かわいい洋服ありがとう!大切にするね。

24歳の時に3人目を出産しました。上の2人は1歳の双子で年子です。当時は里帰りをしていたのでまだ1ヵ月未満の時に実家にお友達に来てもらいました。

その時にお友達にもらったものはかわいいお洋服でした。動物をモチーフにした着ぐるみ風のもので、フードにも耳がついていて、タオル生地でできていたので触り心地もよく、本来なら喜ばれる出産祝いだと思います。

あれっ、なんか、きついな。ちょっと小さいぞこれは。

ただ、仕方の無いことなのですが、うちの子はまあまあ大きめで産まれてきてしまいました。なので、けっこうギリギリ。入るか入らないかくらいでした。足もすごく出てるしパツパツでなんか可哀想な感じになってしまいました。

友達には写真撮って送ってと言われていたのでなるべくパツパツ感が出ないような向きや角度などを調整して撮りました。

服はすぐに着れなくなってしまうのであまり自分でお出かけ用などは買わないことにしています。なので出産祝いでいただけるととても重宝します。だからこそ、今回のお祝いはちょっと残念でした。いらないとか嬉しくないとかではないのですが、勿体ない気がしてしまって。

サイズ感はいまいちでしたが、もらったものなので売ったり捨てたりあげたりなどもしていません。足は寒そうだったけど足元はあったかくして家でもたくさん着ましたし、お出かけの時もたくさん着用しました。

フード付きなので、寝るときは痛そうなので着せませんでしたが、ベビーカーなどに乗せても、肩から下はタオルで隠してしまえばパツパツ感も目立ちませんでした。ただ、抱っこ紐やおんぶ紐の時は足があらわになってしまうので行く先々で足が寒そうとは言われてしまいました。

けれども半年以上経った今は、逆に夏だし半袖になるから丁度いいと思い、未だに着させています。フードがなければパジャマにもよかったでしょう。新生児期はほとんどが寝んねなので、ほっておくとフードがいつのまにかかぶさっていたりするので怖いですからね。

一人目の情報は二人目にも通用するとは限りません。

上の双子の時もその友達に服のお祝いをもらっていました。双子は逆に小さく生まれてきたのでこのように困ることはありませんでした。友達もその感覚だったのだと思います。

服や靴下などのサイズ感が必要なものはプレゼントには難しいなあと感じました。出産して間もない、早い段階でもしあげるのであればオムツやおしりふきなどの消耗品の方が失敗が少ないのかなとは思います。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪