出産祝いに積み木を贈りたいけど、喜んでもらえるかな?

出産祝いやお誕生日に積み木をプレゼントされた経験はあるでしょうか。私は物心つく前から積み木でよく遊んでいて、ほんの数年前まで自宅で大事に保管していました。積み木は贈り物にぴったり、出産祝いとしてプレゼントする方も多いですよね。

・積み木を出産祝いとして贈りたいんだけど、どんなふうに選べばいいのか分からない。

・赤ちゃんのおもちゃといえば積み木、でも本当にママに喜んでもらえるのかな。

いざ積み木をプレゼントしようと思っても、色々と迷ってしまいますよね。ぜひ選ぶコツ・積み木で遊ぶメリットなどを知っておきましょう。

もくじ


1.出産祝いに積み木を贈るメリットとは
2.出産祝いに積み木を贈るときの選び方&ポイント
3.カラフルな方がかわいい?真っ白な積み木は想像力をかきたたせる
4.まとめ

出産祝いに積み木はGOOD!ただし、きちんと遊べるようになるのは1歳から

積み木を出産祝いとしてプレゼントすることは先輩ママ達にも好評です。しかも積み木って2歳3歳になっても遊べるおもちゃなので、子供にとっても愛着の強いアイテムになるようですね。私もいまだに積み木でどんな遊びをしていたか、ぼんやりと思い出すことができます。きっと相当、あの積み木で遊んでいたんだろうなぁ・・・。

ですが、積み木は生後数か月のうちはまだ上手に遊べません。二歳頃になってようやく「積む」「組み合わせる」というような積み木らしい遊び方ができるようになるのです。

一歳未満の赤ちゃんが積み木で遊んでいても、舐めたり握ったり投げたりしているだけのように見えます。「本当に役に立つのかな」「おもちゃとして楽しくないのかな」と感じるかもしれません。

いえいえ、そんなことはないんです。ちゃんと積み木の形や手触りを楽しんでいるのです。一歳になれば大人が積み木を積んであげれば崩して遊んでみたり、二歳になれば大人のマネして積んでみたり、時には積み木を車に見立てたり電話に見立ててみたり。徐々に手を上手に使って、想像力を駆使しながら遊べるようになるんですね。

つまり、積み木は赤ちゃんにとって遊び道具でもあり勉強道具でもある万能アイテム。確かに、生まれてすぐはあまり出番がないかもしれませんが、出産祝いは「今すぐ使える」ようなものばかりが喜ばれるわけではないのです。

数年先を見越したプレゼントって、実はとっても役に立つんですよ。「出産祝いでもらっていてよかった」「出産祝いを通して子供の成長を感じることができた」というエピソードも当サイトには多く寄せられています。ぜひ長く使える、質の良い積み木を選んであげましょう。

【ここがポイント!】積み木を出産祝いとしてプレゼントすると喜ばれることが多い。一歳から本格的に積み木を使って遊び始め2歳、3歳になると遊び方が変わってくるため成長を感じられるおもちゃでもある。

出産祝いに積み木を贈るときの選び方&ポイント

では、どんなところに気を付けて積み木を選ぶべきなのでしょうか。赤ちゃんに積み木をプレゼントするなら「対象年齢」「素材・安全性」を最初にチェックすることが大切。予算は五千円程度でも十分な積み木セットが買えますよ。予算的には身内や親友にあげるような出産祝いです。出産祝いでプレゼントしたいなら産後一週間から一か月の間に贈ってあげるとちょうどよいでしょう。

「つみき」って何歳からでも遊べるようなイメージがありますが、積み木にも様々な種類があり対象年齢も決まっています。3歳、4歳ともなるとコンパクトな積み木を組み合わせて遊ぶことができますが、1歳未満の赤ちゃんにとってはピースの小さい積み木は危険。誤飲の可能性が高くなるのです。

もしできるだけすぐに遊べるような積み木を出産祝いとしたいのなら、0歳から1歳児向けの積み木を選ぶようにしましょう。0歳・1歳児を対象として作られた積み木はピースが大きく、投げて人にあたっても痛くないよう「面取り」も施されています。

それからつみきを選ぶうえで「安全性」は何より大切なポイントですね。特に小さな赤ちゃんは何でも口に入れてしまします。積み木の素材や塗料が赤ちゃんの口に入っても問題ないような素材なのか、ママは一番気にするのです。積み木は対象年齢と材質・塗料の安全性をまずは確認しましょうね。

【ここがポイント!】積み木を選ぶときにはまず「対象年齢」「素材・安全性」をチェックし、誤飲のないような大きめの積み木・舐めても安心な素材を意識して選ぼう。

カラフルな方がかわいい?真っ白な積み木は想像力をかきたたせる

対象年齢や塗料などをチェックしたら、デザインやカラーで選んでいきますがかわいければそれでよいということではありません。私も調べてみて初めて知ったのですが積み木って本当に奥が深いおもちゃなんですね。

例えばカラフルでかわいらしい積み木と、真っ白な気の材質がそのまま活かされた積み木、あなたならどちらを選ぶでしょう。私が今回積み木について色々調べたり、ママ達の意見を聞いてみた結果「シンプルイズベスト」がいいのではないかという結論になりました。出産祝いにあげる積み木はキャラクターものやカラフルなものよりも、ぜひ素材の質感が楽しめるようなシンプルな積み木を選んであげたいなと思います。

もちろん、カラフルな積み木も赤ちゃんの色彩感覚を刺激し、楽しく遊ぶことができます。ですが、色付けがあまりされていないシンプルな積み木もメリットはたくさん。材質を楽しめることはもちろん、色がついていないからこそ何にでも見立てて遊ぶことができるのです。赤ちゃんは成長していくと積み木で様々な遊びをします。積んだり崩したりするだけではなく、おままごとをしてみたり、電車に見立てて遊んでみたりなどなど。

その時に積み木に色がついていると「赤いからトマト」「黄色い電車」というような固定観念が邪魔をしてしまいます。遊びが発展していく中で、色のついていない積み木は何にでも変身できちゃうということですね。

私もムクノキ、ヒノキといった木の質感が楽しめるシンプルな積み木で遊んでいました。鼻を近づけるとかすかに木の香りを感じることができ、子供ながらに感動した記憶があります。自由な発想や想像力を育みながら、木のぬくもりを感じられるような積み木を選んであげると、ママも赤ちゃんの成長を感じられて嬉しいはずですよ。

「他の人と被りたくない」「普通の積み木をあげるのはちょっと」と考えているなら、音の出る積み木や名前を入れた積み木などはいかがでしょう。振ると音が出るガラガラのような遊び方もできる積み木は、外出先でも役立ちますよね。

積み木の名入れサービスもとても喜ばれるので要チェック。予算の範囲内でも名入れした積み木を買うことは可能ですし、プラス数百円から千円程度で積み木に名前を入れてくれるところもあります。

出産祝いだけでなく、誕生日プレゼントに名前入りの積み木をプレゼントする家庭も多いんだとか。名前が読めるようになると「これは自分のおもちゃだ」という特別感も感じることができますよね。

【ここがポイント!】シンプルな積み木は子供の自由な発想・想像力を後押ししてくれるアイテムになる。更に他の人とちょっと違いをつけたいなら音の出るタイプや名前入りの積み木を選ぶとGOOD。

まとめ

いかがでしょう。

①積み木を出産祝いとしてプレゼントすると喜ばれることが多い。一歳から本格的に積み木を使って遊び始め2歳、3歳になると遊び方が変わってくるため成長を感じられるおもちゃでもある。

②積み木を選ぶときにはまず「対象年齢」「素材・安全性」をチェックし、誤飲のないような大きめの積み木・舐めても安心な素材を意識して選ぼう。

③シンプルな積み木は子供の自由な発想・想像力を後押ししてくれるアイテムになる。更に他の人とちょっと違いをつけたいなら音の出るタイプや名前入りの積み木を選ぶとGOOD。

積み木って作りはとってもシンプルなのに、赤ちゃんにとってはすごく楽しいおもちゃであるということがよく分かりました。生まれてきた赤ちゃんにたくさん触れてもらえるおもちゃが自分が贈った出産祝いになると嬉しいですよね。だったら積み木は出産祝いにぴったりなおもちゃだと思います。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪