とのこと。

それから数分後に、卒業生の3人が来たわけですが、その気持ちがすっごくうれしかったです。3人は、お祝いを置いて、すぐに帰りました。中を開けてびっくりしました。まさに、その時私が一番欲しかったデジタルフォトフレームが入っていたのですから。

お祝いの中には、3人からのお手紙も一緒に入っていました。手紙の内容は、「赤ちゃんが無事に生まれて、本当に余良かったですね。これから、かわいいお子さんの写真をたくさん撮ることになると思います。撮った写真をいつでも、見られるようにデジタルフォトフレームに入れて、仕事で疲れたときにお子さんの写真を見て癒されてくださいね。」のようなことが書いてありました。

そんな風に思ってくれる彼女たちの気持ちが、とてもうれしくて思わずウルウルしてしまったことを今でも鮮明に覚えています。本当に教師をやってきてよかったなと思えた瞬間でしたね。

高性能フォトフレームは大活躍!友達の飲み会もフォトフレームがきっかけに

しかもいただいた「デジタルフォトフレーム」はかなり高性能。ただ普通に写真が切り替わるわけではなく、さまざまな効果が付いています。カレンダーと写真を一緒に表示することもできますし、とても便利で良いものです。

もちろん「デジタルフォトフレーム」には子どもの写真も入れて楽しんでいます。今現在も我が家の玄関にはデジタルフォトフレームがあり、家族やお客さんを出迎えてくれていますよ。

手軽に写真を入れ替えられるのもデジタルフォトフレームのいいところ。更には「デジタルフォトフレーム」に入れた写真はfacebookを通じて、お祝いをくれた卒業生たちに「この写真を入れたんだよ!」と定期的にお知らせしています。

このようなやり取りから、今でもメールのやり取りや時々、卒業生主催の飲み会にもお招きいただいております。お祝いというのは、それを通して人と人とのつながりが深まるものだと、改めて感じることができました。今までで一番うれしかった出産祝いの思い出です。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪