自分の妹が出産!出産祝い、どうしよう・・・

あなたの妹さんが結婚して妊娠・出産を迎える、姉として本当に喜ばしいことですよね。ですがお祝いのことで色々悩んでしまう方も多いものです。

・妹が出産したけど、出産祝いを贈った方がいいよね・・・相場やマナーがさっぱり分からない。

・妹への出産祝いって現金の方がいい?プレゼントの方がいい?

自分の身内だからこそ役立つ出産祝いを贈りたいと思います。友達とはちょっと違った「身内の出産祝い」に関するマナーや喜ばれるポイントをまとめてみました。

もくじ


1.妹が出産した場合の出産祝いの相場はコレ!
2.妹への出産祝いは現金?品物?
3.今さら聞けない出産祝いの基本マナー
4.一人目と二人目で金額は変わる?双子は倍?
5.まとめ

妹が出産した場合の出産祝いの相場はコレ!

あなたの妹さんが出産した場合、出産祝いの相場は一万円から三万円程度と覚えておきましょう。もしあなたが独身なのであれば一万円でも十分、学生なのであれば五千円でもいいくらいですね。あなたが既に結婚をしている・子供がいるという場合には妹さんには二万円以上のお祝いを用意してあげた方がいいと思います。

ただし、以前あなたが妹さんに出産祝いをいただいたことがあるのであれば、そのときの金額を基準として下さいね。いただいたお祝いよりもあまりにも低い金額にならないように気を付けましょう。

そもそも出産祝いの一般的な相場はだいたい五千円~三万円程度。友達や同僚同士で出産祝いを贈るのであれば五千円を予算とすれば十分なお祝いといえます。関係性によって金額は少しずつ上がっていくため身内、特に自分の兄弟・姉妹へは一万円以上が相場となるのです。

そして、出産祝いでは贈る側が未婚か既婚かで少々相場が変わります。これは出産祝い特有の考え方かもしれませんね。未婚であれば相場の最低ラインの金額でも非常識とはされません。ですが結婚している場合や相手よりも自分が年上なのであれば相場の真ん中か、ちょっと多めにお祝いを包んであげた方がベターなのです。

ちなみに、出産祝いで現金を包む場合は金額が偶数でも奇数でも問題ありません。結婚式で渡すご祝儀では「割り切れる数字・金額はタブー」とされていますが、出産祝いでは割り切れる数字でもマナー違反とはされないのです。ご祝儀と出産祝いのマナーを混同しないようにしましょう。

【ここがポイント!】あなたの妹さんが出産した場合、出産祝いの相場は一万円から三万円程度。自分が独身であれば一万円でいいが、結婚している・子供がいるという場合には二万円以上を予算にするとGOOD。

妹への出産祝いは現金?品物?妹さんとしっかりコミュニケーションを

さて、出産祝いでよくある悩みといえば「現金を包むべきか、品物をプレゼントするべきか」ということですよね。出産祝いで現金を包むという人はかなり多く、ママ達にも喜ばれています。ですが「現金だけってなんだか寂しい」と感じている人がいるのも事実。

賛否両論あるところですが、私は自分の身内ならばリクエストをしっかり聞くことが一番大切だと思っています。特に女同士で色々言いやすい姉妹なのであれば、妹さんには率直に「出産祝いを贈りたいんだけど何がいい?」と聞くのがよいでしょう。リクエストを聞くタイミングとしてはママと赤ちゃんが退院したころがいいですね。産後一週間程度で退院するママがほとんどなのですが、このときにやっと母子ともに体調が安定してくるのでゆっくりとリクエストなどを考えることができます。

やはり当サイトにも「身内にはリクエストしやすい」「兄弟・姉妹には本当に欲しいものが言える」という声が寄せられています。兄弟や姉妹からベビーカー、抱っこ紐といった必需品であるベビー用品を買ってもらったというママも多いですね。長く使うベビー用品だからこそ、身内に買ってもらいたいという気持ちもあるのだと思います。

ですから現金か品物か迷ったときには妹さんに直接聞いてみて、どちらにするか決めましょう。「現金がありがたい」と言われる場合もあるでしょうし、何かベビー用品をリクエストされたならメーカーやカラーなどできるだけ具体的に要望を聞きだしてあげることもポイントのひとつです。

【ここがポイント!】兄弟・姉妹への出産祝いはリクエストをしっかり聞くことが一番大切。長く使うベビー用品は身内にリクエストして買ってもらうというママ多数。

親しき中にも礼儀あり!今さら聞けない出産祝いの基本マナー

お祝い事ってマナーや常識が細かくて困ってしまいますよね。「今さら出産祝いのマナーって人に聞きにくいし」と考えているそこのあなた、安心してください。出産祝いって実は厳しいマナーやルールが少ないんですよ。

出産祝いのマナーで大切なことは二つ。贈るタイミングと金額です。自分の妹に出産祝いを贈る場合にもこの二つには気を付けましょう。

まず出産祝いを贈るタイミングですが産後一週間から一か月の間がベストで、産後一か月を過ぎたころにママ達は出産祝いのお返しを用意し始めるのが一般的とされています。ママがスムーズにお返しの準備をするためにもできれば産後一か月以内には出産祝いを用意したいですね。

もちろん、出産祝いは直接会って渡せなくてもOK。郵送で出産祝いを贈る人は多いです。その場合にはメッセージカードやお手紙をつけてあげることもお忘れなく。

次に出産祝いの金額・相場ですが、細かい金額については先ほど書いた通りで自分の姉妹・兄弟であれば一万円から三万円程度。大切なことはこの相場以上の高額な金額にならないようにすることなのです。

お祝い事だから奮発しなきゃという気持ちも素晴らしいですが、出産祝いにはお返しがつきものです。出産祝いのお返しはいただいたものの半額か三分の一程度を予算とすることマナーとされています。つまり、相場よりも高額な出産祝いはママ達の負担も大きくなるということなのです。また、だいたいの出産祝いの相場に合わせてまとめて同じお返しの品を用意するというママも多いです。余計な手間をとらせないためにも、出産祝いは相場に合った金額にすることがマナーですね。

ちなみに出産祝いに現金を包む場合、ご祝儀袋に関するマナーが気になりますよね。一番簡単なのは「お祝いと書かれた袋に新札を入れる」と覚えておくこと。これだけを覚えておくだけでも、大きなマナー違反にはなりません。

更に細かく解説すると、出産祝いのご祝儀袋は「御出産御祝」か「お祝い」という表書きのものを選びます。水引というご祝儀袋の中心にある紐はリボン結びになっているタイプが出産祝いに適したものです。水引の真下に自分の名前を書きますが、旦那さんと連名で出産祝いを贈る場合には自分と旦那さんの名前を書きましょう。

ご祝儀袋の中に「中袋」といわれる封筒が入っているものもあります。中袋の表には中央に金額を書きます。裏面には自分の名前と住所を書くことがマナーですね。ご祝儀袋・中袋に文字を書くときはボールペンではなくて筆ペンを使いましょう。

【ここがポイント!】出産祝いを贈る上で大切なのはタイミングと相場。出産祝いを贈るタイミングは産後一週間から一か月の間がベストで、ママ達の負担にならないよう高額な出産祝いは避けよう。ご祝儀袋は「お祝いと書かれたご祝儀袋に新札を入れる」と覚えておけばOK。

出産祝いのよくある疑問。一人目と二人目で金額は変わる?双子は倍?

妹や身内の出産祝い、一人目ならまだ用意しやすいのですが二人目・三人目となるとまた違う悩みが出てきますよね。二人目・三人目の出産祝いって、一人目よりも減額してよいのでしょうか。また、双子が生まれた場合の出産祝いってやっぱり相場の倍の金額を用意しなくてはいけないのでしょうか。

二人目以降の出産祝いですが、一人目に贈った出産祝いと同等の金額・予算で用意した方が良いと思います。もしあなたが結婚していないのであれば少々減額してもよいかもしれませんが、結婚してる・自分も妹から出産祝いをもらっているのではれば一人目のときと同様に用意してあげたいですね。

続いて双子の場合ですが、出産祝いまで倍にする必要はあまりありません。もし何かプラスしてあげたいのであれば現金プラスママ向けのプチギフトというような組み合わせがおすすめ。出産祝いに用意した品物に数千円分のギフト券をつけてあげるという方法も良いですね。ただ基本的には、双子でも一般的な出産祝いの相場で問題ないでしょう。

【ここがポイント!】二人目・三人目の出産祝いも一人目と同等の金額・予算で用意してあげよう。双子が生まれた時の出産祝いも通常の相場で考えればよい。

まとめ

いかがでしょう。

①あなたの妹さんが出産した場合、出産祝いの相場は一万円から三万円程度。自分が独身であれば一万円でいいが、結婚している・子供がいるという場合には二万円以上を予算にするとGOOD。

②兄弟・姉妹への出産祝いはリクエストをしっかり聞くことが一番大切。長く使うベビー用品は身内にリクエストして買ってもらうというママ多数。

③出産祝いを贈る上で大切なのはタイミングと相場。出産祝いを贈るタイミングは産後一週間から一か月の間がベストで、ママの負担にならないよう高額な出産祝いは避けよう。ご祝儀袋は「お祝いと書かれたご祝儀袋に新札を入れる」と覚えておけばOK。

小さいころから一緒に育った姉妹だからこそ、精一杯のお祝いをしてあげたいですよね。ぜひ妹さんのリクエストを聞きながら楽しく出産祝いを用意していきましょう。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪