息子夫婦に赤ちゃん誕生!初孫の出産祝いっていくら?

息子のいるお母さんにとって息子がパパになることは特別なことですよね。「長男の子供」「初孫」の誕生は特に気合が入るようです。そんな中でも、こういった疑問・悩みを抱えている方も多いみたい・・・。

悩む夫婦

・息子夫婦への出産祝いってどうしたらいいの?現金を包むとしたらいくらにすればいい?

・初孫の出産祝いっていくらあげるもの?やっぱりちょっと奮発した方がいいの?

大切な息子がパパになる、親ならば盛大にお祝いしてあげたいですよね。今回は「息子さんへ何をしてあげるべきか」「息子夫婦への出産祝いの基本」をまとめてみました。

スポンサーリンク

もくじ


1.いくら包む?息子夫婦への出産祝い
2.向こうの実家と金額合わせる?里帰り出産の場合は?
3.プレゼントでもOK!出産祝いはリクエストを聞いて
4.うちの「出産祝いエピソード」
5.まとめ

初孫の出産祝い!息子夫婦にいくら包めばいいの?

自分の実の息子へ出産祝いを贈る場合、いくら包むのがマナー・常識なのでしょうか。平均的に考えるとだいたい「一万円以上三万円未満」と言った感じかと思います。ですが、上を見ればきりがありません。数十万円単位で現金を包むというご両親もいるのです。

そう、実は出産祝いって決まりきった相場はなくあくまで「気持ち」が大切なのです。しいていえば「無理のない範囲で用意する」というのが出産祝いのマナーだといえますね。それから出産祝いにはお返しである「内祝い」がつきもの。ですから、息子さん夫婦が内祝いに困らないような金額にしてあげることも気遣いです。

ちなみに最近では「身内には一万円程度」「友達には五千円程度」が出産祝いの相場となっているようですね。自分の息子たちへは通常の相場にプラスアルファ用意してあげれば十分なのではないでしょうか。

【ここがポイント!】息子夫婦への出産祝いに決まりきった相場・マナーはないが、平均的に考えるとだいたい一万円以上三万円未満であることが多い。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

出産祝いの疑問あれこれ!お嫁さん側の両親と金額は合わせる?里帰り出産の場合は?

続いて気になるのは「お嫁さんの実家はどれくらい出産祝いを包むのかしら」「お嫁さんのご両親と金額を合わせた方がいいのかしら」ということですよね。確かに、両家の出産祝いの金額があまりにかけ離れているのも良くないような気もします。

ですが、お嫁さん側のご家庭のことはあまり気にしなくてOK。もちろん、出産祝いの金額をわざわざ相談して決める必要もありません。出産祝いは旦那側が多くなくてはいけない・少ない方がいいなんていうマナーもないので、自分たちの判断で金額を決めて良いでしょう。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

里帰り出産なら出産祝いはなしでもOK。お嫁さんのお世話だけで充分

産後に退院したお嫁さん側が、旦那さんの実家にしばらくお世話になるという場合もあるでしょう。いわゆる「里帰り出産」というものです。

その場合には「出産祝いを用意しなくても良い」とされることが多いです。ごはんの用意、赤ちゃんのお世話などなど、面倒をみてあげることが何よりの「お祝い」になります。

家庭によってはお嫁さん側が現金などを包んでくるなんてこともあるみたいですね。「これからしばらくお世話になります」という意味で少し現金を包むということです。逆に何の用意もせずにやってくるお嫁さんもいるとか、いないとか・・・。

里帰り出産が絡む場合には「出産祝いはどうするか」「里帰り出産中の食事代やおむつ代はどちらが負担するか」というのは息子さんとよく話し合っておく必要がありそうですね。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

息子夫婦への出産祝いはベビー用品でもOK!リクエストを聞いてみよう

出産祝いというと「現金を包む」という人が多いです。自分の息子夫婦へ出産祝いを贈る場合にも現金を包んであげれば問題ないかと思います。

もちろん、現金を包むのではなく品物・プレゼントでもまったく問題なし。むしろベビー用品は大変重宝されるでしょう。最近はベビー用品も種類が豊富で実用的&かわいいギフトもたくさんあります。息子さんへも「出産祝いとして品物をプレゼントする」ということは良いことだと思います。二人目、三人目と使えるようなベビー用品を出産祝いとしてプレゼントしても喜ばれますよ。

ご両親が出産祝いとして何かプレゼントする場合には「リクエストを聞く」のが一番だと思います。自分の親だからこそ、素直に欲しいものが言えるというものありますからね。ベビーカーやバウンザー、離乳食用の食器などなど、赤ちゃんにとって欠かせないものは身内からプレゼントされるケースが多いです。

もしも息子さんやお嫁さんに「リクエストなんて申し訳ないです」「特に今欲しいものはない」と言われた場合には現金や商品券を包んであげるだけで良いと思います。何かプレゼントしてほかのものと被ってしまうと困りますからね。それに「おむつ」「タオル」「ベビー服」といった三大定番出産祝いは友達からもらうことがほとんど。ご両親は唯一素直にお願いできる相手ですから、リクエストをぜひ聞いてあげましょう。

【ここがポイント!】ご両親が出産祝いとして何かプレゼントする場合には「リクエストを聞く」のが一番。今必要なものはなにか、息子夫婦へぜひ聞いてみて。リクエストが特にない場合には現金を包んであげると良い。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

出産の準備・ベビー用品・・・息子の実家が用意するべき?

息子さんへの出産祝いだけでなくベビー用品の準備など「これって私たち両親が用意してあげるべきなのかしら」と迷うものもあるかと思います。「普通はあなたのご両親が用意してくれるでしょ」とお嫁さんが息子さんに愚痴るのも嫌ですからね・・・。

ですが、最近の風潮としては「赤ちゃんのものはパパとママが用意するのが基本」という考え方が広がっています。ですからあれこれと先に準備せず、息子さんには「出産祝いは何がいい?」と聞くだけで十分なのです。

地域によっては「こういうものはどちらの両親が用意するべき」といった風習が残っているようですが、最終的には息子さんたちが判断すること。あまり口出しせずに「リクエストを待つ」という姿勢が大切になってきているようですね。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

私の出産祝いエピソード!我が家はベビードレスを連名で贈りました

ここでちょっと私の家庭の「出産祝い」について書いておきますね。一例として、参考になれば嬉しいです。

うちの家族構成はこんな感じ

私(女・アラサー・主婦)
旦那(三十代・長男)
義母(旦那の母・もうすぐ還暦)
義理の弟(旦那の弟・次男)

義理の弟に初めての子供が生まれた時、義母にとっては「初孫」であり「息子にとっても初めての赤ちゃん」でした。出産祝いについては私と旦那と義母で話し合った結果こんな感じになりました。

・現金はなし。
・出産祝いとしては母と旦那と私の連名でお宮参り用のベビードレスを買ってあげる。

以上です。けっこう簡単に出産祝いを済ませてしまったようにみえるかもしれません。ですが、このベビードレスは義理の弟夫婦からのリクエストだったんです。なので義理の弟夫婦にはとても喜んでもらえました。

その後は義母が弟夫婦の手伝いに行くことが多かったので「お世話してあげているんだから出産祝いに現金を包まなくても充分だったかな」と個人的には感じています。義母としても「出産祝いどうしよう」と悩んでいたようですが、私たちと相談してスッキリしたようでした。やっぱりママ・パパのリクエストを聞くことと、今の自分たちでできる精一杯のお祝いをしてあげることが一番ですよね。

→【贈り物を選ぶ前にチェック!】
相手にほんとに喜ばれる出産祝い・内祝い特集

まとめ

いかがでしょう。

①息子夫婦への出産祝いに決まりきった相場・マナーはないが、平均的に考えるとだいたい一万円以上三万円未満であることが多い。

②お嫁さん側のご家庭のことはあまり気にしなくてOK。もちろん、出産祝いの金額をわざわざ相談して決める必要もなし。

③ご両親が出産祝いとして何かプレゼントする場合には「リクエストを聞く」のが一番。今必要なものはなにか、息子夫婦へぜひ聞いてみて。リクエストが特にない場合には現金を包んであげると良い。

お母さんと息子さんと赤ちゃんのことを改めて考えてみると「何事も確認する・コミュニケーションをとる」って大切なんだなと思います。出産祝いでも何かのお祝いでも「これって用意した?」「これをプレゼントしたいんだけどどうかな」と息子さんに聞いておけば失敗も少なくなります。嬉しくてあれもこれもやってあげたくなりますが、今の若い人たちは何事も自分で用意していることが多いです。コミュニケーションをとりながら、できる範囲でお祝いしてあげましょうね。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪