出産祝い「のし袋」選び方・書き方ってこれで合ってる?

出産祝いに現金を包むという人は多いかと思いますが、のし袋のマナーってけっこう面倒なんですよね。

悩む夫婦

・出産祝いののし袋ってどれを買えばいいか分からない。

・のし袋ってどこに何を書けばいいんだっけ?

・カジュアルなのし袋って、どこに名前を書くべき?こんなにかわいいのし袋でいいの?

結婚式のご祝儀とは微妙に違う「出産祝い」。基本的なマナーを知っておけば、自身を持って出産祝いを贈ることができますよ。

スポンサーリンク

もくじ


1.出産祝い「のし袋」の正しい選び方
2.のし袋がカジュアルすぎる。これってマナー違反?
3.正しい書き方!出産祝いの「のし袋」どこに何を書く?
4.のし袋に現金を入れるときの注意
5.出産祝い、いつ渡す?渡すときのマナーって?
6.まとめ

出産祝い「のし袋」の正しい選び方、ポイントは水引と表書き

出産祝いののし袋を買うときには「水引」と「表書き」に注目しましょう。のし袋の表、一番上に書かれている文字を表書きといいますが「お祝」「御出産御祝」と書かれているものを選びます。のし袋の真ん中にある紐を水引といい、出産祝いではリボン結びになっている「蝶結び」を選べばOK。

反対に表書きが「寿」とあったり水引が「結び切り」という形になっているタイプは「結婚式のご祝儀」「結婚祝い」で使用するものなので注意。つまりお祝事の内容によって表書きと水引が変わるということですね。

ちなみに出産祝いののし袋の水引は何度も結びなおせる形の蝶結びを使いますが、これは「結びなおせる形」「何度も繰り返せる」「何度繰り返しても嬉しいお祝事」という意味がこめられているそうです。結婚は一生に一度であって欲しいものですよね。ですから解けないような、解けても結びなおしができない水引の形である「結び切り」が使われるのです。

【ここがポイント!】のし袋を買うときには「水引」と「表書き」をよく見て。出産祝いののし袋は水引がリボン結びに似た「蝶結び」、表書きは「お祝」「御出産御祝」と書かれているものを用意しよう。

→「全て答えます、出産祝いのご祝儀袋!書き方は?包み方って?中袋って何?」詳しくはこちら。

のし袋がカジュアルすぎる・・・これってマナー違反?

最近の出産祝い向けののし袋は「祝い袋」とも呼ばれ、かなりカジュアルなものも増えてきました。キャラクターが印刷されていたり、水引がなくかわいらしい装飾がついているだけの祝い袋もあります。こういったカジュアルなのし袋って、出産祝いを贈るにあたってマナー違反にならないのでしょうか。

出産祝いの金額によってのし袋を選べばマナー違反にはなりません。というのも、出産祝いののし袋は「包む金額の3~5パーセント」を基準に選ぶのがベスト。

出産祝いの相場は五千円から一万円なので、のし袋の相場も「250~500円」となるのです。ですから、一万円も包んでいるのに百円ショップで買ったのし袋ではちょっと失礼になりますし、五千円しか包んでいないのに五百円以上するのし袋は不釣合いになるということですね。デザインで選ぶのではなく「包む金額とちょうどいいか」「出産祝い向けの表書きか」ということも考えるようにしましょう。

とはいえ目上の方にはやはり水引と表書きがしっかり書かれているのし袋を使ったほうがよいかと思います。友達同士・自分の身内へならカジュアルなかわいいのし袋でも問題ないですね。

→「出産祝いの郵送、包装の仕方・熨斗紙のマナーを今すぐチェック」詳しくはこちら。

正しい書き方!出産祝いの「のし袋」どこに何を書く?

のし袋に書くことは「名前」「金額」「住所」の3つ。ご祝儀袋の表、水引の真下にフルネームで自分の名前を書き、現金を入れる中袋に金額・氏名・住所を書けば準備は完了となります。もし水引のないカジュアルなご祝儀袋を使う場合には「お祝」「ご出産お祝」と書いてある部分から少しスペースを空けた下部分に、縦書きで名前を書いておけばよいかと思います。

のし袋に文字を書くときには全て筆ペンで書くのがベストで、お祝事ですから筆ペンの「濃い色」の方を使って丁寧に書きましょう。金額を書くときは表面の中心に縦書きで大きく書きますが、中袋に金額を書く欄がある場合には横書きでもかまいません。

もし夫婦で連名にして出産祝いを贈るのであれば、のし袋の表には二人分の名前を書き、
苗字の下に二人分の名前を書けばよいでしょう。職場や友達複数人で出産祝いを贈るのであればのし袋の表には「○○一同」と書いて現金と一緒に連名にした全員分の名前を書いた紙を入れておくといいですね。

ちなみに、のし袋って、最後にしっかりと中袋の封を閉じるべきか悩みませんか?中にはのし袋自体をしっかりと糊付けしようかと考える人もいるようですね。基本的にお祝事で贈るのし袋・中袋には糊付けは不要で、のし袋を畳んだときの下部分を上部分にかぶせるようにたたんで水引でとめておくだけで十分といわれています。

【ここがポイント!】のし袋に書くことは「名前」「金額」「住所」の3つ。ご祝儀袋の表、水引の真下にフルネームで自分の名前を書き、現金を入れる中袋に金額・氏名・住所を書けば準備は完了で、封を糊付けする必要は無し。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

出産祝い編!のし袋に現金を入れるときの注意

出産祝いで現金を包むときには新札を用意することがマナーで、使用感のあるお札を包むのは失礼になります。中袋にお札を入れるときにはお札の表(人物が印刷されている面)を中袋の表面に向け「壱万円」「五千円」と金額が書いてある方から中袋に入れていきましょう。すると封を開けたときにすぐに人物の絵が見えるようになります。それが正解です。

「新札を用意すること」「お札の向き」だけ注意して、のし袋に書くべきものを書いておけば出産祝いはばっちり。新札は銀行の両替機や窓口で用意する必要があるため、余裕をもって準備しておきたいですね。

【ここがポイント!】のし袋の中袋に現金を入れるときには新札を用意して封筒の表面にお札の表(人物が印刷されている面)がくるようにして、封を開けたときにすぐに人物の顔が見えていれば正解。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

出産祝い、いつ渡す?渡すときのマナーって?

出産祝いののし袋が用意できたら後は渡すだけなのですが、タイミングもしっかり考えておきましょう。出産祝いは産後一週間から一ヶ月の間に贈るものですが、ママと赤ちゃんの体調を第一に考えるのもマナー。無事に出産し、母子ともに元気に退院したという報告を聞いてから出産祝いを贈ることがベストです。

出産祝いを持参するときにはのし袋をふくさに入れていくこともお忘れなく。もしのし袋を郵送するという場合にはのし袋にメッセージカードを添えて「現金書留」で郵送しましょう。間違ってものし袋をそのままポストに投函しないように要注意です。

メッセージカードがないと気持ちもうまく伝わりませんし、ちょっと失礼な印象を与えてしまいます。「出産おめでとうございます」という一言と、ママの体調を気遣うような言葉を書いておくと喜ばれます。

→「【シチュエーション別例文集】出産祝いにもらって嬉しい言葉とは」詳しくはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

①のし袋を買うときには「水引」と「表書き」をよく見て。出産祝いののし袋は水引がリボン結びに似た「蝶結び」、表書きは「お祝」「御出産御祝」と書かれているものを用意しよう。

②のし袋に書くことは「名前」「金額」「住所」の3つ。ご祝儀袋の表、水引の真下にフルネームで自分の名前を書き、現金を入れる中袋に金額・氏名・住所を書けば準備は完了で、封を糊付けする必要は無し。

③のし袋の中袋に現金を入れるときには新札を用意して封筒の表面にお札の表(人物が印刷されている面)がくるようにして、封を開けたときにすぐに人物の顔が見えていれば正解。

のし袋の用意の仕方、渡し方ってその人の「常識」「礼儀」「マナー」が見えてしまいますよね。ですが、ちょっとしたポイントを抑えておくだけで、失礼なくお祝いが贈れるのです。のし袋のチョイスや名前などの書き方をマスターして、しっかりお祝いの気持ちを伝えましょう。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪