これって常識?出産祝いは仏滅に渡しちゃだめ?

「結婚式は大安が良い」「葬式は仏滅に行う」というように、私たちの生活と深く関係しているのが「六曜(ろくよう)」の存在です。実は先日こんな話を聞きました。

落ち込む女性

親戚の家に出産祝いを渡しに行ったらなんと「仏滅」で、怒られてしまった・・・やはり大安に行くべきだったな、事前に確認するべきだったと後悔している。

とのこと。お祝い事ってけっこう「六曜」を気にする人が多いんですよね。そこで大安や仏滅といった六曜の考え方や、最近の傾向などをまとめてみました。

スポンサーリンク

もくじ


1.出産祝いを渡す日程はやっぱり「大安」
2.出産祝いを渡すベストなタイミングとは
3.六曜は関係ない?最近の考え方とは
4.まとめ

知っておきたいマナー!大安に出産祝いを渡すのがベスト

結婚式やお葬式や納骨などに「大安が良い」「友引はだめ」といった話はよく聞きます。そういった六曜って、出産祝いといったプレゼント・贈答品にも関係してくるのでしょうか。

やはり一般常識として考えると、冠婚葬祭以外でも六曜は考えたほうが良いとされています。出産祝いは立派なお祝い事ですから、縁起の良い日の方が好まれるのです。

そもそも「六曜」とは「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の六つがあり、冠婚葬祭や贈答品のやりとりの際にはその日にあった「相応しい日」というものがあります。古くから伝わる占いのようなもので、六曜のいつ執り行うかで「縁起が良い」「縁起が悪い」というものが決まるというもの。

ちなみに、最近のカレンダーは六曜を書かなくなってきているので把握しにくくなってきました。そんな時にはネットで「六曜 今日」などと検索すると先々の六曜がわかるので便利ですよ。

さて、それぞれの由来を解説するととんでもなく長くなるので割愛しますが、何はともあれお祝い事は「大安」を選んでおけば間違いありません。出産祝いを渡しに行くなら「大安」を選ぶのがマナーでしょう。

【ここがポイント】出産祝いを渡す日程は「大安」を選ぶのが一番。

とはいえ、仕事や家の都合で必ずしも大安に日程を合わせられるわけでもないですよね。「大安」以外でもお祝い事・贈答品を渡すのにふさわしい日はあります。それが「先勝」「先負」「友引」にあたります。

ただし「大安」以外で出産祝いを渡しに行くなら、少々時間に気を配りましょう。一日の中でも、お祝い事を渡すのに適した時間があるのです。一覧表にしてみるとこんな感じですね

六曜で見る出産祝いを渡すタイミング
大安・・・一日中OK
先勝・・・午前中が良しとされる
先負・・・午後が良しとされる
友引・・・午前の早い時間が良しとされる

大安は何をするにも「吉」「縁起が良い」とされている最高の日なので出産祝いを渡すには最高の日。先勝は「先に行った方が勝る」と書くので、お祝い事は午前中の方が適しており「先負」は「先に行うと負ける」ということから午後のほうが縁起が良いとされています。

実は「友引」はあまり出産祝いを渡しにいく日としては適していません。午前中の早い時間は「吉」なのですが、時間が経つにつれあまり縁起が良くないといわれているからです。できるだけ早い時間に伺いたいところですが、かえって迷惑になってしまう可能性もあるのであまり出産祝いを渡す日としてはふわさしくないかも。

けっこう細かく分かれているんですね。昔はお祝い事はこの「六曜」と時間帯にはかなり気を配っていたようで、これも社会人としての「一般常識」「マナー」と考えている方も多いです。

ちなみに「仏滅」はお祝い事を行ったり、贈答品を渡すには時間帯を問わずNGとされています。さらに「仏滅」よりも縁起が悪いとされているのが「赤口」です。「赤」が入っているから縁起が良さそうと勘違いしている人も多いのですが、実は仏滅よりも縁起の悪い日なんですね。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

出産祝いを渡す日程、どう決める?常識的なタイミングって?

とはいえ、六曜だけで出産祝いを渡すタイミングを考えるのはNG。出産祝いは更に「生まれてから何日程度経つのか」「母子ともに体調が落ち着いてきたタイミング」も考えなくてはいけません。

最近の傾向としては、出産祝いは生後一週間から一か月経たないうちに渡しに行く・贈るという人が増えていますね。つまり、総合的に考えると「生後一週間から一か月以内の大安に出産祝いを渡しに行く」のが一番良いということになります。

生後一週間というと、ちょうど赤ちゃんの体調も安定してくる頃で名前も決まる頃。帝王切開などでなければ、病院も一週間程度で退院できますしまさに出産祝いを渡しに行くにはぴったりです。

【ここがポイント】「生後一週間から一か月以内の大安に出産祝いを渡しに行く」のが一番良い。

中には「ぜひ生まれてすぐ顔を見に行きたい」「病院へお見舞いがてら出産祝いを渡しに行きたい」という方もいるでしょう。ですが、大人数でおしかけると、病院側に迷惑をかけることにもなります。最近では「近親者以外の面会・お見舞いはお断り」という病院もめずらしくありません。

ですから、生まれたらすぐに赤ちゃんの顔を見たいのはわかりますが、最低でも産後一週間は我慢してあげてくださいね。ゆっくりと出産祝いを選びつつ、ママと赤ちゃんが退院するのを待ちましょう。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

ケースバイケース!出産祝いの日程はママの体調を第一に考えて

ここまで六曜と出産祝いを渡す日程について考えてきましたが、正直なところここまで気にするような人はどんどん減っています。ここ数年は、仏滅でも結婚式を挙げたり籍を入れたりするカップルも急増しているそうです。

まぁ、忙しい現代人にとって「六曜」は「日程を決めにくくさせるもの」になってしまったのでしょう。そんな縁起や六曜のことも頭のすみっこに置きつつ、次のことを考えて出産祝いを渡しに行くとよいですよ。

その1:ママと赤ちゃんの体調

「縁起よりも何よりも、ママと赤ちゃんの体調を第一に考えるべき」という考え方が最近の常識となっています。帝王切開での出産や、保育器を使用しなくてはいけない、退院したもののママの体調が優れないといったケースは少なくありません、

出産祝いを渡しにいくなら、まずは「いつ頃なら伺っても大丈夫?」「体調はどう?」と相手を気遣うのが先決。お互いの日程をすり合わせたうえで、余裕があるなら「大安」「先勝」といった縁起の良し悪しを考えましょう。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

その2:ご実家に行く・親戚が同席する場合には要注意

若い人は「大安だろうが仏滅だろうが変わらないでしょ」と考えがちですが、地域柄や年代・職業によっては「お祝い事は大安に」と考えている人はまだまだ多いです。ですから、ママのご実家や親戚が同席している食事会などで出産祝いを渡す際には「六曜」をチェックした方がよいでしょう。

実は、最初に書いた「仏滅に出産祝いを持って行って怒られた」というケースも、同席していた親戚から指摘されたんだとか。せっかくママは喜んでくれても、後から周りの人に怒られてしまってはなんだかガッカリって感じですよね。

もし、年齢が上の方々がいるシチュエーションで仏滅や赤口に出産祝いを持参しなくてはいけないなら一言付け加えると良いです。「お互い会える日がこの日しかなかったから仏滅になっちゃってごめんね」と一言付け加えるだけでも印象は変わるでしょう。

もしくは「たまたま会える日が仏滅だったから、出産祝いは郵送にさせてもらうことにしたから」というのもありですね。もし大安や仏滅といった縁起を気にする地域・家柄なら日付指定して出産祝いを贈るというのもグッドアイディアだと思います。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

まとめ

いかがでしょう。

①出産祝いを渡す日程は「大安」を選ぶのが一番。「先勝」「先負」「友引」でもよいが、その場合には時間帯に気を付けよう。

②縁起の良し悪しやママと赤ちゃんの体調ことを考えると「生後一週間から一か月以内の大安に出産祝いを渡しに行く」のが一番良い。

③最近の傾向としては大安や仏滅といったことよりも、ママと赤ちゃんの体調や都合を考えるのが最重要。あくまでもママの希望を第一優先に。

私はわりと「入籍は大安にしよう」ということを気にするタイプなんですが、旦那は「仏滅に入籍しても同じだ」というタイプ。考え方はまさには十人十色なんですね。出産祝いは何より気持ちが大切ですから、まずはママの考え方を優先するべきだなと思います。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪