女の子の出産!出産祝いはピンク系の服?それとも実用的なアイテム?

身内に赤ちゃんが生まれた・友達がママになったという報告は自分のことのように嬉しいものです。女の子が生まれた場合にはやっぱりキュートでプリティなプレゼントにしたいですよね。

・女の子が生まれたママへの出産祝い、どんなものが喜ばれるかな?やっぱりピンクでフリフリのベビー服?

・女の子の赤ちゃんへ贈る出産祝い、かわいいものと実用的なものどっちが喜ばれる?

女の子向けのベビー用品は本当にバリエーションが豊かで、選ぶ楽しみもあるのですが色々と悩んでしまいがち。ママに喜ばれるポイントをしっかりとおさえて出産祝いを用意しましょう。

もくじ


1.女の子の赤ちゃんへの出産祝い、定番のベビー服を選ぶときのポイント
2.出産祝いで差をつけるなら!ママとお揃いのアイテムをプレゼント
3.二人目・三人目の出産祝いは何が喜ばれる?
4.まとめ

女の子の赤ちゃんへの出産祝い、定番のベビー服を選ぶときのポイント

女の子のベビー用品といえば「ピンク」「フリフリ」。ピンクでフリフリのベビー服、フリフリのドレス風スタイ、ヘッドアクセサリーを思い浮かべる人が多いでしょう。実際、女の子の赤ちゃんをもつママにはベビー服が好評。ですが、女の子の赤ちゃんが生まれたときに贈るお祝いは見た目だけで選んではダメ。ベビー服を出産祝いとしてプレゼントするなら「サイズ」に気をつけて選びましょう。

出産祝いでベビー服を贈るならサイズは70~80センチ程度のものが喜ばれており、肌着などではなくシャツとスカートやパンツなどをセットにしてプレゼントするとGOOD。ハイブランドだと日常使いしにくいので、出産祝いの相場に合った五千円から一万円を予算とするとちょうどいいですね。

当サイトにも女の子の赤ちゃんをもつママから出産祝いに関するエピソードがたくさん寄せられています。やはり女の子の赤ちゃんだとかわいいベビー服をもらう機会が多いようです。そんな「ママたちに喜ばれている出産祝い」の共通点はずばり「サイズがちょっと大きめのベビー服」ということ。生まれてすぐに使うロンパースや赤ちゃんの肌着は既にママが用意していることが多いため、プレゼントするなら1歳ごろに着られるような70から80センチくらいのベビー服がちょうどいということなのです。

反対に残念だったベビー服・出産祝いでもらったけど着なかったベビー服は「小さすぎるベビー服」「サイズが小さすぎて結局着られなかった」というようなものがほとんどでした。それから新生児のうちでしか使わないようなポンチョやヘッドアクセサリーもあまりママ達から喜ばれていないようです。やはり出産祝いでファッションアイテムを贈るなら「ちょっと大きめのサイズ感」のものを選び、お出かけで活用できそうなものを選ぶことが大切ですね。

【ココがポイント!】女の子への出産祝いといえば定番はベビー服。サイズは70~80センチがベストで、女の子の赤ちゃんだからといってかわいらしさだけでベビー服を選ぶと失敗する可能盛大。

→「出産祝いにベビー服!どのサイズがGOOD?上手な選び方とは?」詳しくはこちら。

女の子の赤ちゃん=ピンクの服?デザインはシンプルがベスト

ベビー服を出産祝いとして贈るなら一番大切なことはサイズ感、ですがもう一つ考えなくてはいけないのが「色」「デザイン」ですよね。ママの趣味に合うベビー服を選ぶのは大変なことですが、無理にママの趣味に合わせる必要はありません。ベビー服選びで考えるべきポイントさえおさえていれば良いのです。

考えがちなのが「女の子の赤ちゃんだからピンクのベビー服にしようかな」ということですが、ベビー服は色で選ぶより素材やデザインで選びましょう。「女の子=ピンク色」ではなく「できるだけシンプルで動きやすいデザインかどうか」「赤ちゃんが安心して身につけられるような素材かどうか」ということが出産祝いを選ぶポイントになります。

女の子の赤ちゃんだからといってフリフリな服を選んでいては、かえって赤ちゃんが動きにくいデザインの洋服を買ってしまうかもしれませんよ。それに「派手すぎる色合い」もママを困らせてしまう可能盛大。むしろできるだけ装飾が少なく、シンプルなシャツやスカート、ワンピースの方がママ達には好評なのです。淡い色合いや性別問わず着られるような色のベビー服であれば二人目や三人目の赤ちゃんにも着られますよ。女の子だとかわいらしさを重視したくなりますが、やはり長く使えるかどうかママの身になって考えてみましょう。

出産祝いで差をつけるなら!ママとお揃いのアイテムをプレゼント

定番の出産祝いを贈るのもよいですが、仲の良い親友や大切な兄弟・姉妹へ贈る出産祝いならもうちょっと工夫したいところ。「女の子の赤ちゃんだからといってかわいいベビー服を贈るなんてちょっとありきたりすぎる」「ほかの出産祝いとちょっと差をつけたい」と考えている人も多いと思います。

女の子の赤ちゃんらしいかわいいアイテムで、ママにも喜んでもらえる出産祝いを贈りたいなら「お揃いファッションアイテム」はいかがでしょう。例えば、お揃いのバッグ・リュックは好評。子育てママの必需品ともいえる「マザーズバッグ」と赤ちゃんが歩けるようになると活躍する「ベビーリュック」をセットでプレゼントするのです。

「マザーズバッグ」とはママがお出かけのときにタオルやおむつ・ミルクや赤ちゃんの着替えを入れるための大きめのバッグのことで、トートバッグのタイプやリュックタイプなどデザインは様々。赤ちゃんとお出かけするようになる生後半年~一歳ごろに活躍し始めるかと思います。マザーズバッグは出産祝いで喜ばれるプレゼントの隠れた定番アイテムなのです。

そしてベビーリュックも意外と利便性が高く、当サイトでも出産祝いでプレゼントされたというママが多数。オムツやタオルといった軽いけどかさばるものはベビーリュックに入れて赤ちゃんに背負わせておくとママのバッグに余裕ができるため便利なのです。

ですから、そんなあると便利なマザーズバッグとベビーリュックをセットでプレゼントすればほかの出産祝いとちょっと差がつけられますし、ママにもきっと喜んでもらえることでしょう。更にそれぞれのバッグに名前やイニシャルを刺繍してもらえばオリジナリティも更にアップ。ネット通販では出産祝い用に名入れサービスが充実しており、低価格もしくは0円で刺繍をいれてもらえる場合もありますよ。

【ココがポイント!】ママと赤ちゃんでお揃いのアイテムをプレゼントすると特別感・オリジナリティがアップ。マザーズバッグとベビーリュックをセットでプレゼントすると喜ばれる。

→「マザーズバッグで素敵な出産祝いを!喜ばれるポイント、まとめました」詳しくはこちら。

二人目・三人目の出産祝いは何が喜ばれる?女の子らしいアイテムより実用的なものを

女の子の赤ちゃんなら「ピンクの服」「かわいいおもちゃ」「フリフリのファッション小物」をプレゼントすれば喜ばれるのでしょうか。特に、二人目・三人目を出産したベテランママさんへ贈る出産祝いを選ぶときには「デザイン」だけではなく「利便性」に注目しなkればなりません。一人目で女の子を出産したママは見た目がかわいらしいものをそろえて句なるものの、二人目・三人目となると考え方は変わります。

二人目・三人目の出産でお祝いを贈るなら実用的なものや消耗品が喜ばれます。オムツやおしり拭きといった消耗品、離乳食用のスプーンや食器といった実用的なベビー用品を贈ると喜んでもらえるでしょう。

特に、赤ちゃん用の食器はお古だと衛生的ではありませんし、年齢の近いお兄ちゃんやお姉ちゃんがいると新調する必要が出てきますよね。離乳食用の食器やスプーンは出産祝いの定番でもあります。女の子・男の子問わずプレゼントして喜ばれる出産祝いのひとつといえますね。

【ココがポイント!】二人目・三人目が生まれたママには消耗品や実用的なベビー用品をプレゼントしよう。

→「友達が二人目を出産!出産祝いのマナーや選び方、解説します」詳しくはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

①女の子への出産祝いといえば定番はベビー服。サイズは70~80センチがベストで、女の子の赤ちゃんだからといってかわいらしさだけでベビー服を選ぶと失敗する可能盛大。

②ママと赤ちゃんでお揃いのアイテムをプレゼントすると特別感・オリジナリティがアップ。マザーズバッグとベビーリュックをセットでプレゼントすると喜ばれる。

③二人目・三人目が生まれたママには消耗品や実用的なベビー用品をプレゼントしよう。

男の子の赤ちゃんももちろんかわいいのですが、女の子ってやっぱり洋服もかわいいですし小物もかわいいものばかり。私の周りでも姪っ子をかわいがっている友達は多いです。出産祝いを考えるときも「女の子だから」という先入観でプレゼントを選んでしまうことが多くなりますが、あまり先入観を持ちすぎずにママの身になって「あってよかった」と思ってもらえるようなアイテムを選ぶようにしましょう。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪