旦那の妹が出産!出産祝い、どうしよう・・・

旦那さんの家族とのお付き合いって色々と気を遣いますよね。特にお祝い事はきちんとしなければなりません。そこで今回は出産祝いでよくあるこんな悩みをピックアップしてみました。

悩む夫婦

・義妹への出産祝いっていくらぐらいが相場?

・旦那の妹夫婦へ現金を包むかプレゼントを贈るか迷う・・・どっちがいい?

・義妹夫婦が二人目を出産したらしいけど、出産祝いどうしよう。

こんな悩みは私の周りでもよく聞きます。ぜひ義妹夫婦に喜んでもらえるような出産祝いを贈りましょう。

スポンサーリンク

もくじ


1.義妹夫婦に現金を包む場合の相場&マナー
2.出産祝いは現金&プチギフトの組み合わせも大好評
3.義理の妹夫婦に二人目誕生!出産祝いは一人目と同様に
4.妊娠祝い&祝い負けには要注意
5.まとめ

出産祝い、義妹夫婦には現金を包むのがGOOD!

旦那さんの親族や兄弟・姉妹へ出産祝いを贈る場合には現金を包むという方が多いです。相場はだいたい一万円から三万円程度。普段のお付き合いがあまりない場合や義妹夫婦からお祝いなどをいただいたことがないようであれば一万円でも十分だと思います。

通常、友達や同僚に贈る出産祝いは五千円程度が相場となっています。ですが今回は「旦那の身内」「旦那さんと一緒に贈る」ということかと思いますので、相場よりも少し上の金額で現金を包むのが良いでしょう。

友達ならある程度好みや趣味も分かりますが、旦那さんの身内ってプレゼントを選ぶのも難しいですよね。何か大きなものを買ってプレゼントするよりも、現金を包んで「赤ちゃんのために使ってね」とお祝いを贈るのがスマートだと思います。

さて、現金を包む際にはご祝儀袋に関するマナーもおさらいしておきましょう。現金を包むご祝儀袋は「お祝い」「御出産御祝」という表書きのもを選び、中袋には金額と氏名・住所を書いて贈るのがマナー。「寿」という表書きのご祝儀袋は結婚式に使うものなので、出産祝いで使わないように注意してくださいね。

ちなみに、旦那さんの妹夫婦に出産祝いを贈るタイミングは産後一週間程度経ってからがベスト。母子ともに健康で、体調が安定してくる産後一週間から一か月の間に贈るとちょうどいいでしょう。

【ここがポイント!】旦那さんの親族や兄弟・姉妹へ出産祝いを贈る場合には現金を包むケースが多く、相場はだいたい一万円から三万円程度。産後一週間から一か月の間に出産祝いを贈るのがベストタイミング。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

旦那の妹へ!現金&プチギフトの組み合わせも大好評

「現金だけってなんだか味気ない」と感じる方は現金またはギフト券とプチギフトを組み合わせるとGOOD。例えば予算が一万円なのであれば五千円分のギフト券とベビー服を五千円分プレゼントするといったイメージです。

実際、出産祝いでいただくのは現金が一番ありがたいというママは多いです。自由に使える金券と気持ちが伝わるギフトを組み合わせるという方法は良いアイディアですよね。

もしプチギフトを何にしようかと迷ってしまうのであれば「消耗品」「ベビー服」「ママへの癒しグッズ」の中から選ぶと失敗が少ないと思います。どれも出産祝いの定番アイテムであり、ママ達から好評なアイテムです。

出産祝いで贈る消耗品といえば「おむつケーキ」。おむつケーキを選ぶ時のポイントは「Mサイズ以上のおむつが入っていること」を意識してみることです。おむつは新生児用だと赤ちゃんによっては小さすぎて履けない場合もあります。ですからちょっと大き目なMサイズ以上のものを選べば、どんな赤ちゃんでも履けるタイミングがあるので便利です。

「ベビー服」を選ぶ際も一番大切なことはサイズ感です。出産祝いでベビー服を贈るならサイズが「80」の服を選ぶと喜ばれます。80サイズのベビー服というとちょうど1歳になるころに着られるサイズ感です。ちょっと大きすぎるような気もしますが、あっという間に使うようになりますよ。

というのも、ロンパースやおくるみといった新生児のうちしか使えないような服は既にママが買いそろえていることがほとんど。ですが、育児でバタバタしているうちにあっという間に新生児用の洋服は着られなくなってしまい、ちょっと大き目のベビー服が欲しくなってきます。出産祝いでちょっと大き目のベビー服をもらっておけば、そんなときにも便利ですよね。ですから出産祝いでベビー服をあげるときには80サイズ程度のベビー服が定番なのです。

そして意外と喜ばれるのがママ向けの癒しグッズです。入浴剤、保湿クリーム、アロマオイル・ディフューザーなどが定番となっています。ノンカフェインのコーヒーやハーブティももらうと嬉しいプレゼントの一つ。

出産で一番がんばったママ、育児に奮闘してるママにちょっとした癒しの時間をプレゼントするって素敵ですよね。他の出産祝いともかぶりにくく、同じ女性だからこそ選びやすいギフトだと思います。

【ここがポイント!】商品券とプチギフトという組み合わせの出産祝いも喜ばれる。プチギフトは「消耗品」「ベビー服」「ママへの癒しグッズ」から選ぶとGOOD。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

義理の妹夫婦に二人目誕生!出産祝いは一人目と同様に

そしてさらに悩んでしまうのが「二人目の出産祝い」です。旦那さんの妹に二人目が生まれた場合には一体どんな風にお祝いしてあげるべきなのでしょうか。

二人目がが生まれた時にも、一人目と同等の金額でお祝いしてあげることが一般的になっています。ですから出産祝いの相場も一人目と同様、一万円~三万円を予算として現金を包んであげたり品物を贈ってあげましょう。

やはり現金を包むことが一番喜ばれるかと思いますが、二人目ならではの出産祝いのプレゼントを贈ってみるのもいいですね。例えば、兄弟でお揃いのベビー服やベビーリュックは好評です。特にベビーリュックは実用的で、赤ちゃんのオムツやタオルを入れておくことができます。マザーズバッグに余裕ができるためベビーリュックは出産祝いとして喜ばれるアイテムの一つなのです。更にそれぞれに名前を入れてあげるとオリジナリティーが出ますよ。

【プチギフト】義妹夫婦が二人目を出産した場合にも一人目と同等のお祝いを。兄弟・姉妹お揃いの服やベビーリュックが好評。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

義妹の妊娠中にプレゼントはタブー。祝い合いもNG?

出産祝いには厳しいマナーはあまりないのですがいくつか注意しなければならないことがあります。それは「妊娠祝い」と「祝い負け」です。

まず「妊娠祝い」はマナー違反とされているので注意が必要。義妹がまだ妊娠中のうちにお祝いをあげることは避けましょう。妊娠・出産は最後まで何が起こるか分かりません。妊娠中にお祝いを贈って、もし出産で何かあった場合に義妹さんは大変悲しい思いをしますよね。

ですから出産祝いは母子ともに健康だという報告を受けてから用意することがマナーとされています。最近では「出産後になかなか会えないから妊娠中にお祝いをあげる」という若い人も増えてきました。ですが旦那さんのお母さんの年代はまだまだ「妊娠祝い=非常識」と考えていることが多いです。

他にも注意するべきことが一つあります。それは「祝い負け」。旦那さんの妹と同年代だと、出産の時期が被ることもあるでしょう。実は地域や年代によっては「祝い負け」を気にする場合もあるため、お互いに出産祝いを贈り合う・祝い合うということは避けた方がよいでしょう。

地域によって「祝い負け」の考え方・意味合いが違いますが、祝い負けとは「お互いにお祝いし合うことでどちらかに悪いことが起きる」という意味合いのこと。同じ年に出産が重なるもの同士は出産祝いを贈らない方が良いとされているのです。

若い年代だと「祝い負け」を意識する人は少ないものの「お互い様だから出産祝いはなしにしよう」と提案するママは多いです。もし旦那さんの妹さんと出産時期が近い場合には「お互い様だし」「祝い負けするから」という話をしてみるといいかもしれませんね。

【ここがポイント!】「妊娠祝い」「祝い負け」のようなタブーには要注意。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

まとめ

いかがでしょう。

①旦那さんの親族や兄弟・姉妹へ出産祝いを贈る場合には現金を包むケースが多く、相場はだいたい一万円から三万円程度。産後一週間から一か月の間に出産祝いを贈るのがベストタイミング。

②商品券とプチギフトという組み合わせの出産祝いも喜ばれる。プチギフトは「消耗品」「ベビー服」「ママへの癒しグッズ」から選ぶとGOOD。

③義妹夫婦が二人目を出産した場合にも一人目と同等のお祝いを。兄弟・姉妹お揃いの服やベビーリュックが好評。

自分の身内ではなく、旦那さんの身内とのお付き合いって本当に難しいですよね。ですが、こういったお祝い事をきちんとしておくだけで、距離が縮まるきっかけになります。大切な旦那さんの家族に喜んでもらえるような出産祝いを贈り、みんなで姪・甥の誕生を喜びましょう。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪