手作りの出産祝い!寒い時期のブランケットでした。

29歳で長女を出産した時に家族同然の親友から現金の他に手作りのブランケットをもらってすこぐ感動しました。1月中旬に出産する予定でしたが、クリスマス前に私へのプレゼントと一緒に送ってくれました。

私は妊娠中出産ギリギリまで働いていました。生まれてくる我が子のために何かを手作りしてあげたいと常に思っていましたが、毎日忙しくできませんでした。会話の中でその思いを友達に話していたかもしれません。

忙しい中、作ってくれたと思うと涙が出ます。

友達によると、通販で手作りキットを買い夜時間がある時に少しずつ小学生の娘さんと一緒に縫ったそうです。その友達も子供を3人持つワーキングマザーで、時間が持て余しているわけではありません。私のために世界一つしかないものを作ってくれたのがすごく嬉しかったです。

友達はハンドメイドが上手で、元からよく子供洋服や手提げ袋などを作っています。仕上がりもお店で買うものとほとんど変わらず、お出かけ先で使っても全く恥ずかしくありません。

子供が寒い時期に生まれたこともあり、小さい時はおくるみとして外出に使いました。子供が少し大きくなり温かい季節になってからはお昼寝用としてよく使いました。子供が2歳になった今でもベビーカーで掛け物として使っています。

気持ちがこもっていて、愛情と友情がたくさん詰まった品なのでこれからも捨てることはないと思います。私はすぐ使えなくなる洋服やおもちゃよりもこのプレゼントが良かったです。

私は元々ものを大事に長く使う方で、親しい相手からだったら手作りも全く嫌ではありません。このプレゼントをもらったきっかけに、去年出産した妹のために同じようなキットで手作りのおくるみを作り、大変喜んでもらいました。手作りプレゼントは時間がかかり大変ですが、相手を思いながら作るので作る側も楽しいでです。

やっぱり心のこもったプレゼントが一番だと思います。

出産はお金がかかるのでお祝いにお金や商品券をもらうともちろん嬉しいですが、個人的な意見ですが手間暇を掛けて作った手作りも暖かみがありよいと思います。

手作りはとても悩みますが、親しい仲であれば出産祝いに手作りもいい候補だと思います。一から作るのは大変ですがキットだと必要なものも揃っており、ある程度腕に自信があり時間さえあればチャレンジしてもいいかもしれません。

手作りは重いので要らないと思っても中々捨てられないのは最大のデメリットですが、親しい相手であればある程度色の好みなども知っているので、その心配もなくなります。私が友達からもらったプランケットみたいに必要なもの、長く使えるもの、別の用途にアレンジして使えるものにしてくれると手作りも絶対アリです。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪