出産祝いに絵本ってあり?喜ばれる?

出産祝いというとベビー用品やおもちゃが定番ですが「絵本」も素敵ですよね。絵本の読み聞かせで子供とのコミュニケーションをとっているというママも多いです。

・絵本を出産祝いとして贈るってどうなんだろう?定番なの?

・出産祝いで絵本をプレゼントしたらママは喜んでくれるかな。でも、どう絵本を選べばいいの?

絵本は毎年毎年多くの新作が出ていますし、昔から人気の名作絵本も捨てがたい。上手に選んで、ママと赤ちゃんにぜひ喜んでもらいましょう。

もくじ


1.絵本のメリット&予算
2.絵本選びのポイント
3.図書カードを贈る場合のポイント
4.まとめ

出産祝いの絵本はママからも好評!絵本のメリット&予算

まず、出産祝いとして絵本を贈ることはママ達からも好評です。ですが意外と出産祝いに絵本をチョイスする人は少なめ。だからこそ、インパクトも強くママ達に喜ばれているのかもしれません。

絵本を贈るならだいたい予算は数千円、五千円以内で考えればいいでしょう。絵本を一冊だけ贈るのではなく一冊千円程度のものを数冊まとめてプレゼントすると喜ばれます。

一人の絵本作家さんのシリーズをまとめ買いしてみるのもよいですし、昔から愛されている名作と新作を組み合わせてみてもおもしろいでしょう。場合によってはシリーズや作家さん事にセット売りされていることも。

絵本を贈るタイミングは産後一週間から一か月の間がベスト。今すぐに読めなくても、生後半年も経つと絵本を楽しめるようになりますよ。

【ここがポイント!】数千円、五千円程度の予算で何冊かまとめて絵本をプレゼントすると喜ばれる。

出産祝いの絵本はメリットがたくさん!

絵本を出産祝いとするメリットは3つ。「子供とのスキンシップがとれる良いアイテムになる」「子供の成長を感じられる」「子供が長く楽しめる」という点です。やはり絵本を読み聞かせるというのは、すごくいいコミュニケーションになるそうですね。絵本のシーンに合わせて一緒に声を出したり笑ったり、テレビを見ていては得られない経験となるのです。

それから絵本を読んで動物の名前を覚えるようになったとか、挨拶がしっかりできるようになってきたというような「成長」を感じられるのも絵本を読むメリット。絵をただ見ていただけだったのに次第に文字が読めるようになってくる子供の成長も、見ていて嬉しいですよね。

更に絵本は意外と何年も子供が楽しむことができる超優秀なおもちゃでもあります。出先で一人で静かに絵本を読んでくれて助かったというエピソードも多く、一歳二歳になっても大事に何度も繰り返し絵本を読んでくれているという話もよく聞きます。

ちょっと考えただけでも絵本をプレゼントするメリットは盛りだくさん。おもちゃとしても活躍してくれる、子供の成長を感じられる出産祝いって素敵ですよね。

絵本ってどう選ぶ?出産祝いで喜んでもらえるポイント

とはいえ、絵本って種類が多すぎて迷ってしまいますよね。絵本を選ぶときにはどんなことに気を付けるべきなのでしょうか。

まず「0歳でも楽しめるような絵本を贈りたい」と考えているならポイントこんなことを意識してみましょう。「くっきり、はっきりとした色・絵柄の絵本を選ぶこと」「ストーリーは単調でもよいが絵は大きく視覚・聴覚で楽しめる絵本を選ぶこと」です。

大人が絵本を読むとついついストーリーやかわいらしい世界観を優先して選びがちになってしまいます。ですが生後数か月の赤ちゃんは最初に色や形で絵本を楽しみ始めます。

ですから色合いのはっきりしたイラストの絵本を選んでみて下さい。それから物の音や動物の動きが楽しめるような絵本だと読み聞かせをしても楽しさが伝わりやすくなります。ストーリーがおもしろいかどうかよりも、視覚・聴覚で楽しめるかを考えてみるといいですね。

ちょっと細かい点ですが、ページが分厚く破れにくい本であることもママにとっては嬉しいポイント。0歳向けの絵本だと破れにくい分厚い髪でできている本も多いですし、中には赤ちゃんの手でもしっかり持てるようなコンパクトな絵本もあります。

一歳になって楽しめるような絵本は絵だけではなく言葉の使われ方にも注目してみるとGOOD。細かいストーリーよりも、同じ言葉を何度も繰り返すような絵本の方が楽しめます。

同じようなシーン・セリフが何度も繰り返されるような絵本を一緒に読むことで、子供は言葉を覚える楽しみ・声に出す楽しみを感じられるでしょう。ストーリーのおもしろさよりも「声に出して楽しい絵本」を意識して選びたいですね。

ちなみに、絵本のストーリーが楽しめるようになってくるのは2~3歳くらいだと考えましょう。大人が読んでもほっこりするような、一緒に読んでいてもじーんとくるような絵本はこれくらい大きくなってから読み始めます。

ですから世界的に名作と呼ばれるような絵本たちはちょっと大きくなってからプレゼントすると喜ばれますね。もちろん、2、3歳向けの絵本を出産祝いとしてプレゼントしてもよいですが、一緒に0歳児向けの絵本もプレゼントしてあげた方が喜ばれるでしょう。

【ここがポイント!】0歳の赤ちゃんに読んでもらう絵本をプレゼントするなら「くっきり、はっきりとした色・絵柄の絵本を選ぶこと」「ストーリーは単調でもよいが絵は大きく視覚・聴覚で楽しめる絵本を選ぶこと」を意識して。1歳では声に出して楽しめる絵本、2歳以降は徐々にストーリー性のある絵本を読めるようになってくる。

絵本もいいけど図書カードも喜ばれる!金額・相場は?

とはいえ、絵本って選ぶのが難しい、なかなか絵本を買いに行く時間もないという方も多いと思います。それなら図書カードを出産祝いとして贈ってみてはいかがでしょう。

図書カードならママに好きな絵本を買ってもらえますし、ママが読みたかった雑誌や小説をかってもらってもいいですよね。育児の合間にリフレッシュするための本って自分ではなかなか買いにくいです。でも出産祝いでもらった図書カードがあると「久々にあの雑誌買ってみようかな」「小説でも買おうかな」という気にもなります。

図書カードを贈るときはだいたい五千円くらいの金額で十分。商品券・ギフト券で五千円分だと買えるものも限られてきます。ですが、図書カードで五千円分だとけっこういろんな本が買えますよね。絵本をあげるのも素敵な出産祝いですが「ママの好きな本を買ってね」というメッセージが込められた図書カードも素敵だと思いますよ。

【ここがポイント!】絵本を選ぶのが難しいなら図書カードを出産祝いとして贈るとGOOD。絵本だけでなく、ママの好きな本を買ってリフレッシュしてもらおう。

まとめ

いかがでしょう。

①数千円、五千円程度の予算で何冊かまとめて絵本をプレゼントすると喜ばれる。

②0歳の赤ちゃんに読んでもらう絵本をプレゼントするなら「くっきり、はっきりとした色・絵柄の絵本を選ぶこと」「ストーリーは単調でもよいが絵は大きく視覚・聴覚で楽しめる絵本を選ぶこと」を意識して。1歳では声に出して楽しめる絵本、2歳以降は徐々にストーリー性のある絵本を読めるようになってくる。

③絵本を選ぶのが難しいなら図書カードを出産祝いとして贈るとGOOD。絵本だけでなく、ママの好きな本を買ってリフレッシュしてもらおう。

小さいころに絵本を読み聞かせてもらったこと、今でも覚えています。出産祝いとして絵本を贈ることは親子の思い出をプレゼントするということでもあります。タブレットやスマホで動画や絵本が読める今だからこそ、あえて絵本をプレゼントするって素敵なことですよね。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪