赤ちゃんの初節句、お祝いをいただいたけど内祝いはどうしたらいい?

赤ちゃんが生まれてからはイベント続きですが、中でも「初節句」については様々な疑問を感じている方が多いようですね。身内から初節句のお祝いをいただいてしまうと、マナーやお返しで更に悩んでしまうというパパ・ママも多いようで・・・。

・初節句のお祝いってお返しが必要なの?

・初節句の内祝いのマナーってあるのかな・・・失礼のないようにお返しをしたい!

初節句を迎えるパパとママはもちろん、初節句でお祝いをいただいてどうすればいいか良く分からないというパパ・ママもしっかりマナーをチェックしておきましょう。

もくじ


1.基本情報!初節句ってなに?どんなお祝いなの?
2.初節句にまつわるマナー「お返し=お食事会」でOK
3.お食事にお招きできない場合は?郵送で内祝いを
4.初節句によくある疑問!早生まれの赤ちゃんの初節句はいつ行う?
5.まとめ

基本情報!初節句ってなに?どんなお祝いなの?

そもそも「初節句ってよくわからない」という方のために、簡単におさらいをしておきましょう。初節句は女の子なら3月3日、男の子なら5月5日にお祝いをするもので「生まれて初めて節句の日を迎えられたことをお祝いする」という意味合いがあります。

日本には1月3月5月7月9月にそれぞれ「節句の日」があり、赤ちゃんが初めて迎える節句の日には赤ちゃんの成長と健康を祈っていた風習があったのです。桃の節句の日である3月3日には雛人形を飾り、端午の節句である5月5日には五月人形を飾り家族でお祝いをすることも初節句で行うことのひとつ。

つまり初節句とは家族揃って赤ちゃんの初めての節句の日をお祝いしつつ、これからの健康を祈って行うイベントのことなんですね。身内も一緒に食事を囲んでたくさん写真を撮れば赤ちゃんのよい思い出になります。

初節句にまつわるマナー「お返し=お食事会」でOK

初節句を迎えるころに身内から「お祝い」という形で現金を包んでもらうことがあります。初節句の相場はだいたい五千円程度でしょう。そんな初節句のお祝いをいただいたらお返しはどうすればいいのか悩んでしまいますよね。

初節句ではお祝いをいただいた方を食事にお招きして「お返し」とすることが一般的です。レストランなどを予約してもよいですし、自宅に招待してもGOOD。3月3日や5月5日の前後の日に食事会をセッティングし赤ちゃんを囲んでお祝いをしましょう。食事そのものがお返しとなるのです。必ず用意しなくてはならないものなどはありませんが、いただいたお祝いの半額か三分の一程度の金額がお返しとなるようにしたいですね。

お食事にお招きできない場合は?郵送で内祝いを

初節句のお祝いに対するお返しは、必ずしも品物でなくてはならないということはありません。お祝いを贈ってくれた人たちと赤ちゃんを囲んで食事をすることがお返しにもなるということ。ですが、遠方にいる方からお祝いをいただいたり食事の場を設けることが難しい場合には「内祝い」という形でお返しをしましょう。

出産祝いをもらった場合にも内祝いを贈ってお返しとしますよね。出産の内祝いと同様に、初節句の内祝いも用意すればよいのです。内祝いを贈るタイミングとしては、お祝いをいただいてから一ヶ月以内がベストだと思います。

とはいえ品物選びにも悩んでしまいますよね。初節句の内祝いとして選ばれているのは「お菓子」が多いです。バームクーヘンやクッキー、季節に合った和菓子なども好評で節句の日にぴったりなお菓子も人気ですね。そして、いただいたお祝いの三分の一か半額程度を予算としてお菓子の詰め合わせを選ぶのがマナー。熨斗は「内祝い」とし、水引の真下には赤ちゃんの名前を書いて送ることもマナーとなります。

そして内祝いと一緒にメッセージカードもつけておくと喜ばれます。お祝いに対するお礼と「おかげさまですくすくと成長しています」といった一言を書き、できれば赤ちゃんの写真も贈れたらベストですね。反対にメッセージカードもなにもつけずに内祝いを贈ると「急に贈ってきて失礼だな」と思われてしまうこともあるため要注意。

初節句によくある疑問!早生まれの赤ちゃんの初節句はいつ行う?

「早生まれの赤ちゃんはいつ初節句を行えばいいのだろう」「1月~4月に生まれた赤ちゃんはすぐに初節句が来てしまうけどいいの?」というのは初節句によくある疑問です。確かに、誕生日によっては生まれて一ヶ月も経たないうちに初節句を迎えることになってしまいますよね。

初節句としてお祝いするタイミングは「赤ちゃんが生まれて初めての節句の日」ですから、まだ新生児のうちに初節句をお祝いしても問題はありません。ですが、最近では「翌年の節句の日」にお祝いの席を設ける家庭が多いようです。中には「お宮参りを行わないうちは初節句のお祝いはしない」と考えているいる家庭もあります。

確かに、生まれて半年経たないうちは赤ちゃんも外出に慣れていませんから外食は難しいですよね。おうちにお客さんを招くこともママの負担が大きくなるでしょう。ですから、やはり赤ちゃんが生まれてから半年も経たないうちは初節句のお祝いは先延ばしにした方がよいかと思います。

もちろん、身内には「来年の節句の日にお祝いしようと思います」と伝えておけば問題なし。赤ちゃんのお祝い事はマナーや風習ではなく、ママと赤ちゃんの体調を一番に考えることが重要なのです。

まとめ

いかがでしょう。

①初節句は女の子なら3月3日、男の子なら5月5日にお祝いをするもので「生まれて初めて節句の日を迎えられたことをお祝いする」という意味合いがある。

②初節句のお祝いをいただいたら、食事会の場を設けてごちそうすることでお返しとすることが多い。

③遠方に住んでいる身内からお祝いをいただいた場合や、食事にご招待することが難しい場合には内祝いという形でお菓子の詰め合わせなどを贈ろう。

「初節句なんて、何の意味があるのだろう」「いちいち準備するのが面倒だな」と思われがち。ですが、一生に一回しかない初節句はできる限りのお祝いをしておくと何にも変えがたい良い思いでになるのです。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪