出産祝いの内祝い、本当にしなくていいの?

出産祝いをいただいて「お返しは気にしないで」「ママの好きなように使ってもらえればいいから」と言ってくれる方もいますよね。ですが、どこまで真に受けていいのでしょうか。

・「出産内祝いは気にしないで」って言われたら本当に無しでもいいの?やっぱり内祝いはあするべき?

・友達同士なら出産祝いのお返しはしなくていい?

・品物をプレゼントされた場合は内祝いはしなくていいって本当?

出産祝いのお返しの考え方は人それぞれ、とはいえ「しなくていい場合」「なしでも大丈夫な場合」というのはどういうケースなのでしょう。

もくじ


1.出産祝いのお返し・内祝いは「する」のが基本
2.出産内祝いが「なし」でもOKな場合とは
3.内祝いを贈るタイミング&ポイント
4.まとめ

出産祝いのお返し・内祝いは「する」のが基本

単刀直入に言うと、出産祝いをいただいたなら「お返しはしなくていい」「内祝いはなしで大丈夫」ということは少ないです。現金をいただいたから内祝いが必要で、品物ならお返しはしなくていいというものでもありません。

「出産祝いとお返し・内祝いはセットだ」と考えた方がいいでしょう。「お返しなんて気にしないで」と言われても多少なり何かお返しはした方が良いですし、何も言われていないなら出産祝いの半額程度の内祝いは用意するべきだと思います。

「内祝い」という言葉を知らない、お祝いはいただいたらお礼を言うだけで良いと考えている人も増えていますよね。そもそも「内祝い」って一体何なのでしょう。

本来の「内祝い」というものは自分の出産といったお祝い事を機に「改めてよろしくお願いします」という意味合いを込めて周りに配る贈り物でした。出産をしたのであれば「家族が増え、これからは家族ともどもよろしくお願いいたします」という意味合いを込めて、身内やご近所にちょっとしたプレゼントを配っていたのです。

現代では出産祝いや新築祝いを頂いた際の「お返し」という意味合いで「内祝い」を贈るようになりましたね。「お返し」と露骨に書くのはちょっと・・・ということから「内祝い」という言葉が使われるようになったのでしょう。

ですから、お祝い事に「内祝い」はつきもので「しなくていい」「なしでいい」という考え方は非常識とされてきたのです。人によっては「いつ誰にどんな贈り物をした」「いつ誰にお祝いをいただいた」とメモに残していることも。ですから、お祝い事にはお返しがつきものだと考えておいて間違いないと思います。

【ここがポイント!】出産祝いをいただいたなら「お返しはしなくていい」「内祝いはなしで大丈夫」ということは少ない。「出産祝いとお返し・内祝いはセットだ」と考えた方が良い。

出産内祝いが「なし」でもOKな場合とは

とはいえ、時代と共に常識も変わっていきます。今では「出産祝いをいただいてもお返しはしなくていい」「内祝いはなしでいい」というケースも増えてきているのです。

内祝いはしなくてもいいケースとは、具体的にはこんな感じ。

・出産祝いを贈ってくれた友達も妊娠中で「お互い様だから内祝いはなしで」と決めている。

・連名での出産祝いで一人当たりの負担が少ないため「内祝いはしなくていい」と言われた。

こういった場合には「内祝いはなし」でも非常識だとは思われなくなっています。人によっては「同年代の友達同士で『出産祝いのお返し・内祝いはしない』と約束している」なんてこともあるそうです。

確かにお祝い事において「お互い様」という言葉がよく使われるようになったなぁと私も実感しています。同年代で結婚時期も同じだと「お互いお祝いをあげることになるんだから、内祝いはしなくていいよね」となりますよね。お祝い事がお互いに重なるようであれば、お祝いを贈りあうだけで十分だということでしょう。

また、会社の同僚たち・ママ友同士から連名で出産祝いをいただいた場合、一人の負担が数百円~千円程度となることも多いです。内祝いは本来「出産祝いの半額程度」となりますからこの場合には内祝いは大変贈りにくくなります。ですから大人数での連名となっている場合にはお礼だけにとどめて、内祝いはしなくていいとなるのです。

【ここがポイント!】内祝いをしなくていいのは「お互い様だからお返しはしない」と決めている場合や、連名での出産祝いで内祝いを贈るのが難しい場合。

反対に、内祝いを絶対にした方が良いのは「独身の友達・親戚が出産祝いを贈ってくれた場合」「既婚でも子供がいない・妊娠をしていない場合」「年上・目上の方からいただいた場合」となります。

内祝いをしなくていいのは「お互い様」といえる限られた人たちだけ。子供もおらず、こちらが出産祝いを贈る予定も当分ないのであれば内祝いは贈った方が良いです。

親戚から出産祝いをいただいて内祝いをしなくていいのか迷った場合には、近しい身内・親に相談するのも良いでしょう。「あの親戚からもらったのなら内祝いはするべきだ」「以前あちらにもお祝いを贈ったから、今回は内祝いはしなくていい」といった答えが返ってくることもあります。身内同士のお祝い事のやりとりは、自分の親に相談するとスムーズですよ。

内祝いはいつまでに贈ればセーフ?高額な内祝いはかえって失礼!?

出産祝いのお返しである「内祝い」はただ贈ればいいというものではありません。タイミングや中身によっては「失礼だ」「イラっとした」と感じさせてしまうのです。

通常、内祝いを贈るなら「生後一か月ごろ」がベストタイミングだといわれています。ちょうどお宮参りが終わったころに、出産祝いを贈ってくれた皆さんにまとめて内祝いを用意するのです。

どんなに遅くても生後2~3か月までには内祝いを贈りましょう。生後半年も経つと「忘れていたのかと思った」と言われてしまいますよ。

それから、いただいた出産祝いよりも高価な内祝いを贈らないようにしましょう。内祝いは出産祝いの半額以下で用意するのが常識。高価な内祝いは「こんなに高額なものをもらっても困る」「ちょっとしたプレゼントしか贈っていないのに、こんな内祝いもらって恐縮だ」と感じさせてしまいます。内祝いはタイミングと予算が重要なんですね。

そして、せっかく内祝いをするならメッセージカードと「のし」もつけましょう。メッセージカードには「心のこもったお祝いをありがとうございました」「おかげさまで子供も元気に育っています」といった言葉を添えます。のしの表書きは「内祝い」とすればよいですね。

【ここがポイント!】出産内祝いを贈るなら生後一か月ごろがベストタイミングで、メッセージカード&のしも忘れずに。

まとめ

いかがでしょう。

①出産祝いをいただいたなら「お返しはしなくていい」「内祝いはなしで大丈夫」ということは少ない。「出産祝いとお返し・内祝いはセットだ」と考えた方が良い。

②内祝いをしなくていいのは「お互い様だからお返しはしない」と決めている場合や、連名での出産祝いで内祝いを贈るのが難しい場合。

③出産内祝いを贈るなら生後一か月ごろがベストタイミングで、メッセージカード&のしも忘れずに。

内祝いって「しなくていい」「なしでも良い」というケースは少ないんですね。お祝いとお返しはいつもセット。内祝いを贈られて嫌な気持ちになる人はあまりいませんから、無理のない範囲で用意して感謝の気持ちを伝えてみましょう。

↓出産祝い特集をチェックしていってくださいね♪よかったらお友達にシェアもお願いします♪