ちょっと珍しい出産祝い、でもちゃんと喜ばれるものって何!?

友達や身内、会社関係の知り合いに贈る出産祝いって同じものばかりプレゼントしてしまいがちですよね。他の人とかぶらないようにと考えても、なかなか難しいものです。

・他の人とは違う、ちょっと珍しい出産祝いを贈りたい・・・でも何が喜ばれるのか分からない。

・現金や商品券では味気ない。でも他の人とかぶるようなプレゼントも嫌!珍しくてハイセンスな出産祝いって何?

センスが光るちょっと珍しい出産祝いを贈りたい人にぜひ知っておいてほしい、出産祝い選びのポイントや、実際に喜ばれている出産祝いのプレゼントをまとめてみました。

もくじ


1.珍しい出産祝い・ハイセンスなプレゼントなら便利なベビー用品を
2.ママ向けの珍しい出産祝いはコレ!二人目・三人目の出産祝いにもGOOD
3.珍しい=ウケ狙いではない!出産祝いで意外と困るのはこんなプレゼント
4.まとめ

珍しい出産祝い・ハイセンスなプレゼントなら便利なベビー用品を

他の人とはちょっと違う、珍しい出産祝いを贈りたいなら日常使いできる「あってよかった」なギフトを選ぶのがポイント。具体的に言うと「1歳ごろに使えるようなベビー用品」が喜ばれています。出産祝いというと新生児向けの育児アイテムをプレゼントしたくなりますが、ママ達の声を聞くと「食事ができるようになってから使えるものが助かった」「お出かけが多くなる頃に出産祝いでもらったものが重宝した」という声が多いのです。

特に、意外と好評なのが「ベビーリュック」。ベビー服や靴、ファッション小物は出産祝いの定番ですが赤ちゃんが背負うリュックって珍しいですよね。ですがベビーリュックは珍しいだけではなく、かなり実用的なプレゼントなのです。

ベビーリュックは赤ちゃんが歩けるようになり、公園などへのお出かけが増えるころに使い始めます。もちろん、1歳前後ではまだまだ重いものは背負えません。ですがタオルやおむつといった「かさばりやすい、けど軽いもの」であればベビーリュックに入れて赤ちゃんに背負わせることができます。「自分のものは自分で持つ」という意識も教えることができますし、ママのバッグにスペースもできるためまさに一石二鳥ですよね。

それから「センスがいいな」「珍しいけど嬉しい」と思われるポイントは名前入りのベビーリュックをチョイスすること。今ネットでは安い金額、もしくは無料で名入れのオプションを追加することが可能。名前を刺繍してもらったベビーリュックは他の人とかぶりにくいですし、センスがいいなと思ってもらえる可能性大です。

それから昔から喜ばれているのが赤ちゃんの食器類です。離乳食用の食器やスプーンは喜ばれる出産祝いの定番ともいえます。他にも食事に関係するものでは食事用のエプロンもちょっと珍しい、けど喜んでもらえるプレゼントのひとつ。

「食器なんてありきたりじゃない?」「食事エプロンってスタイ・よだれかけと何が違うの?」と思われるかもしれませんね。確かに離乳食用の食器セットは他の人とかぶってしまう可能性が高いです。ですが、ちょっとしたプレートや赤ちゃんの名前が入ったスプーンなどはいくつかあっても困りません。それに二人目・三人目の出産をしたママは子供によって食器を使い分けたいと考えている場合も多いため新しい食器類をプレゼントするのは喜ばれるでしょう。

ちなみに「食事エプロン」はスタイやよだれかけとは使い方・使用し始める時期が違うためしっかりとチェックしておいてくださいね。スタイやよだれかけは日常的に赤ちゃんにつけておくもので出産祝いでもド定番のアイテム。一方食事エプロンは生後半年ごろから使用し始め、食事のときにのみ使うエプロンなのです。

食事エプロンはスタイと違い食べかすが散らばらないようにポッケがついていたり、撥水性が高いものも多いのが特徴。さらに幼稚園にあがっても長袖タイプの食事エプロンを使ってみたりと、けっこう長く使用し続けるのが食事エプロンなのです。

ちょっと珍しい食事エプロンをプレゼントしたいならドレス風の食事エプロンなんていかがでしょう。エプロン自体がドレスのようなデザインで見た目がとても華やかな食事エプロンがトレンドになってきています。特に結婚式に招待されたり、お出かけ着を着ているときにドレス風の食事エプロンをつけて食事をさせれば洋服を汚すこともなく、写真映えもするのでとっても実用的なのです。

ママ向けの珍しい出産祝いはコレ!二人目・三人目の出産祝いにもGOOD

出産祝いというと赤ちゃんが使うものばかり考えてしまいますが、ママへのご褒美系ギフトも要チェック。出産で一番がんばったママへのプレゼントは出産祝いとしてとっても喜ばれますよ。特に二人目・三人目を出産したママへ出産祝いを贈りたいならママ向けギフトがGOOD。「赤ちゃんのものはお下がりがたくさんあるからもういらない」と考えているママも多いので、ぜひご褒美系のギフトを選んであげましょう。

ママ向けの出産祝いというと保湿クリームが定番。ですが他の人とかぶりやすくなりますし、ちょっとありきたりかも。そんなときにはヘアケアアイテムの詰め合わせをプレゼントしてあげると喜ばれます。

産後は抜け毛やボリューム不足に悩まされる女性が多いのですが、そんなママ向けのシャンプーやヘアブラシはまさに出産祝いにぴったりだといえます。ゆっくりとヘアケアできない忙しいママ、自分用の高いシャンプーなんてなかなか買えません。ですからママ向けのシャンプーやヘアブラシはハイセンスな出産祝いだと思ってもらえるでしょう。

それからママへのバスローブなんかもちょっと珍しい、でも喜んでもらえる出産祝いのひとつ。お風呂上りは着替える暇もないというママは多いです。そんなときにバスローブ一枚羽織って赤ちゃんのお世話ができれば超便利。もし予算に余裕があれば赤ちゃんとママでおそろいのバスローブをプレゼントしても良いですね。赤ちゃん向けのバスローブもデザインが豊富になってきており、定番のベビー服よりも喜ばれると評判。自分では買えない、でもあったら便利なバスローブはプレゼント向きだといえます。

珍しい=ウケ狙いではない!出産祝いで意外と困るのはこんなプレゼント

珍しい出産祝いとは、決して「ユニーク」「ウケ狙い」という意味ではありません。もらって困るものとして「デザイン性の高すぎるベビー服・ポンチョ」「ユニークなデザインのおしゃぶりやおくるみ」があります。

最近ではSNSに投稿したくなるようなベビーアイテムも多いですが、やはり実用性の高いものがベスト。結局後々使えなくなってしまうよなベビー用品よりも「あってよかった」と思われるようなものをプレゼントしましょう。

特に新生児向けのベビー服には要注意。新生児に必要なおくるみやベビー服・肌着は既にママが用意していることがほとんどだからです。もしかわいいベビー服をプレゼントしたいならぜひ大き目のベビー服を選んであげるようにしましょうね。

そして当サイトにはベビー服にまつわる残念なエピソードも多数寄せられています。「赤ちゃん用のポンチョばかりもらってポンチョだらけになってしまった」「ハイブランド過ぎるベビー服をもらったのだが汚すのが怖くてなかなか着せられなかった」「装飾が多過ぎるベビー服で赤ちゃんが動きにくそうだった」などなど。

ベビー服は選び方を間違えなければ喜ばれる・ハイセンスなお祝いになるのですが、ちょっとポイントがずれてしまうと一気に残念な出産祝いになってしまうといことですね。

まとめ

いかがでしょう。

①他の人とはちょっと違う、珍しい出産祝いを贈りたいなら日常使いできる「あってよかった」なギフトを選ぶのがポイント。離乳食開始後に使えるような食器類食事エプロンや、1歳ごろに使えるようなベビーリュックが好評。

②二人目・三人目の出産をしたお祝いにはママ向けのヘアケアグッズやバスローブなどがGOOD。

③ユニークさやデザイン性ばかりで選ぶのではなく、実用性でお祝いを選ぼう。

プレゼントやお祝いってセンスが問われますよね、少しでもオリジナリティのあるプレゼントを贈りたいものです。ですが、出産祝いは何よりも気持ちが大切。ママと赤ちゃんのほしいもの・本当に使えるものを考えてプレゼントしてあげることが何よりも大切だと思います。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪