友達・ご近所さん・ママ友へ、出産祝いに何か軽いプレゼントを

しっかりした出産祝いを贈るような間柄ではない、けど出産したのなら何かしらプレゼントをあげたいな・・・職場の知り合いやご近所さん、ママ友への出産祝いってこんなことを考えてしまいがちですよね。

悩む女性

・ちょっとした、軽いものを出産祝いのプレゼントにしたいんだけど、予算はどれくらいがベスト?

・軽いものを出産祝いのギフトとして贈りたい、でもお返しや内祝いなんて気にしないでほしい・・・どんなものを贈ればいい?

「ちょっとした軽いもの」「お返しなど気を遣われないもの」って意外と難しいものです。簡単なポイントをおさえて、スマートにプチギフトを贈りましょう。

スポンサーリンク

もくじ


1.軽い出産祝い用プチギフトの上手な贈り方
2.500円で買える出産祝い用のプチギフトとは
3.1000円で買える出産祝い用のプチギフトとは
4.ママから不評・・・残念な出産祝いの意外な共通点はこれ!
5.まとめ

お返しなんていらないよ!軽い出産祝い用プチギフトの上手な贈り方

出産祝いを贈る上で大切なことは予算設定と贈るタイミング。しっかりとした出産祝いだとどうしても内祝いを考えなくてはいけないですし、出産祝いは早すぎても遅すぎても失礼になってしまいます。

まず「お返し不要」「何か軽いもの」をプレゼントしたいなら予算は五百円から千円程度がちょうどいいです。五百円や千円程度のギフトにはお返しがないことがほとんどですし、「ほんの気持ち」というギフトにはちょうどいい予算なのです。

ちなみに、一般的には出産祝いといえば五千円から一万円が相場といわれており、お返しはその半額程度の品物を贈るのがマナー。内祝いは出産祝いをいただいたお返しとして贈るギフトの形式で、タオルやお菓子などを「内祝」という熨斗紙をかけて贈るママが多いですね。

そして、出産祝いを贈るタイミングは産後一週間から一ヶ月がベストとされています。もし、産後すぐに会える機会があるのであれば用意したギフトをプレゼントしましょう。ですがしばらく会えそうにないのであれば無理に渡しに行く必要はありません。ほんの気持ち、ちょっとしたギフトは会えるタイミングで「遅くなってしまったけど」と一言添えてプレゼントすれば問題ないでしょう。

ですが、早すぎる出産のお祝いはNG。出産した後になかなか会えないからといって妊娠中にちょっとしたギフトを贈ることはマナー違反になります。妊娠・出産は最後まで何が起こるか分からないため、無事に出産したという報告を聞いてからギフトを用意することがマナーとされているのです。

最近では「妊娠祝い」という言葉もメジャーになってきており、産休に入る前の社員にプレゼントを渡すというシーンも増えてきているようですね。ですが、本来これはマナー違反であり快く思っていない女性も多いため要注意。ちょっと遅めの出産祝いは一言添えればセーフですが、早すぎるギフトは控えるようにしましょう。

つまり、ほんの気持ち程度のプチギフトを用意するなら予算は五百円から千円程度として、出産の報告を聞いてから用意することがポイント。この二つのポイントがおさえられていれば、失礼になることもなく、必要以上に気を遣わせることもなくなってきますよ。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

500円で買える出産祝い用のプチギフトとは

では、五百円程度で用意できる出産祝い用のギフトとはどんなものでしょうか。赤ちゃんが身につけるちょっとした小物をプレゼントするとよいと思います。

例えば、出産祝いの定番でもある「スタイ」や「靴下」です。どちらもリーズナブルで、しかも赤ちゃんの必需品であるためちょっとした・軽めのプレゼントにはぴったり。

スタイとはよだれかけで、今は形状やデザインがかなり豊富になっています。デザイン性の高いスタイは1つ千円以上する場合もありますが、シンプルなものなら一個数百円で買えるでしょう。スタイは毎日のように使うものですから他の人とかぶっても困らず、ママ達にも喜ばれているギフトのひとつです。

それから、赤ちゃん用の靴下はお出かけが多くなると大活躍するアイテムであり、とっても失くしやすいためプレゼントすると喜ばれます。プレゼントする靴下のサイズは9センチから13センチのものがよいでしょう。ちょうど生後半年~一年の赤ちゃんが履けるサイズです。

新生児のうちは靴下はあまり必要としませんし、靴下や靴が活躍するのはお出かけする機会が増える一歳ごろとなります。靴下はちょっと先に使うアイテムですが、意外と「あってよかった」「もらっておいてよかった」と思われるアイテムでもあるのです。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

1000円で買える出産祝い用のプチギフトとは

千円程度の予算であれば選べるものもぐっと増えてきます。特にママ向けのギフトが喜ばれるでしょう。軽めのギフトでママ向けのものであれば「食べ物」「飲み物」「保湿クリーム」が定番。出産で一番がんばったママへ、あると便利なものをプレゼントしてあげてはいかがでしょうか。

もし食べ物をあげるのであれば、おやつに食べられるゼリーやジュレがよいですね。授乳をさせているママはすぐにのどが乾くし、小腹も減ります。それなのに赤ちゃんのお世話でゆっくりオヤツを食べる余裕もありません。手軽の食べられるゼリーやジュレが少しでも冷蔵庫にあれば便利ですよね。

他にもスープやハーブジュース・ハーブティーも定番。お湯だけで簡単に作れるスープは忙しい育児の合間にも食べやすいです。ハーブジュースやハーブティも、授乳中のママ向けにブレンドされている商品が増えているので要チェック。出産祝いでもらったことをきっかけに、リピート買いするママもいるんだとか。

そして保湿クリームやオイルをプレゼントするなら、赤ちゃんも使えるようなタイプだと喜ばれます。オムツの取替えは意外と手が荒れますし、乾燥する季節は赤ちゃんの肌もすぐ荒れてしまいます。ママと赤ちゃんへの保湿アイテムは必需品であり、プレゼントされて嬉しいアイテムでもあるのです。

ちなみに、季節によっては虫除けスプレーもアリですね。小さなボトルでもよいので、赤ちゃんへも安心して使えるようなハーブ系の虫除けアイテムをプレゼントしてあげれば重宝されます。夏生まれの赤ちゃんへのギフトとしては要チェックです。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

ママから不評・・・残念な出産祝いの意外な共通点はこれ!

最後にちょっと不評な出産祝いもみておきましょう。ママからあまり喜ばれない残念なプレゼントって、だいたいパターンが決まっています。ずばり「サイズが合わない・すぐにサイズアウトしてしまう」「お祝いでたくさんもらいすぎてしまった」というものです。

よくあるのはベビー服でサイズが合わないというパターン。特に新生児用のロンパースやはすぐにサイズアウトしてしまいますし、既にママが用意していることがほとんどです。「今すぐ役に立つものを」と考える方が多いですが、出産祝いで喜ばれているギフトは一歳ごろに活躍するようなベビー用品も多いんですよ。すぐに使えるかどうかではなく、いざというときに役立つものや長く使ってもらえるものの方が喜んでもらえるのかもしれません。

それから、バスタオルやおくるみも「もらいすぎた」「たくさんあって困る」と思われてしまう残念ギフトのひとつ。バスタオルやおくるみは出産前に買っているママは多いですし、どうしてもお祝いとしてもらう機会が多くなるためかえって不評になってしまうようです。

ポンチョタイプのベビー服も、意外と扱いに困るようです。使える期間が短いですし、他の出産祝いとかぶると収納にも困ってしまうんだとか。確かにポンチョばかりもらっても、使い道に困ってしまいそうですね。出産祝いをあげるなら「サイズアウトしにくいもの」「消耗品」がベストだと思います。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

まとめ

いかがでしょう。

①ほんの気持ち程度のプチギフトを用意するなら予算は五百円から千円程度として、出産の報告を聞いてから用意することがポイント。

②五百円程度のプチギフトなら、スタイや靴下といった小物が定番。靴下は生後半年から一歳になるまでに履けるようなサイズがベスト。

③千円程度のプチギフトならママ向けのギフトが定番。保湿アイテムやちょっとしたゼリーやハーブティは好評。

「ほんの気持ちだから」というプレゼントって、もらうと心がほっこりしますよね。産後でバタバタなママだからこそ、ちょっとしたプレゼントが嬉しく感じられるのです。せっかくならママに「もらってよかった」と思われるようなギフトを、ママの気持ちになって考えてみましょう。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪