ユニークな出産祝いを贈りたい!他の人とかぶらないギフトの選び方とは

身内や友達に赤ちゃんが生まれると用意しなくてはならないのが「出産祝い」ですが、他の人と同じようなベビー用品をプレゼントしてしまうことはよくあります。

悩む夫婦

・何かユニークでかわいい出産祝いを贈りたい、でも何を選べばいいのかよくわからない。

・変り種出産祝いをプレゼントしたいが、ママに喜んでもらえる使えるギフトを贈りたい!

「変り種」「ユニーク」だけで終わらない、使えるベビー用品やママグッズの選び方をチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

もくじ


1.他人とかぶらない&便利なユニーク出産祝い!
2.メモリアルな出産祝いでユニークな出産祝いを
3.変り種の出産祝いには要注意!?ウケ狙いだけでギフトを選んじゃダメ
4.まとめ

他人とかぶらない&便利なユニーク出産祝い!

ちょっとユニーク、でもしっかりと役立つアイテムを贈りたいならまずは写真映えする「フォトジェニック系出産祝い」をチェック。SNS大好きなママに喜ばれるようなかわいらしいベビー用品を贈ってみてはいかがでしょうか。

フォトジェニックなベビー用品といえばスタイや食事エプロン。今はドレス風の食事エプロンや、ちょっとした返信ができちゃうおもしろスタイなどなどバリエーションも豊富なので他の出産祝いとかぶりにくいのも嬉しいところですね。スタイやエプロン1着で数千円することも珍しくないため「自分では買いにくいけどプレゼントされたら嬉しい逸品」ともいえます。

次に、他の人とかぶりにくいユニークな出産祝いとして「デジタルフォトフレーム」があります。SDカードなどを本体にいれて、写真をスライドショーにして再生してくれるデジタルフォトフレームは出産祝いでも隠れた人気アイテムなのです。

デジタルフォトフレームは五千円程度のものもあれば一万円以上するものも。写真を再生する以外の機能もついている場合値段が高くなりやすいのですが、数千円のデジタルフォトフレームでも十分。デザインがかわいらしい、ユニークなデジタルフォトフレームもあるので要チェックです。

それからママに喜んでもらいたいならスイーツやジュースといった食べ物も好評。「え、食べ物なんて出産祝いらしくない」と思われるかもしれません。ですが、忙しい新米ママにとって出産祝いでもらった食べ物は意外と助かるという声も多いのです。

例えば、授乳でのどが渇きやすい時期のママにはジュースやゼリーがぴったり。できるだけ砂糖が少なく、果物そのもののおいしさが楽しめるジュース・ゼリーを選んであげましょう。授乳期間中はゆっくりとお茶をする暇もないため、手早く水分と栄養・甘さを摂取できるゼリーやジュースが重宝するということですね。

他にもパスタや缶詰・レトルト食品の詰め合わせも意外と助かったというエピソードも当サイトに寄せられています。確かに、毎日が育児で忙しいとゆっくり料理をしている暇がありません。家族のご飯を作れないときに、ささっと用意できるレトルトや缶詰はあると嬉しいですよね。安いものではなく、ちょっとしたお取り寄せ系のギフトを贈ると喜ばれるでしょう。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

メモリアルな出産祝いでユニークな出産祝いを

ユニークな出産祝いというと「ウケ狙い」的なデザインのベビー用品が多いのですが、おもしろいだけのアイテムはすぐに飽きてしまいますよね。それよりも記憶に残る「メモリアル」な出産祝いの方が喜ばれるかもしれませんよ。

例えば、記念に残るようなファーストシューズはいかがでしょう。ファーストシューズとは生まれて初めて履く靴のことで、海外では「ファーストシューズを玄関に飾っておくと家庭に幸福が訪れる」という風習もあるんですよ。ファーストシューズはちょっといい靴を買ってあげたいと考えているママも多いのです。

特に祖父母やおじさん・おばさんからファーストシューズをプレゼントしてあげるというケースが一般的。自分の娘や息子、兄弟や姉妹に赤ちゃんが生まれたら素敵なファーストシューズを選んであげると記念になりますね。

そして最近では「体験」をギフトとして贈れる体験型のギフトカタログの人気が広がっています。カタログギフトといえば内祝いや引き出物で贈られることが多く、カタログの中から自分の好きな商品を選んで届けてもらうことができるというものですよね。体験型のカタログギフトは好きな商品ではなく、カタログの中からやってみたい「体験」を選んで申し込むのです。

体験型カタログギフトには「親子でできるヨガ教室」や「家族写真の撮影」といった多種多様な体験があります。自分で調べて申し込むのは面倒、でも機会があればやってみたいなと思うような体験がたくさんカタログにまとめられています。

つまり、赤ちゃんと家族の素敵な時間を出産祝いとしてプレゼントするということ。特に一人目の出産は色々とメモリアルな体験をさせてあげたい・一緒に色んな体験をしたいと考えているママが多いため喜ばれるかもしれませんね。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

変り種の出産祝いには要注意!?ウケ狙いだけでギフトを選んじゃダメ

友達や親友への出産祝いは楽しいものを、ウケを狙っておもしろおかしいアイテムを贈りたいという方もいるかと思います。見た目だけでおもしろい、そんなベビー用品はたくさんあります。

ですが「ウケ狙いの出産祝い」「見た目がおもしろいから」という理由でギフトを選ぶと失敗する可能性大。特に注意したいユニークな出産祝いでよくあるものもチェックしていきましょう。

見た目のユニークさ、おもしろさから「おしゃぶり」を出産祝いとしてプレゼントする人もいます。おしゃぶりをするだけでおもしろい表情に変身できるようなかなりユニークなデザインのおしゃぶりが増えてきているからです。ですが、おしゃぶりへの考え方はママによってかなり違いがあるため要注意。

実は赤ちゃんが全員がおしゃぶるをするのではなく、おしゃぶりを受け付けない赤ちゃんもいます。おしゃぶりをすることで将来の歯並びへの影響を心配しているママもいます。ひょっとするとおしゃぶりが使えない赤ちゃん・使わせたくないママであるかもしれない、そんな可能性も考えておしゃぶりは避けたほうがよいかと思います。

それからおもしろいデザインのおくるみも人気。赤ちゃんを包んだだけで食べ物やかわいい動物にさせられる、まさにフォトジェニックなおくるみは見た目も華やか。まさに出産祝いにはもってこいなアイテムのように見えます。

ただし、おくるみもおしゃぶりと同様に注意が必要。そもそも「おくるみ」は新生児のうちに使用し、赤ちゃんを包むことで寝つきがよくなる・安全に寝させられるというベビー用品ですよね。昔は赤ちゃんにとって必需品だったものの、最近では「おくるみは必要ない」「おくるみで赤ちゃんを包むのが面倒」というママが増えてきたのです。

つまり見た目がユニークな「おしゃぶり」「おくるみ」はママの育児方針・考えによっては喜んでもらえない可能性があるということ。やっぱりできるだけ多くのママに喜ばれるベビー用品を出産祝いとしたいですよね。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

まとめ

いかがでしょう。

①他の人とかぶりにくいベビー用品はフォトジェニックなスタイや食事エプロンが好評。他には便利なデジタルフォトフレームや、ママ向けのゼリーやジュースもユニークでGOOD。

②メモリアルで出産祝いとしてファーストシューズを贈る人もおり、記念に残る贈り物となる。ユニークで思い出になる「体験型カタログギフト」も喜ばれるお祝いのひとつ。

③見た目がユニークでおもしろい「おしゃぶり」「おくるみ」をプレゼントする人もいるが、ママの考えによっては不要となってしまう場合があるため注意。

出産祝いは昔から定番の品が決まっており、どうしても同じようなベビー用品ばかりもらってしまいがち。だからこそ、ユニークな・ユーモアのあるプレゼントをあげたいものです。他の人とはちょっと違う、でもきちんとママに喜んでもらえるような出産祝いをプレゼントできるようにしっかりとポイントをおさえておきましょうね。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪