母乳を出すためにすごく気を使っていました。

現在35歳で専業主婦をしています。当時28歳だった私は一人目の長男を出産したばかりでした。

私の実の母は早くに亡くなっているため、遠方から夫の母が少しの間だけでも、と手伝いに来てくれていました。そして、毎日夫の母が私が母乳が出やすいようにと根菜のおかずや汁物をせっせと作ってくれていました。今でもとても感謝しています。

私はその頃、初めての出産の不安やストレスもあってか、なかなか母乳が出なくて授乳にも苦労していたので、食べ物にもかなり気を遣っていました。

普通におっぱいを吸ってもらえないので搾乳して哺乳瓶に入れて飲ませるのを三時間おきにしていました。なるべく母乳に悪いものは取らないように、授乳に良い事をしなくてはと一日中頭の中はそればかりで考えて過ごしていました。

悪気がないのはわかっているのですが・・・つらい。

その頃、夫が会社に行ったら職場の方々からいくつも出産祝いをいただき家に持って帰って来ました。オムツ代にと現金を下さった方や、赤ちゃん用にと質のいいバスタオルを下さった方もいて、私はそれらをとてもありがたく嬉しく思いました。

しかし、その中のお祝いで、有名なメーカーの洋菓子の詰め合わせがあったのです。私は洋菓子が大好きだし、普段ならとっても嬉しくてすぐにでも美味しく頂いたと思います。

でも、その頃はうちの長男はまだ新生児で私は母乳が上手く飲ませられないせいか彼の体重はなかなか増えないから、私は母乳を第一に考えて洋菓子を完全に断っていたのです。

せめて、貰ったのが和菓子なら油分も少ないしそこまで気にしないのですが、洋菓子は乳腺が詰まりやすいというし、その頃は自分にとって一番の悩みが母乳の事だったので食べたいけど食べられない美味しそうなお菓子はとても辛かったです。誘惑に負けて手が伸びてしまいそうになったりもしました。

その上、夫は甘いものは食べないので減らないし、捨てるなんて失礼なこともしたくなくて本当に困りました。

難しいかもしれませんがリサーチできればいいですよね。

頂いたものに文句言うのは嫌なので夫には何も言わず、他で出産祝いに来てくれた友人に分けて譲ることにしました。かなりたくさんあったので、お客様に出したりして全て消費しました。

今考えてみれば、お菓子だって出産祝いには良くある普通のセレクトなのでしょう。私がその頃あれこれと敏感になっていただけだったのだと思います。

けれどやっぱり食べ物を出産祝いにするのはリスクが高いかもなと思えました。アレルギーがある人もいるかもしれないですから。自分が他人に出産祝いをあげるときには食べ物は避けようと思いました。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪