友達も身内も赤ちゃん誕生!出産ラッシュ、お祝いは何を贈れば?

結婚ラッシュがやっと終わったと思ったら次は出産ラッシュ、正直お祝いをあげてばかりでつらいですよね。私も1年で6人の友達が出産したときにはびびりました。

・出産ラッシュで出産祝いをあげてばかり。正直財布が厳しいからリーズナブルに抑えたい!

・出産祝いを友達や上司にあげることになったけど、誰に何をプレゼントするべきなのかよく分からない・・・。

出産祝いは贈り手の「気持ち」が何より大切だといわれています。お財布の負担を最小限にしつつしっかり喜んでもらえるような出産祝い選びをしていきましょう。そこでこのページでは出産祝いの上手な選び方や注意点をまとめてみました。

もくじ


1.出産ラッシュでお財布ピンチ!喜んでもらえる&リーズナブルなお祝いとは
2.私の出産時期に友達も出産。出産祝いはあげる?あげない?
3.出産ラッシュで要注意!出産祝いにかぶりやすいプレゼントはコレ
4.まとめ

出産ラッシュでお財布ピンチ!喜んでもらえる&リーズナブルなお祝いとは

お祝いをあげるときに気になるのが「プレゼントの値段」ですよね。出産祝いの相場はだいたい五千円とされており、自分の兄弟・姉妹、孫の誕生の際には一万円以上のお祝いを贈ることも珍しくありません。出産ラッシュではお祝いをあげてばかりでこちらの負担が大きくなるばかり。

お財布の負担が心配なら、赤ちゃんの服や小物をプレゼントするのがベスト。ベビー服やファッション小物は数千円で済むことが多いのです。選び方のポイントをおさえておけば、ママに喜んでもらえる出産祝いとなりますよ。

特にリーズナブルで喜んでもらいやすい出産祝いは「スタイ」「よだれかけ」です。出産ラッシュでじっくり選んでいられないなら、とりあえずスタイの詰め合わせなどを選べばOKだと思います。

スタイは一個あたり数百円で購入することもでき、スタイの詰め合わせは見た目にも華やかになります。しかもスタイはたくさんあっても困らないため、他の出産祝いとかぶってしまっても問題ありません。

スタイと同様に喜ばれるのが赤ちゃん用のリュック「ベビーリュック」です。まだ生まれたばかりでリュックだなんて気が早いような気がしますが一歳にもなれば歩き始め、ベビーリュックが背負えるようになってきます。

実はベビーリュックはかなり実用的でママ達かも好評。ベビーリュックはオムツやタオルといった軽い荷物を入れることができマザーズバッグのスペースを作ることもできる便利なアイテムなんですよ。更にリュックに刺繍で名前を入れられるサービスも人気ですから、予算に余裕があれば刺繍をいれてあげると喜ばれるでしょう。

そして、やっぱり定番はベビー服。新生児向けの肌着やロンパースよりも1歳ごろに着られるようなお出かけ着をチョイスするのが一番ですね。寝巻きやバスローブをプレゼントするという方もいるようです。

できればティーシャツとパンツ・スカートといったセットでプレゼントしてあげたいですが、もっとリーズナブルに済ませたいのであればTシャツと靴下といった組み合わせでもGOOD。特に靴下は使用頻度も高く、お出かけが増えると失くすことも増えてくるのでたくさん持っておきたいと考えているママは多いはずです。

ちなみに世間の出産ラッシュは夏から秋にかけてだといわれています。出産祝いは出産の一ヵ月後に贈るのが一般的ですから秋から冬に出産祝いを贈る人が多いということになりますよね。そうするとどうしても赤ちゃんの防寒具やモフモフのポンチョなどをプレゼントしたくなりますが、要注意。赤ちゃんの成長スピードは様々ですからあっという間にサイズアウトしてしまう危険性があります。季節性の強いベビー服よりもオールシーズン着られるようなTシャツの方が喜ばれるでしょう。

私の出産時期に友達も出産。出産祝いはあげる?あげない?

周りの出産ラッシュでお祝いに悩む方も多いですが、自分自身の出産が周りと重なってしまって悩んでいるというプレママも多いですよね。同年代の友達同士、妊娠・出産のタイミングが重なってしまうことはよくあります。出産時期が近い友達への出産祝いはあげるべきなのでしょうか、それともあげなくても良いのでしょうか。

出産祝いの場合「お互い様」とされることがよくあります。地域によってはお互いにお祝いを贈りあうことは縁起がよくないとされている場合もあるようです。ですから暗黙の了解で出産のタイミングが一年以内に重なっているのであれば「お互いに出産祝いはなし」とされていることが多いんだとか。

とはいえ、相手から出産祝いをもらってしまったという場合もあるかと思います。その場合には出産祝いをもらって一ヶ月以内にお祝いを贈ってあげるようにしましょう。内祝いは不要です。

通常、出産祝いをもらったらお返しとして内祝いを贈るのがマナーですがお互いに出産時期が重なっているのであれば内祝いは省くことが多いのです。もちろんお祝いを贈りあうことはちょっと常識から外れてしまう考え方ですがお祝いをいただいたまま何もしないことが一番失礼となるでしょう。

出産ラッシュで要注意!出産祝いにかぶりやすいプレゼントはコレ

出産ラッシュで注意したいのが他の人との同じプレゼントを贈ってしまうこと。出産ラッシュではついつい周りと同じようなプレゼントを選んでしまいますからね。

よくある出産祝いはおくるみやバスタオル。気づけばバスタオルだらけになってしまったという経験は多いようです。確かにタオルは赤ちゃんのお世話をするにあたって必需品ですが、もうママとパパが用意している場合がほとんどでしょう。

それからおくるみはママによっては「おくるみ不要」「赤ちゃんを上手につつめないからおくるみは使わない」と考えている場合があります。以前は出産祝いの定番であったおくるみですが、育児法やママの考えは時代によって変わっていくのです。

そして新生児向けのロンパースも他の人とかぶりやすいプレゼントのひとつ。せっかくだからすぐに使えるものをプレゼントしたいと考える人は多いのですが、もうロンパースや肌着はたくさんもらっているというママも多いのです。

そして先ほども書きましたが赤ちゃんは1歳までものすごいスピードで成長していくためあっという間にサイズアウトしてしまいます。中にはもらったロンパースが既に小さすぎて着られずに終わってしまったというケースもあるのです。

まとめ

いかがでしょう。

①出産ラッシュにはリーズナブルで喜んでもらえるプレゼントを。スタイやベビー服は定番であり、ママ達からも好評。

②友達同士、お互いに出産時期が近いのであれば出産祝いはなしでもOK。

③タオルやおくるみは他の出産祝いとかぶりやすいため要注意。新生児向けのベビー服も避けよう。

赤ちゃんの誕生は何度あっても嬉しいことですし、とってもおめでたいことです。自分に無理のない範囲で心を込めてお祝いしてあげましょう。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪