出産祝いにもらって嬉しかったもの・欲しかったもの・重宝したもの・教えて

以前は友達や同僚への出産祝いって本当に悩んでいました。というのも私自身、出産経験がないため何が喜ばれるのか、もらって嬉しいものって何なのか検討がつかなかったのです。

・出産祝いでもらって嬉しかったものって何?誰かアドバイスしてくれないかな。

・もらって嬉しかったもの・ママが欲しいものって何だろう。出産祝いを選ぶコツって?

このサイトではママからの「もらって嬉しかったもの」「重宝した出産祝い」に関するエピソードを多数掲載しております。そんな「もらって嬉しい出産祝い」には共通するポイントがあったのです。

もくじ


1.出産祝いにもらって嬉しかったものベスト3!服・オムツ・タオル
2.ママに喜んでもらうためのポイント
3.もらって困る出産祝いって何?
4.二人目・三人目の出産祝いでもらって嬉しいもの
5.まとめ

出産祝いにもらって嬉しかったものベスト3!服・オムツ・タオル

「出産祝いにもらって嬉しかったものは何ですか?」と聞くとだいたい3つのどれかだというママが多いです。ずばりそれは「ベビー服」「オムツ」「タオル・おくるみ」です。

出産祝いとしてはド定番ともいえる3つですが、やはりママにとってはありがたい贈り物なんですね。「現金以外で出産祝いを何か贈りたい」「でも何が喜ばれるのかさっぱりわからない」という場合には「ベビー服」「オムツ」「タオル・おくるみ」のどれかをプレゼントしておけば間違いないでしょう。

まず「ベビー服」が「出産祝いにもらって嬉しかった」というママの声ですが「いざという時のお出かけ着として重宝した」「ちょっと大きめのベビー服だったけどすぐに着られるようになって助かった」「最初は微妙かなと思ったけど素材がフワフワで気に入った」というものが多数。ベビー服って「使うかな」「ちょっと大きいかな」と思っても、後々「あって良かった」と思われることが多いんですね。

次にオムツですが、赤ちゃんにとっては必要不可欠な消耗品です。誰からもらっても困りませんし、男女問わず使えるので出産祝いの定番中の定番といえます。

中でも「かわいいオモチャも入ったおむつケーキがかわいくて、もらって嬉しかった」「オムツポーチや保湿クリームなどとセットになったおむつケーキをもらって嬉しかった」というエピソードも多く聞きます。オムツだけではなく赤ちゃんのおもちゃやその他のベビー用品とセットになっているおむつケーキは喜ばれるということですね。

最後に「タオル・おくるみ」ですが、これもオムツと同様に赤ちゃんにとっては必要不可欠なアイテム。特に「大きめのバスタオルはおくるみとしても使えて便利だった」「自分では買わないような良い素材のタオルやおくるみはもらって嬉しかった」というママの感想は多いです。

赤ちゃんの肌は敏感ですし、素材の良し悪しがすぐにわかるんですね。ちょっと高級感のあるタオルも良いですし、おくるみやタオルケットとしても兼用できるようなタオルは喜ばれるでしょう。

【ここがポイント!】出産祝いでもらって嬉しかったもの&定番は「ベビー服」「オムツ」「タオル・おくるみ」

ママが本当に欲しい出産祝いとは?ポイントは「サイズ感」「シンプル」

ですが「ベビー服って好みが分かれるから、ママに喜んでもらえるか心配」「どんな服やタオルを選べばいいか分からない」という方も多いかと思います。特に、ベビー服ってけっこう難しいですよね。

実はママが「もらって嬉しかった」と感じる出産祝いには共通点があります。それは「ちょっと大きめのサイズ感」「シンプルなデザインでどんな場面でも使いやすいこと」なのです。ベビー服だけではなくベビー用品の様々な小物に共通していえるポイントだと思います。

例えば、ママが喜ぶベビー服は「サイズが80センチ以上の一歳頃に着られるようなベビー服であること」「デザインがシンプルでどこにでも着ていけそうなもの」という2つがポイント。新生児用のベビー服や80センチ以下のベビー服ってサイズアウトしてしまうことが多く、一度も着れないまま「タンスの肥やし」となることが多いのです。

ですが、80センチ以上のベビー服なら一歳頃になれば着れるようになりますし、一歳頃は成長が比較的落ち着いてくるころです。しかも、赤ちゃんが生まれてから一年はドタバタと時間が過ぎていくのでゆっくりと買い物にも行けないママが大多数。ですからママ達に「いざというときに使える」「出産祝いでもらっておいてよかった」と思ってもらえるのです。

それに80センチ以上のベビー服だとつなぎのものより上下が分かれている洋服が多くなります。組み合わせを選ぶ楽しさもありますし、女の子の洋服だと大人の洋服以上にかわいいものが増えてくるのでママの喜びも倍増ですね。

もちろん、デザインも超重要です。色々と装飾やフリルのついたベビー服は好みがかなり分かれてしまうので要注意。中には「フリルや装飾が多すぎて赤ちゃんが動きにくそう」と感じるママもいるみたいです。やはりシンプルイズベスト。どんな赤ちゃんでも着やすいシンプルな色合い、デザインを心がけましょう。

他にも、タオルやオムツでもサイズ感は重視した方が良いですね。とにかく「大は小を兼ねる」が合言葉。もらって嬉しかったというオムツは「オムツがちょっと大きめで、うちの子にはちょうどよかった」「オムツが大きめだったけど、すぐにちょうどよくなった」というもの。なので「Mサイズ以上」をおすすめします。

また「大きめなタオルは何にでも使えて便利」という声も多いですから、タオルをあげるなら中途半端なサイズにしない方が喜ばれるでしょう。おくるみも大きめでシンプルなデザインが良いかと思います。フードが意外と邪魔だった、使い方が良く分からないおくるみをもらったというケースもあります。

【ここがポイント!】喜ばれる出産祝いを贈るならサイズ感は超重要。ベビー服なら80センチ以上、オムツはM以上、タオルはバスタオル以上の大きめのもの。デザインもシンプルなものがベスト。

出産祝いで失敗しないためにも要チェック!もらって困ったものは?

「もらって嬉しかった出産祝い」「まさに欲しかったと思っていた出産祝い」と反対に「ちょっと残念だった出産祝い」も多いものです。ちょっとポイントがずれてしまうと、使ってもらえない悲しい出産祝いとなってしまうので注意しましょう。

「もらって困った出産祝い」の多くは、ベビーカー・バウンザー・ベビーベッドといった「かぶって困るもの」「置き場所に困るもの」です。産後すぐに使うベビー用品は両親や身内からすでにもらっていたり、産前に自分で揃えていることも多いですよね。ですから、後から同じようなベビー用品をもらっても使いにくく、置き場所にも困ってしまうでしょう。

もしサイズの大きいベビー用品を出産祝いとして贈りたいなら「これってもう持ってる?」「これを贈りたいんだけどどうかな」とママに聞くのが一番だと思います。リクエストは聞きにくい、サプライズで用意したいと思う方も多いようですが、ママとしては確認してもらった方が助かるようですよ。

それから「高額すぎる出産祝い」もママを困らせてしまうことが多い
のです。「ちょっと高価なベビー用品の方が喜ばれるだろう、もらって嬉しいだろう」という考えは要注意。

というのも、相場よりも高い出産祝いはお返しに悩んでしまうのです。出産祝いをいただくと「内祝い」という形でお返しを贈るのが一般的とされており、出産祝いの半額程度の商品を贈るのがマナー。ですから高い出産祝いをいただけば、内祝いに用意するべき商品も高くなってしまうということ。

出産祝いはだいたい五千円~一万円の範囲内で揃えるのが相場となっています。相場よりも高くなってしまうと喜ばれるよりも「恐縮させてしまう」「内祝いを悩ませてしまう」ということになるので気を付けましょう。

【ここがポイント!】被って困る大きめのベビー用品は要注意。相場よりも高い、高額すぎる出産祝いもママを困らせてしまう原因に。

二人目・三人目の出産祝いでもらって嬉しかったものとは

初めての出産、一人目の赤ちゃんの出産祝いは、比較的選びやすく「何をもらっても嬉しいよ」というママも多いです。ですが、二人目・三人目の出産祝いとなるとどんどん選びにくくなりますよね。

二人目・三人目の出産祝いでも基本的には先ほど書いたように「サイズ感」「デザイン」に気を付けて選べばよいと思います。更にお兄ちゃん・お姉ちゃんへの気遣いもプラスすると更に喜んでもらえるでしょう。

よくあるのは「兄弟・姉妹でお揃いのものを贈る」というものです。兄弟や姉妹でお揃いのファッション小物をプレゼントするとママもテンションが上がります。早く着せたいなぁと想像も膨らみますよね。個人的にはベビーバッグにそれぞれの名前を入れてプレゼントするのも素敵だなと思います。

それから「二人目・三人目で新調するベビー用品」も「もらって嬉しかった」「重宝した」と思ってもらえます。例えば赤ちゃん用の食器や離乳食セットは二人目・三人目で新たに必要になることが多いです。ですから、赤ちゃん用の食器は二人目以降の出産祝いでも喜ばれますね。

お古もたくさんあって出産祝いなんていらないかなと、色々悩んでしまいがち。ですが、二人目でも三人目でも出産祝いはもらって嬉しいものです。最近は一人目でも二人目以降でも出産祝いの金額に差をつけないのが主流となっていますから、同じようにプレゼントしてあげると良いでしょう。

【ここがポイント!】二人目以降の出産祝いも基本は同じ。更にお兄ちゃん・お姉ちゃんへのプチギフトなどをそえると嬉しさ倍増。

まとめ

いかがでしょう。

①出産祝いでもらって嬉しかったもの&定番は「ベビー服」「オムツ」「タオル・おくるみ」

②喜ばれる出産祝いを贈るならサイズ感は超重要。ベビー服なら80センチ以上、オムツはM以上、タオルはバスタオル以上の大きめのもの。デザインもシンプルなものがベスト。

③被って困る大きめのベビー用品は要注意。相場よりも高い、高額すぎる出産祝いもママを困らせてしまう原因に。

せっかく用意するお祝いなら「もらってよかった」「ちょうどこれが欲しかった」というものをプレゼントしたいですよね。「もらって嬉しかったものは?」といろんなママに聞くことも難しいですから、ぜひ当サイトの情報を活用してくださいね。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪