出産祝いなし=内祝いもなし?内祝いを贈る基準って?

出産祝いをもらうと考えなくてはいけないのがお返しですが、出産祝いへのお返しは「内祝い」という形で贈りますよね。そして、内祝いに関する悩みを抱えている新米ママがとても多いのです。

悩む女性

・出産祝いを贈っていない人にも内祝いって贈ったほうがいいの?お祝いの催促みたいに思われる?

・家族に「内祝いを周りに贈るべきだ」といわれたんだけど、内祝いって出産祝いをもらってから贈るものなんじゃないの?

出産祝いと内祝いの関係、実は勘違いをしている人も多いってご存知でしょうか。本来の内祝いの意味や由来を知っていれば悩むことも少なくなりますよ。

スポンサーリンク

もくじ


1.出産祝いをもらっていなくても内祝いを贈るのはアリ!内祝いの由来とは
2.マナーもチェック!内祝いを贈るタイミング&相場
3.内祝いって何を贈る?定番の品物&最新のトレンド
4.出産祝いを贈っていないのに内祝いが届いた・・・これって催促なの?
5.まとめ

出産祝いをもらっていなくても内祝いを贈るのはアリ!内祝いの由来とは

「出産祝いをもらったらお返しとして内祝いを贈るのがマナー」と考えている方がほとんどだと思いますが、本来の内祝いとは「お返し」ではありません。内祝いは自分のお祝い事にあたって改めて周りの方へ日ごろの感謝を伝えるための贈り物だったのです。自分が出産をしたとき・家を建てたとき・退院をしたときなど、周囲の方へ改めてよろしくお願いしますという気持ちを込めて自主的に贈るものでした。

つまり、本来の内祝いの意味を考えると出産祝いをもらってない人へも内祝いを贈ることは自然なことだといえます。「出産し新しい家族が増えました。家族ともども、これからもよろしくお願いします」という意味を込めてお世話になっている人へ内祝いを贈ることは、決して珍しいことではないのです。

ですが、出産での「内祝い」はお返しの意味合いが強くなってきているのが現状です。出産祝いをもらう前に内祝いを配るような家庭はほとんど見受けられませんね。「出産祝いはもらっていないけれど、お世話になっているあの人には何かご挨拶をしたいな」というときには、内祝いを贈っても問題はないでしょう。

そうなると気になるのが「出産祝いをもらっていなくても内祝いを贈るべき人はいるのか」ということですよね。

出産祝いをもらっていなくても内祝いを贈るのであれば日ごろお世話になっている「職場」「親戚」へ贈るといいでしょう。自分より年上の方、目上の方へ贈りたいですね。報告の意味も込めて赤ちゃんの写真などを同封するとさらに喜ばれますよ。

【ここがポイント!】「出産祝いをもらったらお返しとして内祝いを贈るのがマナー」と考えている方がほとんどだが、本来の内祝いとは「お返し」ではない。お世話になっている人へ報告・日ごろのお礼として内祝いを贈るのはOK。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

マナーもチェック!内祝いを贈るタイミング&相場

出産祝いから内祝いまでの流れや相場もチェックしておきましょう。本来の内祝いの意味とはちょっとずれていますが、最近の贈り方・相場に合わせて準備していくのがベストだと思います。

まず、出産祝いは産後一週間過ぎた頃から一ヶ月目までに贈ることが多く、産後一ヶ月を過ぎた頃からママたちは内祝いを一斉に贈り始めます。内祝いの予算は出産祝いの金額によって変わるため注意。出産祝いでいただいた金額の半額から三分の一程度を内祝いの予算とすることがマナーです。

もしも出産祝いでいただいた品物の金額が分からない場合には出産祝いの相場から考えればOK。出産祝いは友達ならば五千円、身内・親族なら五千円から一万円が相場となっています。その半額か三分の一を内祝いの相場とすれば間違いないでしょう。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

内祝いって何を贈る?定番の品物&最新のトレンド

内祝いって何を贈ればいいんだろう、どんな品物にすればいいのだろうという悩みを抱えているママは多いはず。そんなときは定番の品物をチェックしてサクッと送ってしまいましょう。

出産の内祝いの定番といえばお菓子・食べ物で「焼き菓子」「お米」が喜ばれています。当サイトでももらって嬉しかった内祝いとして「おいしい焼き菓子をもらって嬉しかった」という声が多く寄せられています。ユニークなものだとパスタとソースの詰め合わせを内祝いとしてもらったというエピソードもありました。

そして最近大人気の内祝いといえばカタログギフトでしょう。老若男女問わず贈れて、好きなものを注文してもらえるカタログギフトは様々なお祝いで活用されていますね。

ですが一個だけ注意したのが「現金やカタログギフトを出産祝いとしてもらった場合」です。お返しとして同じような種類の品物を贈るのはあまりよい事ではありません。いただいた人と出産祝いの内容をメモしておくと分かりやすいですよ。

【ここがポイント!】出産祝いは産後一週間過ぎた頃から一ヶ月目までに贈ることが多く、産後一ヶ月を過ぎた頃からママたちは内祝いを一斉に贈り始めることが多い。出産祝いの金額に合わせて内祝いの予算を考えることがマナー。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

出産祝いを贈っていないのに内祝いが届いた・・・これって催促なの?

中には「出産祝いをあげてもないママから内祝いが届いたけどこれって催促なのかな」と不思議に感じる人もいるようです。ですが、おそらくママとしては「日ごろお世話になっているから」という気持ちから内祝いを贈ったのでしょう。出産祝いを催促しているつもりはないと思いますよ。

ですから出産祝いをあげてないママから内祝いをもらったときには、無理に出産祝いを用意する必要はありません。もし、せっかく内祝いをもらったから何かプレゼントしたいということであればちょっとしたベビーグッズを買ってあげればよいでしょう。

出産祝いを贈るタイミングが遅くなってしまったときには内祝いに対するお礼と「ちょっと遅くなってごめんね」と一言メッセージカードに書いておけばOK。先に内祝いをいただいてしまった場合には、出産祝いの相場よりもちょっと安め「千円から二千円程度」のプチギフトを出産祝いとして贈ると喜ばれますよ。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

まとめ

いかがでしょう。

①「出産祝いをもらったらお返しとして内祝いを贈るのがマナー」と考えている方がほとんどだが、本来の内祝いとは「お返し」ではない。お世話になっている人へ報告・日ごろのお礼として内祝いを贈るのはOK。

②出産祝いは産後一週間過ぎた頃から一ヶ月目までに贈ることが多く、産後一ヶ月を過ぎた頃からママたちは内祝いを一斉に贈り始めることが多い。出産祝いの金額に合わせて内祝いの予算を考えることがマナー。

出産や結婚は周りの人へ感謝の気持ちを伝える絶好のチャンスでもあります。出産の内祝いを「用意しなければならないもの」と考えると面倒にもなりますが、ぜひ日ごろの感謝の気持ちをこめて準備するようにしましょう。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪