センス悪い!趣味が全く合わないベビー服に困惑

私は34歳の主婦です。初めての子どもである長女が生まれてまだ1ヶ月の頃、主人の職場の方たちがくださったのがベビー服のセットでした。

主人の職場の方たちはまだ全員独身で、それでも一生懸命考えてみなさんで出産祝いを贈ってくださったのだろうと思うのですが、そのベビー服がことごとく私たち夫婦の趣味に合わないものでした。

それは、迷彩柄や原色ギラギラの派手すぎるベビー服だったのです。もちろん職場の方々にお礼はお伝えし、それぞれに内祝いはお返ししました。

しかしどうしても我が子にその服を着せる気にならず、一年間押し入れにしまったままにしておいたあげく近所のリサイクルショップに売ってしまいました。

服は出産祝いとしては難しいチョイスだと思います。私は今でも売ってしまったことを申し訳なく思っていますし、そういう思いをさせてしまう可能性があるからです。せめて主人に趣味を聞いて欲しかったなと思います。

たったこれだけ!?思い出はたくさんあるんだから!

長女が生まれたときには私の職場の同僚の方々が産院に出産祝いに来てくださいました。その時にいただいたのがかわいいピンクのアルバムでした。

「赤ちゃんの写真を入れて使ってくださいね」といっていただいたのですが、そのアルバムには写真が10枚程度しか入らなかったのです。

初めての子どもということで舞い上がっていたのもあり、大量の写真を撮っていた私たち夫婦にとって、10枚程度しか納めることのできないアルバムは大変使いづらく、これも一年後に売ってしまいました。

なんで今更!?迷惑の塊「お昼寝セット」

さらにその後、長女が生まれて半年ほどしてから主人の両親が突然、贈り物として私たちの自宅に持ってきたのがお昼寝布団のセットでした。

その頃はもうすでに保育園に通っていた長女用に私たち夫婦が用意したお昼寝布団セットがあって、実際保育園で毎日使用していたのでこのお昼寝布団セットはまったく使用することはなかったです。ずっと押し入れで場所をとっているだけの存在でした。

洗い替えにとっておこうと思いましたが、結局一度も使用することはありませんでした。人に譲ろうかと考えましたが、譲れるような人もおらず、主人は「せっかく両親にもらったのだから」と言い、捨てることも許されず。売ることも許さずでとても邪魔なので困りました。

出産祝いは自分の都合だけを考えて渡してしまうと、私のように迷惑だなと感じたり、プレゼントをどうすることもできない罪悪感を与えてしまったりするのでしっかり相手の気持ちになって考えていただきたいなと思います。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪