ベビー食器がプレゼントに大人気!でもどうやって選べばいいの?

当サイトには出産祝いにまつわるエピソードが多数寄せられているのですが、中でも「離乳食用の食器」「ベビー食器」はママたちからもかなり喜ばれています。昔からの定番プレゼントのようですね。ですが、今はベビー食器の種類は多く選ぶのに迷ってしまうという方も多いみたい・・・。

・離乳食用のベビー食器をプレゼントしたいけど、どう選べばいいか分からない!

・ママに喜んでもらえるベビー食器ってどんなもの?どんな種類があるの?

ベビー食器の種類や選び方、本当にママに喜ばれるポイントを一気にチェックしていきましょう。

もくじ


1.離乳食スタートに必須のベビー食器!重要なのは「素材」
2.付属品も要チェック!離乳食が作れる調理食器やマグも好評
3.お食い初め用の食器セットをプレゼント・・・その前にママにしっかり確認を
4.まとめ

離乳食スタートに必須のベビー食器!重要なのは「素材」

離乳食用のベビー食器は生後半年程度から使い始める、育児には欠かせないアイテム。一人目の出産はもちろんのこと、二人目・三人目が生まれたときのお祝いにもベビー食器は重宝されています。やはり赤ちゃん一人に食器は一セット必要ですからね。さて、出産祝いにベビー食器をプレゼントしたいなら「素材」で選びましょう。それから、食器をちょこちょこ買い足すことがないように、セットになっているものをプレゼントするのがベスト。

まず、ベビー食器は使われている素材によって特徴が変わってきます。大きく分けると3タイプ「プラスチック製」「陶器・磁器製」「木製」。

では、一体どのタイプが喜ばれているのでしょうか。ベビー食器をプレゼントするなら「プラスチック製」を買えば問題ないと思います。特に「電子レンジ使用OK」「食器洗い機対応」というタイプがベスト。ベビー食器に使われているプラスチックはポリプロピレンやメラミンといったものが使用されている場合が多く、軽くて扱いやすいのが特徴。ベビー食器は軽くて使いやすいこと、暖め直しが簡単にできること、お手入れが簡単であることが需要なのです。陶器・磁器製や木製のベビー食器はレンジに対応していないことも多いため要注意。

ですが、プラスチック製のベビー食器にもデメリットはあります。それは「軽すぎる」「動きやすい」「赤ちゃんが投げてしまうことがある」ということです。

赤ちゃんはまだまだ上手にお皿を固定しながら食べることができません。最初はママやパパが食べさせてあげていても、ちょっと目を放した隙にお皿にいたずらすることもあるでしょう。そのときにプラスチック製のお皿だと軽すぎてすぐに動いて中身がこぼれてしまいますよね。中にはお皿を固定させるための「すべり止め」「食器用吸盤」が付属されているベビー食器セットもあるので要チェックです。

ちなみに木製や陶器・磁器製のベビー食器のメリットは「デザイン性が高い」「木製は安心して赤ちゃんに使える素材」「陶器・磁器は重く倒れにくい」という点が上げられます。更に陶器だとオーブンにも使えるという場合もあり、傷もつきにくいため衛生的でもありますね。

ですが、木製のベビー食器はとにかくアフターケアが面倒。濡れたままにしておくとカビが生えてしまうのが木製食器の厄介なところです。

そして陶器・磁器は重くてちょとのことでは倒れませんが、割れてしまう点が最大のデメリット。赤ちゃんが食器を投げて割れてしまったら危険です。やっぱり安全でアフターケアも楽な方が喜ばれるでしょう。

付属品も要チェック!離乳食が作れる調理食器やマグも好評

出産祝いでベビー食器をプレゼントするなら、セット内容もしっかり確認しましょう。一般的なベビー食器のセットは深めのボールにプレート、スプーンとフォークがついていることが多いです。3〜5点セットで三千円から五千円程が相場ですね。

赤ちゃんの初期の離乳食はおかゆやペーストが多いためボールが活躍します。それから数ヶ月するとつかみ食べをするようになり、ご飯とおかずがのせられるプレートを使うようになるのです。

ちょっと予算に余裕があるなら、調理食器やマグもついているセットを選んであげると更に喜ばれるでしょう。離乳食セットにフルーツや野菜をすりつぶす器や、小さな裏ごし器などが付属されているタイプもあります。

すりおろし器や裏ごし器って一般的なものだと大きすぎて、少量の離乳食を作るのには不便ですよね。ベビー食器に付属されているような調理食器は赤ちゃんが食べる分だけすりおろしたり、こしたりできるため便利なのです。

そしてマグもコップで上手に飲めない赤ちゃんにとっては必需品。離乳食の調理から飲み物のマグまで全てまとめてプレゼントすればママも大助かりでしょう。

お食い初め用の食器セットをプレゼント・・・その前にママにしっかり確認を

赤ちゃん用の食器セットには「お食い初め」のための食器もあります。お食い初めは赤ちゃんが食べるものに一生困らないようにと願いを込めて行う風習のひとつで、用意する食べ物も決まっており食器を新調する家庭も多いですよね。最近の食器セットにはお食い初め用の歯固め石もついてるんだとか。

「記念のお食い初めの食器をプレゼントしよう」と考える方もいるかもしれませんが、それはちょっと待った。その前に必ずママとパパに確認をとりましょう。地域によっては食器は母方の両親が用意するなど、準備にも決まりごとがあるのです。行事にまつわるアイテムは家庭によって準備の仕方が違います。特に友達同士で出産祝いを贈りあう場合には、日常的に使用するベビー用品をチョイスするようにしましょう。

まとめ

いかがでしょう。

①ベビー食器を出産祝いにプレゼントするなら素材や利便性を重視しよう。お皿が数点とスプーン・フォークがセットになっているものがGOOD。

②ベビー食器は大きく分けると「プラスチック製」「陶器・磁器製」「木製」の3タイプあり、電子レンジや食器洗い機に対応したプラスチック製がベスト。木製はお手入れが大変で、陶器・磁器は割れる危険があり電子レンジに対応していないことも多い。

③お皿以外にも調理用食器やマグがセットになっているものも好評。野菜やフルーツをすりつぶしたり、ペーストにできる小さいサイズの調理器具は離乳食作りに便利。

離乳食が食べられるようになると成長を感じますよね。生まれたばかりだと「離乳食なんてまだまだ先」「出産祝いに食器だなんて気が早いな」と思われるかもしれませんが、お祝いに食器をもらっておいて助かったというママの声が多いです。赤ちゃんが使いやすいこと、ママが用意しやすいことを考えながら食器を選びましょう。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪