お祝いをいただけることにとても感謝しています。

現在0歳と3歳の男の子を育てる30歳の主婦です。第一子、第二子の出産時には、ありがたいことに親戚や友人、夫婦の職場の同僚の方などたくさんの方からいろいろなお祝いを頂けました。

その中で、頂いて困ったものは第一子出産の里帰り中にありました。ずばりそれは「ベビーマグセット」と「ベビー用の帽子」です。

これは2セットは必要なかったです。

・「ベビーマグセット」

これは主人の両親からの贈り物だったのですが、実はもうすでにフルセット持っていたのです。

私が里帰りで出産した病院は、病院からの出産祝いとしてこのベビーマグセットが贈られるのですが、いざ出産するまで全く知りませんでした。当然私の親も主人もましてや義理の両親も誰も知らなかったのでしょう。

里帰りが終わって義理の両親に初めて会いに行った日に、「これ買っておいたわ~!お祝いにあげるね」と義理の母に頂きました。

もちろん孫の事を考えていろいろ準備していただいたことなので嬉しくて有難いのですが、2セットあっても困るものや大物は事前に聞いて欲しかった!と思います。

もっているマグは口元を付け替えると成長に合わせて飲み口を変えれるタイプで、消耗品の替えも薬局で手に入る、まさに一番使いやすいものでした。当然2つも要らないのが本音でした。

しかも、義理の両親からのプレゼント類での似たような事件はこの後絵本やおもちゃでも起きてしまい…主人にちゃんと言っておいてよ~!!とお願いしたのですが、言っても言ってももうあきらめました。

結局普段使いは病院でもらったもの、洗い忘れたりお出かけ用に別にとっておく用には義両親からもらったもの、と使い分けしています。正直出番はまったくないのですが、”役立ってますよ~”というアピールのために使っているようなものです。

セットの中で浮いてしまったアイテム

・「ベビー用の帽子」

これは”出産祝いセット”という感じで、帽子、スタイ、ベビー服、おくるみのセットの一部にあったものです。頂いたのは、私が里帰り中、主人の職場の同僚から頂きました。

赤ちゃんの服はいろいろ汚れたりで洗い替えが必要となりますが、帽子はなかなかかぶる機会もなく、出かけるような月齢ともなるとサイズが小さくなってはまらない!!という状況になりました。また帽子はみんな同じ状況なのか、私の姉、兄からもお古として新品状態でどんどん回っています。耳がついてたり可愛いんですが…

あげるほうも、貰う方もワクワク嬉しい出産祝いですが、何が一番嬉しいのか事前にリサーチしておくのがお互いのためですね。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪