ベビー服、種類多すぎ・・・違いを教えて!

出産・子育て経験のない私にとってベビー服選びは「?」の連続でした。ベビー服って種類が多くて、びっくりしますよね。

・ベビー服の違いがよく分からない。ロンパースとカバーオールって違うの?違いって何?

・新生児向けのベビー服ってどんなものが便利?ツーウェイオールとベビードレス、どっちがいい?

そこで今日は、プレママや出産祝い選びをしてる方にも知ってほしい「ベビー服の違い」をまとめてみました。ロンパースやカバーオール、ベビードレスにツーウェイオールといった違いの分かりにくいベビー服を中心に解説します。

もくじ


1.新生児から1歳児まで大活躍。ロンパースとカバーオールの違い
2.オムツ替えしやすい新生児向け!ベビードレスとツーウェイオール
3.ベビー服選びのポイント!プレゼントするなら80センチを目安に
4.まとめ

新生児から1歳児まで大活躍。ロンパースとカバーオールの違い

ベビー服選びでダントツで多い疑問が「ロンパースとカバーオールの違いって何」というものです。ロンパースもカバーオールもひとつなぎになっているベビー服ですよね。

ロンパースとカバーオールの違いは「肌着かアウターの違い」です。ロンパースは袖やズボン部分の丈が短く、肌着として使用することが多いベビー服、カバーオールはアウターとして使えて袖やズボン部分の丈もバリエーションがあります。暑い季節なら室内はロンパース一枚でも十分。寒い季節にはロンパースの上にもう一枚着せたり、カバーオールを着るなら下には短い丈の肌着を着せるといった工夫をした方がいいでしょう。

長袖タイプでも「ロンパース」と表記されていることもありますが、基本的にロンパースはおでかけの際のアウターというよりは部屋着というイメージですね。サイトやベビー服のメーカーによって「ロンパース」と「カバーオール」の違いが微妙に違う場合もあります。

そして、赤ちゃんに着せる期間もロンパースとカバーオールでは微妙に違います。ロンパースは新生児から首が据わるまでの期間着せるママが多く、それ以降は肌着とカバーオールの組み合わせに変わってきます。生まれて半年程度は外出の機会も少なくロンパースだけでも快適に過ごせますが、首が据わってしっかりしてくればカバーオールでお出かけしやすくなるのです。

オムツ替えしやすい新生児向け!ベビードレスとツーウェイオール

ロンパースとカバーオールの違いについて簡単に説明しましたが、生まれたての赤ちゃんにはベビードレスやツーウェイオールの方が便利かもしれません。ベビードレスとツーウェイオールはとてもよく似ていますが、決定的な違いがあります。

まずベビードレスはドレスオールとも呼ばれているワンピース型のベビー服で、生まれたての赤ちゃんが着る定番のベビー服。ズボンがないためオムツが換えやすいという点がベビードレスタイプの最大のメリットです。お腹が出ちゃったり、はだけるということもありません。

一方ツーウェイオールはベビードレスのように使うこともでき、ロンパースのように使うことができます。ツーウェイオールは一見ベビードレスのように見えるのですが足部分にボタンがついており、ボタンをとめればズボンのように着せることができるのです。

ベビードレスは新生児の1ヶ月程度した使えませんが、ツーウェイオールはもっと長くつかうことができるため便利。サイズアウトしてしまうのがベビー服の悲しいところですが、ツーウェイオールのように着せ方を変えることができるのではすごくいいですよね。出産祝いとしてもベビードレスよりはツーウェイオールやカバーオールの方が喜ばれるでしょう。

ベビー服選びのポイント!プレゼントするなら80センチを目安に

出産祝いといえばベビー服、定番中の定番ですよね。ですがサイズが小さすぎると「ぜんぜん着られずに捨てることになった」という悲しい結末になってしまいます。ママと赤ちゃんに喜んで使ってもらうためには、ベビー服は80センチのものをプレゼントしましょう。かわいいロンパースやカバーオールをプレゼントするときにも80センチを基準に選ぶといいですね。

ママが嫌うのは「すぐにサイズアウトしてしまう服」です。しかも、生まれてすぐに必要な肌着はママが既に用意していることが多いため、新生児向けの肌着などはプレゼントとしてあまり喜ばれません。

ずばり、出産祝いで好評なのは「一歳ごろに着られるアウターとズボン・スカート」。手足の動きもどんどん活発になり、お出かけも楽しくなる一歳ごろの洋服って買い揃えていないママが多く「出産祝いでもらえると助かる」という声も多いのです。

ベビー服のサイズは身長で決まっており、だいたい50センチから90センチまで10センチずつサイズが設けられています。80センチはちょうと平均的な一歳児の身長で、成長の早い赤ちゃんだと10ヶ月程度で80センチに到達する場合もあります。

小さいベビー服は着られなくなってしまえばおしまいですが、ちょっと大きいくらいならいずれ着られるタイミングがやってきます。出産祝いなどでベビー服をプレゼントするときは「今はちょっと大きいけど、もう少ししたら着られる」というサイズがベストです。

それから、飾りが多いベビー服や色が派手なベビー服、ハイブランドなベビー服もママを困らせてしまうため注意。ベビー服はシンプルが一番、落ち着いた色みのもので肌触りのよいものを選びましょう。

飾りがたくさんついているベビー服は赤ちゃんが動きにくいというデメリットもありますし、ママの好みに合わないという危険性もあります。ハイブランドなベビー服は「もったいなくて着せられない」「すぐに汚してしまいそう」という理由であまり着てもらえないケースも多いです。出産祝いや赤ちゃんへのプレゼントの相場は五千円前後ですから、ベビー服を買うときにもこの相場を意識して選ぶとよいと思います。

まとめ

いかがでしょう。

①ロンパースとカバーオールの違いについて・・・ロンパースは袖やズボン部分の丈が短く、肌着として使用することが多いベビー服、カバーオールはアウターとして使えて袖やズボン部分の丈もバリエーションがある。

②ベビードレスはドレスオールとも呼ばれているワンピース型のベビー服で、生まれたての赤ちゃんが着る定番のベビー服。ツーウェイオールはベビードレスのように使うこともでき、ロンパースのようにも着せることができる。

③ベビー服をプレゼントするならサイズは80センチのものを選ぶと喜ばれる。1歳ごろにお出かけで着られるようなベビー服がGOOD。

ベビー服って小さくてかわいくて、見ているだけでも癒されます。赤ちゃんが身に着けるものだからこそ、ママもベビー服選びには色々とこだわりがあります。ベビー服をプレゼントするならまずサイズは大きめにして、安全性や素材感のよいものを選ぶことが大切ですね。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪