初めての出産・・・地元の友人が贈ってくれた出産祝いは




現在28歳、生後7カ月の息子の子育て中の主婦です。私は主人の仕事の都合で地元から離れた場所で住んでいましたが、初めての出産で心細くて不安もあったので里帰り出産をすることにしました。

幼馴染みである仲の良い友人にだけは里帰りをすることを早めに知らせ、里帰り出産の準備は万端。「さてそろそろ実家に帰るか」と考えていたら破水、あれよあれよと出産することになってしまったのです。

出産したその日のうちに「もう生まれちゃった」と友人に報告すると、入院していた病院にわざわざお見舞いに来てくれました。さすがは地元で一番仲の良かった友人、顔を見れただけでなんだかウルウルしてきた私です。

そして「出産祝い持ってきたよ」と渡してくれた大きな包み紙。わくわくしながら封を開けると、それはトトロのおむつケーキセットでした。

私の大好きなトトロ&名前が入ったタオル!私の好みにドンピシャな出産祝い

おむつケーキの内容は、おむつとフェイスタオルとハンドタオル、そして可愛いトトロのラトルも入っていました。中でも嬉しかったのは、フェイスタオルの端に生まれた息子の名前の刺繍が入っていたことです。

出産報告をした時に性別が男の子であることと名前を知らせていたので、友人は気を利かせて名前入りの品物を用意してくれたとのこと。その後親戚や他の友人からも出産祝いの品物をいくつか頂いていたのですが、名前の入った出産祝いを贈ってくれたのはこの友人だけでした。

しかも私が昔からトトロが好きなことを覚えていてくれて「トトロなら男の子でも可愛く使えるし」とネットでこのおむつケーキを探してくれたそうです。私の好みを覚えてくれていたこと、温かい気遣いに本当に感動したのを今でも覚えています。やはり出産祝いはこういった気持ちが嬉しいですね。

息子も私が喜んでいるのをわかっているかのように、トトロのラトルや名前入りのタオルを愛用し始めていきました。名前の入ったタオルを嬉しそうに持っている息子、ラトルで一生懸命遊ぶ息子、思わず写真に撮り友人へ送ってしまった私です。

山あり谷ありな私の出産!友人の出産祝いが身も心も癒してくれた

母子ともに健康な出産だったものの、出産予定日よりかなり早めに生まれてしまった息子。実は破水してから緊急入院し、急遽帝王切開での出産になったのです。

私にとっては初めての出産だったこともあり、痛いし怖いし赤ちゃんは大丈夫なのか心配で、すごく焦っていたのを覚えています。そんな中なんとか無事に出産を終えて友人へ報告。友人の顔を見たときには張りつめていた緊張の糸が切れたように、ほっとしたのです。

私の好みにドンピシャな出産祝いを持ってきてくれたことも嬉しかったのですが、何より友人の顔を見れたことが何よりのお祝いでした。そして、友人の様々な気遣いにも感謝。やはり持つべきものは友達ですね。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪