アルバムって出産祝いに喜ばれるの?本当に必要なアルバムって?

赤ちゃんが生まれると一気に増えるのが写真。私の周りでも「アルバムだらけになっちゃった」「ケータイが子供の写真でいっぱい」というママは多いです。出産祝いでもアルバムは定番ですが、こんな疑問を抱えている人もいるようですね。

・アルバムって出産祝いとして本当に喜ばれているの?ぶっちゃけいらない?

・デジタルフォトフレームって便利そうだけど、出産祝いとしてはどう?消耗品の方が喜ばれるのかなぁ。

オムツやベビー服に比べて、アルバムって「絶対必要」というわけでもないですよね。出産祝いに「アルバム」を候補に考えているならぜひ知っておきたい基本&選び方のポイントをまとめてみました。

もくじ


1.出産祝いで贈るならメモリアルなアルバムを
2.デジタルフォトフレームは出産祝い向き?選び方のポイント
3.アルバムをプレゼントするときの注意!買う前にママに確認を
4.まとめ

出産祝いで贈るならメモリアルなアルバムを

アルバムは昔から出産祝いの定番であり、ママ達からも喜ばれている品物です。特に一人目の出産では絶対に必要なアイテムだといっても過言ではありません。出産祝いでアルバムを贈るのなら、ぜひ「特別感」「長くキレイに保管できるもの」を意識して選んでいきましょう。

他のアルバムとは違う特別感を出すなら、名前や誕生日を表紙にいれたアルバムがよいですね。アルバムも様々なタイプがありますが、出産祝いのプレゼントとするなら「名入れ」のサービスは要チェック。表紙に名前や誕生日を刺繍としていれるサービスは、ネットでアルバムを購入するときに簡単に申し込むことができます。

それから、長くキレイに保管できるアルバムということも大切。中でもアルバムのページにフィルムが貼れるような台紙型のアルバムは写真が色あせにくいため大切な写真の保管にはぴったりです。一般的なポケットタイプのアルバムは写真を差し込むだけでまとめられて便利なのですが、空気や明かりによって写真が劣化してしまうのがデメリット。スクラップするように写真がまとめられるアルバムも同様のことがいえます。

台紙型のアルバムは一度写真を貼り付けるとレイアウトを変えることは難しくなりますが、キレイに保管できる数少ないタイプのアルバム。大切に保管しておきたい記念写真をまとめるのにふさわしい、特別感のあるアルバムがひとつあるだけでとってもなのです。

デジタルフォトフレームは出産祝い向き?選び方のポイント

アルバムや写真たても進化して、いまや「デジタルフォトフレーム」が一般的になってきましたね。私も先日友達のママさんのところへ遊びにいったところ、リビングにはデジタルフォトフレームが置かれており赤ちゃんの写真がスライドされていました。

出産祝いとしてもデジタルフォトフレームを選ぶ人が増えています。とはいえ、種類がどんどん増えているのでポイントをしっかりおさえて選ぶことが大切。ずばり、出産祝いでデジタルフォトフレームをプレゼントするなら「シンプルな機能」と「画質」を重視しましょう。

最近のデジタルフォトフレームは「テレビが見られる」「音楽やラジオが聞ける」といった機能性が高いタイプもあります。ですが値段が上がってしまいますし、ママとパパが多くの機能を使いこなせない可能性大。SDカードやパソコンから簡単に写真が転送できて、シンプルに写真がスライドするだけのデジタルフォトフレームで十分なのです。

シンプルなデザインで、7~10インチ程度の大きさがあればちょうどよいと思います。特に、機械の扱いが苦手なママは多いため、操作がストレスにならないようにしましょう。

そして何より大切なのが「画質」です。ついついデザイン性や機能性ばかり注目してしまいがちなのですが、赤ちゃんの写真がキレイに映るものを選ぶことが大切。写真をキレイに撮りたいというこだわりが強いママには800×480ピクセル程度のものが喜ばれるでしょう。

ちなみに、デジタルフォトフレームって今までの写真たてやアルバムとは違って電気代がかかってしまうのが最大のデメリット。できるだけ電気代がかからないタイプのものをプレゼントすると喜ばれますよ。一日10円以下でスライドできるようなデジタルフォトフレームだといいですね。

アルバムをプレゼントするときの注意!買う前にママに確認を

アルバムを出産祝いとしてプレゼントするときに注意したいことは「他の人とかぶらないようにすること」です。アルバムは2~3冊程度あっても使い道がありますが、デジタルフォトフレームは複数台いりませんよね。買う前に「アルバムをプレゼントしたいんだけどもう用意している?」「デジタルフォトフレームってもう持ってる?」というようにママやパパに一言聞くのがベストです。

それから予算の設定も大切。出産祝いといえば友達同士で数千円から五千円、身内で五千円から一万円が相場となっています。アルバムやデジタルフォトフレームはついつい相場よりも高くなってしまいがちなので注意しましょう。

あまり高い出産祝いだと「お返し」の準備も大変になってしまいます。一万円程度のプレゼントは友達何人かと連名にすると買いやすくなりますね。デジタルフォトフレームだと何人かでお金を出し合って、より高画質で高性能なものをプレゼントするというケースも増えています。

まとめ

いかがでしょう。

①アルバムを出産祝いとしてプレゼントするなら「特別感」「長くキレイに保管できるもの」を意識して選ぼう。アルバムのページにフィルムが貼れるような台紙型のアルバムは写真が色あせにくいため大切な写真の保管にはぴったり。アルバムの表紙への名入れサービスも要チェック。

②デジタルフォトフレームも出産祝いの定番となっており、シンプルな機能で画質がキレイなものがベスト。

③アルバムやデジタルフォトフレームは複数個あると困ってしまうため、買う前にママに確認することが大切。

赤ちゃんの成長はあっという間ですから、たくさん写真に撮って素敵なアルバムに保管しておきたいですよね。アルバムやデジタルフォトフレームは、元気な赤ちゃんの誕生をお祝いするにはまさにもってこいの品物だと思います。ぜひ赤ちゃんとママのことを考えながら、楽しんでお祝い選びをしていきましょう。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪