友達に・身内に双子が生まれた!出産祝いも2倍?

友達や身内、職場の同僚・部下・上司からの出産報告は本当に嬉しいもので、双子となれば喜びも2倍。やっぱり出産祝いも2倍用意しなきゃいけないのか、悩むところですよね。

・双子への出産祝いはやっぱり二人分用意しなきゃだから、通常の2倍の金額になる?

・双子への出産祝いって何を贈ればいいのか分からない!無難に「現金」がいいのかな?

一般的な出産祝いの相場・マナーとともに、双子ならではな出産祝いの贈り方もチェックしていきましょう。

もくじ


1.双子=金額も倍?そんなことはないんです
2.出産祝いの相場&贈るタイミングとは
3.よくある疑問。双子はご祝儀袋も2つ?
4.双子の出産祝い、プレゼントを用意するときのポイント
5.まとめ

「双子=何でも2倍」ではない!相場通りの出産祝いにプラスアルファを

まず、当サイトに寄せられる意見やリサーチの結果感じたことは「双子だからと言って出産祝いまで2倍にする必要はない」ということでした。理由としては「相場よりも高い出産祝いを贈られると内祝い(お返し)を用意するのが大変だから」ということがあげられます。

出産祝いをもらったママ達はお返しを考えなくてはいけませんよね。出産祝いのお返しは「内祝い」という形にして出産祝いの半額か三分の一程度の金額を予算とすることがマナーとされていますから、高額な出産祝いをいただいたらそれ相応の内祝いを考えることになります。それは確かにママ達の負担になります。相場通りの出産祝いならだいたいみんな同じ内祝いを用意すればいいのに、相場よりも高い出産祝いを贈ってくれた人には別の内祝いを用意する手間が出てきます。

そもそも、出産祝いってあまり決まりきったマナーやルールが存在しません。何よりも、おめでとうの気持ちを伝えることが大切とされているのです。だから双子なら金額も倍にしなくてはいけない、双子の場合はこうしなくてはいけないという常識もあまり聞いたことがないですね。

「二人赤ちゃんがいるんだから出産祝いも二倍にするのが常識でしょ」という方もたまーにいるようですが、最終的には贈る側の気持ちの問題だと思います。ですが相場通りの出産祝いの金額を双子のママに贈っても「普通は二人分の金額でしょ」なんて愚痴るママはほとんどいないですよ。

もし「せっかく双子ちゃんなんだから、普通の出産祝いとは何か差をつけたい」と考えているなら何かプラスアルファしておくだけでも十分でしょう。現金を包むなら何かプチギフトを添える、品物を贈るならベビー用品とママ向けのプチプレゼントも一緒に贈る、出産祝いとは別にママの好きなお菓子を持っていくなどなど。プチギフトも数百円、数千円のものでOK。全体の金額が出産祝い相場の1.5倍までなら、ママも受け取りやすいと思います。

【ここがポイント!】双子だからと言って出産祝いまで2倍にする必要はないが、何か普通の出産祝いと差をつけたいならプチギフトなどを添えてあげよう。

普通の出産祝い、相場はいくら?あげるタイミングは?

ではここで出産祝いの相場や贈るタイミングについても確認しておきましょう。もちろん、双子ちゃんへ贈る出産祝いも、一般的な相場・タイミングに合わせてOK。

出産祝いの相場は関係性によって異なっており、あなたの身内(子供・兄弟・姉妹)へ贈る場合には五千円から一万円が相場となります。親戚へ贈る場合は、付き合いの深さにもよりますが数千円程度が相場ですね。

あなたが友達へ出産祝いを贈る場合には相場は五千円程度と覚えておけば問題ないでしょう。大親友、小さいころからの幼馴染といった場合にはもう少し上の金額でも良いでしょうが、一万円以上の出産祝いを贈るということはあまり聞きませんね。

会社関係の同僚・部下・上司へ出産祝いを贈る場合にも数千円から五千円の範囲内で考えましょう。会社の方と連名で贈るというケースが多いようです。ちなみに、目上の方へ現金を贈ることはマナー違反となるので気を付けて下さい。

続いて出産祝いを贈るタイミングですが産後一週間以降、一か月以内に贈るのが一般的。ママが退院してから自宅へ郵送してあげたり、遊びに行くときに持参することが多いですね。

産前に「妊娠祝い」という形でお祝いを贈る方もいますが、それは昔からマナー違反とされてきました。現在は出産後に会うことが難しいからといった理由で妊娠祝いを贈る人が増えてきたようですね。次第に一般的になってくるのかもしれませんが、今はまだ「妊娠中にお祝いなんて非常識」と感じられる方もいるのでご注意を。

疑問!双子の出産祝い、現金を包むならご祝儀袋は2つ?

出産祝いというと「現金を包む」という方が多いです。ママの本当に欲しいものを買うことができますし、双子だと全て倍の量が必要になるのでありがたいですよね。

双子ちゃんへの出産祝いに現金を贈る場合に気になるのが「ご祝儀袋」です。出産祝いのご祝儀が赤ちゃん一人に対して1つなら、双子だと倍の2つ用意しなくてはならないのでしょうか。

結論からいうと、双子でも三つ子でも四つ子でも出産祝いのご祝儀袋は1つでOK。出産祝いは赤ちゃんが生まれた「家庭」に贈るものであって、赤ちゃんごとにあげるものではないからです。

ですから、先ほども書いたように出産祝いの金額も倍にする必要はありません。子供が一度に何人生まれようと、赤ちゃんが生まれた「家庭」に贈っているのですから子供の人数分金額をあげなくてはいけないということはないですよね。ただし「双子だと何でも倍必要になるから」と考える人が多いため、通常の出産祝いよりも少々多めに包んだり、プラスアルファなにかプレゼントすることが多いのです。

【ここがポイント!】双子が生まれた場合の出産祝いでもご祝儀袋は1つだけ。2つ用意する必要はなし。

双子の出産祝い、プレゼントを用意するときのポイント

出産祝いに現金を包むのをいいですが、やはりちょっと味気ないですよね。双子が生まれた場合にも、ぜひママが喜ぶようなベビー用品を贈ってあげましょう。出産祝いに品物を贈るなら「たくさんあっても困らないもの」「サイズ感」を意識して考えてみて下さい。

まずは定番の「おむつケーキ」は双子ちゃんのママにも大好評。双子だと何でも普通の倍の量必要になってしまいます。ですから消耗品をプレゼントするととっても喜ばれるのです。

オムツをプレゼントする場合には「サイズ感」に気を付けましょう。当サイトの寄せられたママ達の意見で多いものが「新生児用のオムツをもらったが小さすぎて結局使えなかった」「Sサイズのオムツをもらったがすぐにサイズアウトしてすべて使いきれなかった」という残念なエピソード。

ですからオムツを贈るなら「Mサイズ以上」のものをチョイスするとGOOD。もしくはS・M・Lサイズそれぞれのオムツを数個ずつプレゼントしてあげるという方法です。赤ちゃんが生まれてくる大きさも、成長のスピードも人それぞれ。だから赤ちゃんが身に着けるものはできるだけ大きめのもを選ぶようにしたいですね。今は大きくて着れなくても、今後使える機会が出てきます。

ですから、ベビー服をあげるときにもサイズは80センチ以上のものを選んであげるのがベスト。赤ちゃんが着るのだからとロンパースや新生児用のおくるみをプレゼントしたくなりがちですよね。ですが、1歳までは成長のスピードも早く、あっという間にサイズアウトしてしまいます。

生後すぐに使うようなロンパースやおくるみはママが既に用意している場合が多いですから1歳頃に着られるようになる80サイズのベビー服をプレゼントするとよいでしょう。双子ちゃんならではのペアルックでコーディネイトしてあげればきっと喜ばれますよ。

他にも喜ばれるのはスタイや食器です。スタイは何枚か持っていても毎日のように使うものなので困りません。食器は双子ちゃんだと2個ずつ揃えなくてはいけませんから、プレゼントされると嬉しいですよね。

ただしもうすでにいくつも食器を持っている可能性もあります。器やスプーンは複数個持っていても良いでしょうが、あまりにも多いとちょっと困ってしまいますよね。あらかじめ「こんな赤ちゃん用の食器をプレゼントしたいんだけど、もう買っちゃった?」とママに確認しておくと確実です。

サプライズで出産祝いを用意したいという方もいるでしょうが、リクエストを聞いてくれたり事前に確認してくれた方が嬉しいというママは多いです。たくさん使ってもらうためにも、プレゼントするものによってはリサーチも必要ということですね。

【ここがポイント!】出産祝いに品物を贈るなら「たくさんあっても困らないもの」「サイズ感」を意識して。オムツやベビー服、スタイや食器が喜ばれる出産祝いの定番。

まとめ

いかがでしょう。

①双子だからと言って出産祝いまで2倍にする必要はないが、何か普通の出産祝いと差をつけたいならプチギフトなどを添えてあげよう。

②双子が生まれた場合の出産祝いでもご祝儀袋は1つだけ。2つ用意する必要はなし。

③出産祝いに品物を贈るなら「たくさんあっても困らないもの」「サイズ感」を意識して。オムツやベビー服、スタイや食器が喜ばれる出産祝いの定番。

双子だからといって何でもかんでも倍にすればいいというものでもないんですね。出産祝いは「おめでとう」の気持ちを伝えることが何より大切であり、金額では気持ちを量ることはできません。メッセージカードをそえてみたり、ちょっとしたプチギフトをプラスして気持ちが伝わるように工夫してみてはいかがでしょうか。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪